いじめ問題

テーマ:

今、いじめが原因の自殺が日本で問題になっているみたいで、私のfavorate blogのminkさんもこのテーマについて書いていて、とても考えさせられたので私も書こうと思う。



私はいじめは受けた事なかったけど、小学校5,6年の時、クラス替えの後気が付くと割りと目立つ人たち(頭いい、スポーツできる、綺麗)のグループに入っていて、居心地があまり良くないのに、もう周りはグループが出来上がっていて、孤立するのが嫌で一緒にいても疲れるだけのそのグループの中にいた事がある。


週末も一緒に遊んでも疲れるだけだった。特にその中の一人が根性悪で大嫌いだった。成人式の時久々に会ったら全然性格が変わってなかったのでびっくりした。



その後はクラス替えの度に気の合う子達とだけ付き合うようになったけど、中2の時はその子達以外の人達と仲良くするきっかけを失ってしまって、彼女達が給食当番で居なくなってしまう時間は一人になってしまい寂しかったなあ。



今日は会社でムカつく一言を言われただけで気分が悪くて、今も朝の4時半に目が覚めてブログを書いてるわけですが、これよりもっと酷い事が毎日、しかも逃げ場の少ない子供の時に、執拗に続いたら精神状態がおかしくなるのは当たり前だと思う。



せめて逃げ場を作れるように、学校外の人達と触れ合えるactivityを日本はもっと増やした方がいいと思う。親の助けも必要不可欠だけど、この年頃って自分の事を理解してくれる友達の存在って大きいから。



それとこれはこっちで知り合ったアメリカ人の女性が話してくれた事だけど、彼女が学生の時、日本人のクラスメートの女の子がいた。その子は親の赴任でアメリカに来たのだけど、まじめで成績優秀だったみたい。ある日、その子が自殺した。原因はテストの点数が悪かったのを苦にして。悪いといっても普通の学生からみたら十分の点数だったらしい。自殺前特に変わったところはなくいつもと同じ感じだったのでびっくりしたと云っていた。


私はきっとそれだけじゃなく、アメリカに来てからの言葉の問題、その他もろもろな事も大変な事はあっただろうと思う。


そのアメリカ人女性曰く、「日本人に自殺が多いのは、世間体を気にして周りの人間に悩みを相談しないから。アメリカの学校には心理カウンセラーが必ずいて生徒の悩みを聞いてくれたり、お金を払ってプロのカウンセラーを訪問する事は子供の頃から普通なこと。日本人はもっとopenになった方がいい」


日本にはまだまだプロのカウンセラーいる学校も、プロのカウンセラーに話を聞いてもらう事も一般的ではない、と思う。


それに宗教の有無も大きいのだろうな。




自殺を本気でしようとしている人の心理は計り知れないものがあるんだろう。健康な人が死ぬことは相当な身体的苦痛だろうに、「死にたい」とう願望がそれを上回るんだから。




美輪明宏が言ってました。「生まれてくる事は、膨大な条件をクリアしてやっと出来る事、だから五体満足の体でここにいるだけでも奇跡に近い。それを簡単に捨ててはいけない」と。




ただ今朝の五時半。今になって眠くなってきた。今日の仕事で居眠りしないようにしなきゃ。。


AD

ミノムシ

テーマ:

同僚のリチャードおじさんの車のバックドアの上にミノムシ発見。



MINOMUSI


このミノムシを最初に発見してから一週間は経っているので、まだ無事にくっついてるのねと思ってリチャードに伝えたら、


「二年くらい前からくっついたままなんだよ」


と言っていた。


雨の日も風の日も雪の日も、そして時速60マイル走行も、この細い糸一本でも落ちることなくくっつたままってすごい。


私の知ってる限り、バーモント、モントリオールにも往復で行っているしなあ。


リチャードと一緒に旅してきたのね、この二年間。


リチャードもちょっといとおしいと思って取らないんだろうなあ、なんだか可愛いなあと思って思わずパチリ。


AD

良い加減?な健康診断

テーマ:

むかーし、まだお肌パンパンの19の頃(今は体がパンパン)、とある医者に、とある理由で、同僚と一緒に健康診断に行った。


その医者は田んぼの中の一軒家で、門構えも立派な純日本家屋の古いお屋敷。


感心しながら門をくぐると、玄関の引き戸は全開だったので、一歩入ると広い玄関のまず左手には不気味な人体模型。


(何故玄関に置く。。。?)



「ごめんくださーい」と叫ぶと、ノソノソとゆっくり登場したのは白衣を着たおじいちゃん先生。



「健康診断の予約をした○○と申しますが。」と言うと、



「こちらへどうぞ」


と言ってゆっくりと奥へ案内された。




正直、こんな立派な旧家を拝見できるなんて滅多にないので、わくわくしていた。


廊下も使い込まれた木のなんともいえないいい色。



部屋に入ると、NHK朝の連続ドラマ小説なんかにでてきそうな、古くて懐かしい感じの診察室。


ここ何年も患者来てないでしょ?って感じ。



「身長はかりマス。。。」


といわれて計りに立つも、頭のてっぺんに棒がついた感触もなく、


「はい、160cm。。。」



えっ?当時の私の身長は155cm。まっ、いっか、身長高いほうがいいし。





「体重はかりマス。。。」


私、体重計に乗る。



「。。。はい、70キロ。。。」


えーーーー?ショック! 当時の私の体重48キロ。



さすがにこれには反論。


「先生、計りは48キロになってますけど。。」



(直してくれたかは定かでない。。)




「。。。。。。はい、血圧測ります。。。」



先生、血圧測定のバンドを腕にまいてくれるのはいいけど、もう一本腕入りそうな程ゆるゆるなんですけど。。


そして、二回ほど、シュポ。。シュポ。。


「はい、終わりです。。。」


えーーーー?ショック! これで終わりー?



まあお義理の健康診断だし、先生が面白いのでこれでよしとする。


帰りに先生に名刺をいただくと、医学博士、とある。


おんとし、92歳。


帰る間際、立派で古そうな本が沢山ならぶ書斎でちょっと昔話などをうかがうと、やっぱり頭良さそうだし、笑顔も見えて、可愛くて素敵なおじいちゃん。


動作こそはゆったりとしているが、背も高いし、昔はハンサムだったんだろうなあって感じがうかがえる。


それになんともいえないユーモアのセンスがただよっているし。



引き戸全開の玄関から表の門までは一直線で、前に広がる田んぼがパーっと目に入った。


その景色は今でも目に焼きついているし、とても癒された一日だった。



いただいた名刺は、持ってるとなんかいい事なりそうな気がして、今でも大事にアドレス帳に挟んで持ち歩いている。




AD

アイスホッケー

テーマ:

先日初めてアイスホッケーの試合を見に連れてってもらった。


Islanders(ロングアイランド) VS Penguins(ピッツバーグ)


アイスホッケーなんて見たことなかったから昨日初めて知ったチーム。



同僚の男性と3人で行ったのだけど、面白かったのは巨大なモニターに移ったチアガール達↓の


cg



紹介ビデオが移った途端に、それまで喋ってた同僚を含めた周りの男性達が一斉に黙ってウハウハしながらモニターを凝視してた事。男って。。。



それと休憩時間にアイス上で結婚式を挙げたカップルがいた。


wed


周りにいらした男性は


「おいおい、やめといた方がいいよー」


「後悔するよー」


とシビアな歓声。



アイスホッケーの試合ってもっと場外乱闘とかあって激しいのかと思ってたんだけど、結構淡々と試合は進みちょっとガッカリ。


でもまあたまにはこういう雰囲気を味わえて楽しかった。


それにチケット見ると95ドル。案外高いのね。ただで良かった。音譜


Project Runway

テーマ:

良かった~。これ唯一毎回見てる番組なのです。


ファッションにはてんで疎いのに、これは面白い。


ジェフリーが「人手を借りた疑惑」で出場停止か?って、先週はヤキモキする終わり方だったけど、実は何週間か前にYouTubeで4人のファイナルランウェイを見ていたので、出場できるのをしっていました。


それにしても、ウリってほんと要領がいい。シラー


当然の権利なんだけど、マイケルのモデルを横取りしても、part2の黒人の女性の時のように総すかんを喰らう事はないし、

ジェフリーの疑惑も、ちょっとは疑ってた感じもあったのに(前回確か)、ジェフリーには私は100%味方よーって感じでハグしたり。


結局人手は借りたけど許容範囲内で無事出場できて良かったです。ジェフリーは陰湿な感じがしてあまり好きじゃないけど、真っ青な顔でTimの報告を受けた後出場が決まった時はもらい泣きしてしまった。



それと、Tim Gummって回を重ねる事にファンになっちゃう。ラブレター


ゲイなんだろうけど、照れ屋で、なんか面白いし、いい人感が伝わってきて、もー欠かせない存在。



今回の4人では、personalityではマイケルが好きだけれど、彼のデザインが一番に落選したのはうなづけた。


ローラのはゴージャスだけどコンサバ過ぎるし、


ウリ60%、ジェフリー40%かなあって思ったけど、ジェフリーのデザインは変わってて面白かったから、ジェフリーが優勝したのも頷ける。



早くPart4やらないかなあ。


歯医者嫌い、注射嫌い

テーマ:

私は昔から注射が嫌い。


中学一年の時インフルエンザの予防接種で、医者が注射した直後、先っぽの針とネジが本体から外れて私の腕にブラーン、ブラーン。それでなくても注射嫌いなのに医者に「なーにやってんですかー」と半泣きで大騒ぎした覚えがある。


その時の医者は誤りもしないふてぶてしい医者だった。


それに血管が細いのか、皮下脂肪が厚すぎるのか、採血の時一回で取れる事の方が少ない。


ひどい時なんて針さされたまま注射器グルグルまわして血管の位置を確かめられたりする。


そういう時は一週間くらい大きい痣になって後が残るのよ。


たまに上手い人がいて一回でスーッと取れる時は、「おーありがとう。次もあなたでお願いします」って名前を聞きたくなります。




歯医者もいい思い出がない。


子供の頃、近所の歯医者の若先生が患者を怒鳴る人で、当時はまだ歯医者が少なくて偉いと思っていたのか知らないけど、相手が子供だろうが、大人だろうが、町長だろうが、校長先生であろうが、平等に?怒鳴る。



「お前こんな事くらい我慢できんのかーむかっって感じ。



患者と取っ組み合いの喧嘩をした事もあると聞いた気がする。パンチ!


校長だった私の大叔父も相当人間的に出来た人だったけれど、母曰く、この大叔父も若先生と喧嘩になり、この歯医者だけは行かないといっていたらしい。



でも歯医者の数が少なかったのと、そこそこ腕は良かったらしいから皆我慢してそこに行ってたのだと思う。


そこは毎日患者でごった返す「大盛況」の歯医者だったから。



私はその若先生が怖かったので、手はちょっと震えててボーっとしてるけど、先代の院長先生に診てもらってた。


何が良かったって、私が痛いのは嫌です、と言うと


「じゃ、麻酔しましょ」


ってすぐ青い液体の麻酔注射してくれる事。


私注射は嫌いだけど、この麻酔注射だけは平気だった。麻酔されれば痛くないからその後割りと安心して、治療受けれるし。



が、後にこの安心は覆される。


中学になると町に歯医者も増えて、駅前に出来た、ピンクの制服を着た歯科助手を何人もはべらせたハーレム感のある洒落た歯医者に行くようになった。



歯を削らなくてはいけなくて、麻酔をかけてもらったのだけど、麻酔がまだ完全に効く前に削られしまってその時の痛かった事。


治療前に、「痛かったら手をあげてくださーい」と言われていたので、その時は手を上げっぱなしだった。


それから今でも麻酔をかけられても痛かった時の事を想定して気を抜かないようにしている。



その歯医者ではなんだか漂白剤みたいな匂いのする気体を誤って思いっきり吸わされて、涙が出るほど咳き込んだこともあったけど、その時も医者は平気な顔で私に誤る事はなかった。



今思い出しけど、中学の時ちょっとした目の病気をした事があって、目薬だけで割とすぐに治ったのだけど、その時近所の目医者に


「なんでもっと早くこなかったんですか。このままほっといたら


国会議事堂に爆弾落とされるようなもんですよ!


と脅された。


いたいけな少女にこんな言い方しなくたっていいでしょうに。


後々この目医者の患者は徐々に減っていったみたい。


大人になったら町に目医者も増えて、腕もよくて、威張らない、色々質問しても嫌な顔一つしない目医者が出来たので、そこに行くようになった。(これが当たり前であって欲しい)



昔は医者の数が少なかったから、患者は呼ばなくてもあふれるし、皆に先生、先生って呼ばれて 「鼻たっかだか~」の時代だったんでしょうね。



奥歯が最近うずくようになってきた。


いよいよ本当に歯医者に行かなければ。。。あー気が重い。。


ワサビロビー

テーマ:

今日陶芸の帰りに、


Upper east にある


「ワサビロビー (Wasabi Lobby)」


というなんだか語呂のいいレストランへ行ってきた。


寿司のネタも結構厚くてまあまあ美味しい。


熱燗をいい調子で3本あけつつ、いよいよつまみが無くなってくると


ガリを肴に日本酒をチョビチョビ。


なんだか沢庵をつまみに晩酌していた父親の様にになりつつあるなあ、さすが血はあらそえぬなんて思いつつ、


結婚前のいい女が(しかもかなりいい年)こんな色気のない飲み方をしてるから、未だに嫁に行けぬのか~


と、妙に納得した夜でした。



血液型で占う力関係

テーマ:

7年くらい前に、本屋で血液型の本を立ち読みしてたら、血液型による力関係の相関図が載っていました。


図はかけないので、


A > O (AはOより優位に立ちやすい)


B > A (BはAより優位に立ちやすい)


O > B (OはBより優位に立ちやすい)


実はAB型は忘れてしまったんだけど、多分臨機応変にその場で変わると書いてあったと思います。(AB型の方、もしこのブログを読んでいたらすみません)



合ってるかわからないけど、私にとってA型の人って聞き上手なのもあって話したり合ったりしても楽だし、AB型の人も話してて楽ですね。O型の人とは私が聞き役になる事が多かったり、チャレンジ精神がわきます。



図太い私と繊細な自分

テーマ:

最近よく会社でアメリカ人に私の気が短くなってアメリカ人化してきたと言われるようになった。


二年半前にここに来た時の、あの日本人のポライトさはどこにいったの?って聞かれても、ここでそれをどうやって保てというのでしょう。


日本の会社ではありえない、激しい感情のぶつけ合いを毎日見聞きして影響されない程私は強くないのです。



今日、いつも叱咤激励してくれるありがたい友人、Yさんにこういわれました。



「あなたは図太いよね ぶーぶー 」


なので、アメリカ人化(この場合日本人の繊細さ→少、意見や感情を素直にだす)の素質は十分だそうです。



私、自慢じゃありませんが、図太いと言われたのは産まれて初めてだったのです。


それを言ったらまた、「信じられなーい。今までよっぽど周りの人がいい人で言えなかったのか、無関心だったんだよ」


と、更にきついお一言。



日本にいる、お互いが赤ちゃんの頃からのお付き合いの親友 Fちゃんには、

「○ちゃんは繊細だから」


と言われるし、私も他人の一言を気にしてしまったり、すぐに傷ついたりと繊細だと思っていたのですが、Yさんの目にはちっともそんな風にはうつっていないらしい。


でもFちゃんのいう繊細とはもしかして、私の各症状、



カフェインを飲むとナーバスになって朝まで眠れない、


旅先でお腹を壊したり熱をだしたりする事多し、


乗り物(特に飛行機)で眠れない、


などの事柄をもって繊細としているのかしら。




そして有難いことに更にYさんの私に対する分析は続き、



周りの事が見えていない事多し = 一度に一つの事しか出来ないので何かに集中してる時は益々その傾向大、


見えていないので、ひとから話しかけられても聞こえていないらしく反応しない事多し、


よって相手に無視されていると解釈されて誤解される可能性大。



だ、そうです。


もっと周りの事にきちんと気を配れるようにしないと駄目だよ、言われました。


こういう指摘をしてくれる人って少ないので、ほんとーーに有難いです。(Yさん、これ本心ですよ)




ちょっと話はそれるけど、血液型占いの事。


人の性格がたった4つのタイプに分かれるなんておかしいし、人の性格は環境の中で培われるものだ、という意見も最もなのですが、まったく無視もできないっていう所が私の中で多少ありまして、


A型は、周りに気を使っているし、その事が周りにも伝わる。


B型は、単純。気をつかってはいるが、使い方が人とずれているので判ってもらえないため、ゴーイングマイウェイと言われる。


O型は、実はわがままだけど、そのカリスマ性がそれを上回るのでなぜか憎めない。


AB型は、冷静で割と周りの事に無関心。実態がつかめない。


ってのが私の分析です。


ちなみに私はB型でございます。


自己弁護になってしまうけど、私は相手に自分が気をつかっているのを悟られると、向こうも気を使ってしまうと思うので、なるべく気を使っていない振りをしてしまう事が多いのです。なのでわかってもらえない事もあると思うのですよ。



また話は戻りますが、Yさんは最後にこうフォローしてくれました。


「私は図太い人の方が好きだし、会ってて楽しい。それに繊細だったらアメリカで生きていけないっしょ」


単純なんでこういわれるとコロッと嬉しくなってしまうのです。 


こんな私ですが、これからも末永く仲良くしてやってくださいませませ。



いやあ驚いた

テーマ:

同僚と会社帰りにお買い物に行ってきた。ワンピース



私は先日買い物したばかりなので今日はお付き合い。



驚いたのはその買いっぷり。


まず一軒目のブティック。


彼女は予算を気にする様子がなく、ジャケット、スカート、パンツ、セーター、カーディガンなど5,6着を試着無しでパッパと選ぶ。


30分足らずで量の割にはあっという間にここでの買い物終了。



次にモールへ移動して私がよく買い物する店に入る。




彼女の買い物の仕方はこうです。


まず気に入ったジャケットを手に取って棚に置く → そのジャケットに合うスカート選んでジャケットと一緒に置く → 次にそのセットに合うインナーを選ぶ。


選んで来たそれぞれの服に更にコーディネートできるような服達を選んでくる。 この間鏡で合わせてる気配無し。


ただ彼女はこの店であまり買い物をしないので、サイズの感覚がわからないらしく、一通り選んだ後は流石に仕方なく何着かは試着してました。


ここでもスカート4着、ジャケット1着、シャツやセーターなどが4、5着程で全部で10着くらい。

これを30分から40分で完了。



私は未だかつてこんなに潔く買い物をする人を見た事がありません。しかも女性で。


買ったものを見てみると、どことなく統一されていて、かといってどれも他と重なっていない。


今日買った物だけで、何通りも組み合わせが出来そう。


が、短時間にこの量、しかも値段を殆ど気にしてない。全部で1000ドルくらいはいってるんじゃないかな。


ちょっと心配になって


「ちょっと買いすぎじゃないの~?」と聞いたら、


「私は自分に似合う物を知り尽くしているし、流行に関係ないものを選んでいるので、10年たっても着られる物が沢山あるのよ。それにしょっちゅう買い物するわけじゃなく、必要な時しか買い物しないの。私はウィンドウショッピングは時間の無駄だからしないの。」


だ、そうです。まあ、納得です。


怒涛の様なお買い物でした。ロケット