2007-05-20 10:34:31

おかえりユーベ!!

テーマ:ユベントス

ユーベがセリエA復帰決定/セリエB

5月20日9時47分配信 日刊スポーツ


<セリエB:ユベントス5-1アレッツォ>◇19日◇第39節◇アレッツォ
 セリエBユベントスが、来季のセリエA復帰を決めた。19日のアレッツォ戦はFWデルピエロの2得点などで5-1で勝ち、自動昇格条件の2位以内が確定した。今季開幕前、試合の担当審判の指名に圧力をかけるなど、過去のさまざまな不正が発覚。昨季の優勝を取り消された上、Bに降格、さらに勝ち点マイナス9という厳罰を受けていた。だが、デルピエロらチームに愛着を持つ主力が残留し、1年で復帰を果たした。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-11-15 08:33:57

FWデルピエロ、左脚負傷で3週間欠場へ

テーマ:ユベントス
[ローマ 13日 ロイター] サッカーのイタリア・セリエBに降格しているユベントス所属のイタリア人FWアレッサンドロ・デルピエロ(32)が、左脚太腿の負傷のため、最長で3週間欠場する見通しなのが分かった。ユベントスが13日に発表した。
 デルピエロは、11日のペスカラ戦で開始直後に退場した。
 また、15日に行われる親善試合トルコ戦のイタリア代表メンバーには選ばれていなかった。
 セリエA返り咲きを目指すユベントスは現在、首位に勝ち点2差のセリエB3位につけている。

[ 11月14日 12時55分 更新 ]
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-31 10:17:09

ユーベの処分軽減、セリエA復帰十分

テーマ:ユベントス

イタリアサッカー界を揺るがした一連の不正事件で27日、ユベントス(セリエB)など3クラブの処分が軽減された。

同国オリンピック委員会仲裁機関の上級部門が、処分軽減を求めたクラブに対する裁定を発表。

ユベントスは今季勝ち点のマイナス分が17から9と大幅軽減され、来季のセリエA復帰が現実味を帯びてきた。

このほか、セリエAのフィオレンティーナが19から15、ラツィオが11から3とマイナス分が軽減されたが、ACミランは8と変わらなかった。


 処分軽減を求めた主張が認められた。

イタリアオリンピック委員会仲裁機関の上級部門による裁定が、27日午後10時すぎに発表され、ユベントスは大幅に処分を軽減された。

今季勝ち点のマイナス分が「17」から「9」と8ポイントも減り、8試合を終えての勝ち点は2から10、順位も20位から一気に12位へと浮上した。

クラブ関係者は「我々の犠牲を払おうという精神と努力が多少なりとも認められた」と裁定を評価。

ラツィオ州裁判所に提訴することもできるが、ユベントスは今回の裁定を受け入れる意向を示した。
 来季のセリエA復帰へ、大きな裁定だ。

7月の規律委員会の決定は、昨季までの2季連続優勝のはく奪に加え、勝ち点30減からのセリエBスタートという絶望的なものだった。

それが約3カ月の裁判を経て、勝ち点のマイナスが21も軽減された。

今季は開幕から6勝1分け(27日現在)と、セリエBで段違いの強さを見せている。

消化試合数が1試合多い首位ジェノアとは、これで勝ち点8差。残りが35試合あることを考えれば、順当ならセリエBで優勝してのセリエA復帰(上位2チームが自動昇格)十分だ。(波平千種通信員)

[ 10月29日 9時47分 更新 ]

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-12 07:19:40

ユーベの再審理が終了 勝ち点マイナス軽減か

テーマ:ユベントス

【ローマ11日共同】不正問題でイタリア・サッカー協会から2部リーグ(セリエB)降格処分を受け、今季を勝ち点マイナス17からスタートしたユベントスが求めていた再審理が11日、同国オリンピック委員会仲裁機関の上級部門で行われた。
 ANSA通信によると最終決定は今月末以降になる見通しで、同クラブのコボリジリ会長は「(勝ち点マイナス)処分の大幅な軽減を期待している」と話した。
 地元での報道では、勝ち点のマイナスが12程度まで軽減される見込み。
(了)

[ 共同通信社 2006年10月11日 20:48 ]


そりゃあ開幕負けなしなのに最下位続くなんて、
かわいそすぎですよ。

ユベントス/2004-2005シーズン スクデット獲得の軌跡 Vol.2
¥3,990
アサヒレコード
ユベントス/2004-2005シーズン スクデット獲得の軌跡 Vol.1
¥3,990
アサヒレコード
ユベントス/2004-2005シーズン スクデット獲得の軌跡 Vol.3
¥3,990
アサヒレコード
ユベントス・ジャガードスカーフ
¥2,800
白洋貿易
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-21 11:13:45

ユベントスのデルピエロがメンバー外に

テーマ:ユベントス

クロトーネとのアウエーゲームに向け、ユベントスはアレッサンドロ・デルピエロ抜きで準備を進めている。

 アキレス腱の炎症のため、キャプテンのデルピエロは19日の夜に予定されているセリエB第3節の遠征メンバーには加わらないことになった。

エツィオ・シーダ・スタジアムを訪れるファンにとっては、最大の見所の1つが消えてしまった。

Photo


(C)SPORT

サッカー

[ 9月19日 11時26分 更新 ]

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-18 01:08:57

ユベントス、大苦戦の末勝利をもぎ取る

テーマ:ユベントス
 セリエB第2節の試合で、ユベントスはビチェンツァに2-1の勝利を収めた。大きな意味のある勝利だが、決して楽な試合ではなかった。この日の試合で、ユベントスはおそらくリミニ戦以上にセリエBの厳しさを思い知らされたことだろう。

 元トリノのカモレーゼ監督率いるビチェンツァとの試合は、戦前の予想ではユベントスにとって楽なカードと見られていた。実際、開始直後こそやや苦しんだものの、すぐにユベントスが試合の主導権を握り始めた。それでもなかなかゴールは生まれず、ようやく均衡が破れたのは前半45分。キエッリーニが左サイドから上げた低いクロスにトレゼゲが得意の形で合わせ、ゴールのすぐ前からボールを押し込んだ。

 後半に入り、53分にはデルピエロがFKを直接決めて2点目。これで試合は決まったかに見えたが、奮起したビチェンツァは59分に1点を返す。ライモンディのゴール右側からのシュートがGKブッフォンを破った。これで混乱に陥ったユベントスはディフェンス面がまだ未完成であることを露呈してしまい、ビチェンツァは少なくとも3度の同点のチャンスを作り出した。

 最大のチャンスは60分。カバッリがブッフォンの目の前でフリーになりながらも決められなかった。試合は熱気を増し、カモレーゼはエリア内でのプレーを得意とするシュボクを投入。しかし結局同点ゴールは生まれず、2-1のままタイムアップを迎えた。ユベントスは勝ち点を積み重ねているが、まだまだ見直すべき点は多い。

(C)SPORT

サッカー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-12 06:37:13

ユベントス大丈夫!?2部リーグ開幕戦でまさかのドロー

テーマ:ユベントス

2006年9月11日(月) 8時2分 サンケイスポーツ


 【ローマ10日】不正疑惑でセリエAから降格したイタリアの名門クラブ・ユベントスが9日、クラブ史上初めてセリエBの開幕戦・リミニ戦(アウエー)を迎えた。

しかし、結果は痛恨の1-1ドローとなった。

 代表選手が1人もいない相手に対しイタリア代表GKブッフォン、デルピエロらドイツW杯優勝メンバーに加え、

クロアチア代表MFのR・コバチ、チェコ代表MFネドベドらが登場。2部リーグとは思えぬ陣容に、5000人しか入れない小さな敵地ロメオ・ネーリは大歓声に包まれた。

 しかし、数的優位に立ちながら後半29分に同点弾を喫して万事休す。

ブッフォンは「僕らの姿勢が間違っていた。集中力が十分じゃなかった」と慢心を敗因にあげた。

 勝ち点マイナス17からスタートする処分が科されながら、1年でのセリエA復帰への自信から上訴を取り下げたユベントスだが、スターたちの皮算用も狂う勝ち点1どまり。

あまりに痛い開幕となった。


[ 9月11日 8時2分 更新 ]

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-13 08:04:12

ユベントスのデシャン監督「もう誰も出て行かない」

テーマ:ユベントス

ユベントスのディディエ・デシャン監督の記者会見は、スウェーデン代表FWイブラヒモビッチのインテル移籍に関する質問で幕を開けた。


「イブラヒモビッチ以降、選手が大幅に出て行くことはない。彼も残ってほしいと思っていたし、チームにとって大事な存在だということを彼に理解してもらうため、私もクラブもできる限りの手を尽くした。

だが、彼と代理人の考えは違っていた。いずれにしても、これは一つのケースに過ぎない。彼が出て行ったからといって、ほかの選手たちも出て行くということではない。むしろ逆だ」

 続いてチーム内のそのほかの大物選手たちに話が移った。


「ブッフォンはもう心を決めた。終わった話だ。もし巨額のオファーが来たとしても残留するだろう。

トレゼゲの状況に関しては、権利関係を担当している彼の父親と話をした。

彼のユベントス残留に向けて、最善の解決策を探っているところだ。カモラネージはわれわれの計画において重要な選手だ。

彼のことは頼りにしている」

 デルピエロに関してはどうか。


「アレックスはすぐに残留を決めた。これは非常に大事なことだ。彼とは一緒にプレーしたこともあって、とてもよく知っているし、

チームやファンにとってどれほど重要な存在かということも分かっている。誰もが模範とするべき選手だ」

 11日の夜に行われるモラッティ杯ではインテル、ナポリと対戦する。


「質の高い2チームとのテストマッチだ。しかし、現時点での各選手のトレーニングの進み具合を確認する以上の意味はない。

インテルとの試合は復讐(ふくしゅう)ではなく、単なる1試合だ。いずれにしても、スクデット(リーグタイトル)はグラウンドの中で勝ち取るものだ」




(C)SPORT

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-11 06:51:09

イブラヒモヴィッチが37億でインテル移籍 止まらないユーヴェからの選手流出

テーマ:ユベントス

2006年8月10日(木) 17時14分 ISM


イタリア・セリエAの不正問題により2部降格を申し渡されているユヴェントスは現地時間10日、

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(24)を同じイタリアのインテルに放出したと発表した。

移籍金は2480万ユーロ(約36億6000万円)。

 セリエB降格を命じられていることで、イタリア代表DFカンナヴァーロ、同DFザンブロッタ、ブラジル代表MFエメルソンなど、

次々と主力がチームをあとにしているユヴェントス。

先日行なわれた遠征に帯同せず、移籍が噂されていたイブラヒモヴィッチも新天地に移ることとなった。

なお、今夏にユヴェントスからインテルへ移籍する選手は、フランス代表MFヴィエラに続いて、

イブラヒモヴィッチでふたり目となる。

 イブラヒモヴィッチは2004年夏に移籍金1600万ユーロ(約21億3000万円:当時)でアヤックス(オランダ)からユヴェントス入りし、04-05、05-06シーズンとセリエA70試合出場で23ゴールを記録。

スウェーデン代表として出場した06年W杯では振るわなかったものの、

その身体能力と柔らかいプレーで高い評価を受けている。




ユーベ主力流出止まらずビエラがインテル

2006年8月3日(木) 10時9分 日刊スポーツ

 不正疑惑でセリエB降格処分を受けたユベントスが、また主力を1人、失った。フランス代表MFパトリック・ビエラ(30)が、インテルと4年契約を結んだ。

しかも、移籍金950万ユーロ(約13億7750万円)という「ディスカウント価格」での放出を余儀なくされた。
 ユベントスにとって、いいことなしの移籍だ。

何年もラブコールを送り続け、昨夏に2000万ユーロ(約29億円)で獲得に成功。

その世界屈指のボランチを、わずか1年、しかも半額以下で放出せざるを得なかった。

昨季の活躍を差し引いても、元は取れない。

クラブは声明文で「この移籍による損失は860万ユーロ(約12億4700万円)」と分析した。
 B降格で、既にDFカンナバロ(現Rマドリード)ら主力4人がチームを去っていた。

デシャン監督は7月末の会見で「これ以上の移籍はない」と安堵感を見せていたが、それもぬか喜びだった。

さらにFWイブラヒモビッチは、代理人を通じて「セリエBではプレーしない」と宣言。

GKブフォンは残留を発表したが、地元各紙は「移籍確率は70%」などと連日のように報じている。

名門崩壊は、まだ止まらない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。