宋美玄オフィシャルブログ「~オンナの健康ラボ~」Powered by Ameba

宋美玄オフィシャルブログ「~オンナの健康ラボ~」Powered by Ameba

<テレビ出演情報>

フジテレビ「とくダネ!」 木曜日レギュラーコメンテーター

ラジオNIKKEI 「大人のラヂオ」

               (毎月第2土曜日 20:30~22:00)

<雑誌連載>


光文社「美ST」 ホルモンヌちゃん

集英社「LEE」 カルチャーナビ
gift 「DRESS」WEB
読売新聞WEB 「ヨミドクター」

光文社「VERY」 しゃvery場

朝日新聞夕刊「女子組」(関西版、月1回)


<監修>

ドコモ・ヘルスケア カラダのキモチ  

(スマホ向けサービス)


*当ブログでは医療相談や個人的な性のお悩み相談はお受けできないので、ご了承ください。コメントやメッセージでご質問を多数頂いていますが、個々の医療相談については実際に診察していないのでお答えすることができません。申し訳ありません。

   ~宋美玄 最新情報 (随時更新)~


集英社「マリソル」11月号 10月7日発売

集英社「MORE」12月号 10月28日発売




<新書> 絶賛発売中~!





テーマ:
今日のとくダネ!のトップニュースは、女医でタレントの脇坂英里子さんという方がホストをめぐって23歳の女性に殺害予告めいたものをされていたという事件でした。

脇坂さんは、そういえば一度テレビで見たことのある方でした。とってもお金持ちそうできらびやかな方。

正直なところ、ホストクラブうんぬんの事件の内容については積極的にコメントしたいことがなかったので、視聴者のみなさまが女医について誤解しないように、

ほとんどの女医は黙々と働いていてそんなにお金持ちじゃない

ということを言いました。

そんなん分かってるわ、という方もたくさんいらっしゃると思うのですが、元祖女医タレントの西川史子先生がテレビに出だしたころ、

「女医さんってみんなあんな感じなん?」

と医療関係じゃない友人知人に結構言われたんですよ。
今から思えば、「年収4000万円の男じゃないとやだ」なんてキャラ作りだと分かろうものですが、女医と女医タレントを混同する人は今でも少なくないと思います。

そしたら小倉さんに、

「宋さんは女医タレントじゃないんですか?」

と聞かれたので、

「私はたまたまとくダネに出ているだけで、タレントじゃなくてただの女医です」

と答えました。

が、厳密な線引きは難しいのかな~

事務所に仕事のマネジメントをお願いしてますが、専門家でもメディア露出がある人はそういう人が結構いるし、ギャラも文化人枠。
オファーがあればバラエティ番組にたまに出ることもあるけど、仕事のほとんどは医者の仕事だし。(収入も)
うーん、自分では「テレビに出ることもある医者」って感じですかね。

タレントがいいとか悪いとかではなく、女医とタレント女医は違う職業だとテレビの前の人に分かってもらえたかな~。
いいね!した人  |  コメント(7)
宋美玄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み