日刊ねこいわし

ほとんど日刊ペースで、猫鰯ひろきのエッセイや料理レシピ、おすすめの本などを掲載するブログです。

当ブログでは、「今日のおもい」「今日の一冊」「今日のさんぽ」を募集しております。

・「今日のおもい」では、
あなた自身の想いを募集しております。
切ない恋愛の想い、家族への想い、何かにかける情熱などなど
さまざまな「想い」をお寄せください。


・「今日の一冊」では、
あなたのおすすめの本を募集しております。
おすすめの本のタイトルと、
その本にまつわるエピソードなどを添えて
お寄せください。


・「今日のさんぽ」では、
あなたの街の風景や、旅行の時の風景写真などを
エピソードとともに募集しております。
あなたが見てきた風景をみんなで共有してみませんか?


応募はこちらまで!!!
somaniodokurazi@gmail.com

タイトルに「今日のおもい」「今日の一冊」「今日のさんぽ」のいずれかを添えてご応募ください。
年齢やお住まいの地域に関しては、任意となっております。
さし支えないという方のみご記入ください。

それでは、ご応募お待ちしております!!

テーマ:
今日のニュースです。
今回は少々長くなります。
ご了承ください。

●震災当時の僕

・3月11日の今日のニュース。
取り上げる題材は、
すぐお察しがつくとおり「震災」
について。

東北の震災が起こった日。
僕は、中学校の卒業式だった。
僕の出身地は兵庫、
遠く関西の地だったから、
震災が起こるなんていうことは
想像つくはずがない。

卒業式から帰ってテレビを付ける。
テレビをだらだらと見る。
高校への期待と中学への名残惜しさ
を感じながら、木の葉丼を食べる。

すると、テレビから
悲鳴にも似たような声が聞こえてきた。

アナウンサーの声だった。
テレビを見やる。
なんだこれは。

津波の映像。
しかし、それが津波だとは
すぐにはわからなかった。

それが、僕の震災の当時。

●終わらぬ復興。地域民で頑張るしかない

それから数年が経ち、
今日は震災が起こった日。

復興だ復興だと叫んでいた
政治家たちは、
東京五輪や各種事件への対応に
追われていた。

お金も、もちろんそっちに
注ぎ込まれるようになった。

被災地の方々は
「まだ復興は終わってないのに」
と嘆いている。

政治家を非難する声もしばしばある。

今や被災地復興は
民間に委ねられた。

それを嘆いているのだ。
けれども僕は、
「そんなもんだ」と思っている。

これはあくまでも、
政治家でも被災者でもない
完全なる第三者の意見だ。

政府が直接手を施して
復興をするということは
もう終わったのだ。

もうその次元ではないのだ。

もちろん、復興はまだまだ終わらない。
元通りになったとは言えない。
けれど、少なくとも普通に生活を
送る面では特に不自由していないはずだ。

これ以上政府が面倒を見るのは
やりすぎなのではなかろうか。

地域復興というのは、
地域のみんなが一丸となって
頑張っていくしかないのだ。

阪神淡路大震災の時も
東北の震災の今も変わらない。

●原発問題、放射能問題解決はオーバーテクノロジー

復興と同じく叫ばれていることがある。
原発問題や放射能問題の解決だ。

原発においては、廃止を求める声が
多数上がっていて、
駅前などで「原発反対!」と
声を荒げるひとたちもいる。

その声をきいていて、
僕はなんだか虚しくなる。

原発廃止に関しては
正直なところ賛成だ。
リスクが高いエネルギーである
ことには変わりがない。

かつて日本人が苦しんだ
放射能を放つエネルギーなど
廃止にすべきだろう。

しかし、現時点でそれは不可能だ。
廃止するにしても、原子炉を処理する
方法が無い。

原子炉をどこかに放棄する。
「原子炉を置かせてくれ」と頼んだとて
「タンクを安置させてくれ」と頼んだとて
誰が「OK」すると言うのだろうか。

海へ捨てる?
問題外。

原子炉は捨てるに捨てられないのだ。
危険すぎるが故に、持て余している。

また、代替する発電方法にも困る。
現段階で日本において原発と
同じくらいの発電力を見込めるような
発電方法がどこにあるというのだろう。

地熱発電。
確かに日本には火山が多い。
しかし、原発の代わりには弱すぎる。

水力発電。
コストパフォーマンスが悪い。

風力発電。
日本には不向き。

原発は今はどうしようもない。

放射能問題も同じことが言える。
一度放たれた放射能は、回収も
中和も現段階では不可能だ。
汚染されゆくばかり。

人間は自然には抗えないのだ。

少なくとも、現段階では。



●黙祷って何だっけ……

Twitterで「黙祷」と検索してみた。
すると、どうも「自己主張」の匂いがする。

「黙祷なう」「黙祷する」などの
ツイートがあまりにも多い。
黙祷することは悪いことではないと思う。

それでなにかが変わるという
わけではないが、その精神自体は
良いことだろう。

ただ、「黙祷なう」とか「黙祷する」とか
いちいち発言することはいらない。

「黙祷なう」にいたっては
黙祷すらしていない。

黙祷とは、黙って目を閉じ、
静かに祈ることだ。
音もない鎮魂歌を奏でることだ。

どうもSNSにおいて、
「黙祷」ということすら
自己主張の糧にしている
青少年が多いようで、僕は悲しい。

そもそも黙祷に意味があるのか。
そう問われれば、僕も口をつぐんでしまう。

魂の安らぎというのは、
僕らが考えているだけの
エゴでしかない。

確かに黙祷自体に
意味はないのかもしれない。

しかし、その精神だけは
意味のあるものだと思う。

その精神のおかげで、
地域民が復興のために
力を合わせることができるからだ。

だから、SNSの自己主張の糧に
されているのはとても悲しいことだ。



●いろいろ言ったけど……

震災関連の話には、
様々な問題がありすぎて
どうも文章が長くなってしまった。

今回の記事は二千文字もある。
いつもの四倍だ。

いろいろ言ったが、
僕が何かを言ったところで
部外者の戯言にしかならない。

第三者の考えでは
測れないようなものがある
ということは理解できる。

ただ、感情的になりすぎて
現実を見れなくなっているひとや、
政府に何かを求めすぎるひとが
多いような気がする。

また、第三者がエゴイズム満載の
エセ黙祷なるものを捧げているのも
大いに気になるところだ。

これでは復興もまだまだ遠い。

そう思った次第である。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
 毎年、この季節になると民家から
生姜と醤油を一緒に炊いたようなかおりが
漂ってくる。

これは、僕の出身地である
兵庫県特有の現象らしいが、
このかおりがすると
「ああ、今年も春が来るんだなあ」
という実感が沸く。

 この匂いの正体はいかなごの釘煮だ。
兵庫県、ないしは関西地域にとって
春のかおりというのは、桜のかおり
ではなくて、いかなごの釘煮なのだ。

というのも、いかなごというのは
二月の下旬から三月の下旬にかけてが
時期の魚だ。

その時期を過ぎると大きくなりすぎて
釘煮には適さなくなってしまう。

いかなごは稚魚であるからこそ
いかなごなのだ。

いかなごの語源は「いかなる魚の子か」
というところから来ている。
何の魚の子供かわからなかったということが
いかなごの名前の由来になっているのだ。

 そんないかなごの釘煮を
兵庫県民は、関西人は、心待ちにしている。
解禁日の翌日になると、スーパーに
行列ができることがある。

それだけいかなごの釘煮は大切な味覚なのだ。
皆それぞれの味で、それぞれの想いで
いかなごの釘煮を炊き、たくわえておく。

 僕も今年は炊いてみた。
盛大に煮崩れして失敗してしまったが、
それでもいかなごの釘煮はおいしい。
それでもいかなごの釘煮は大切なのだ。

今年の春も良い出会いがありますように。
今年の春もあたたかくなりますように。
そんな想いで、いかなごの釘煮を炊いた。

来年こそは、失敗しないようにしようとも
思いながら。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 しばらくブログの更新が止まっていて申し訳ございません。
ひとり旅をしておりました。

自転車でひとり旅をしたので、その様子をお話したいと思います。

まず、自転車を貸してもらった(僕の自転車は壊れてるため)友人の家付近からスタート。
赤い自転車に乗って、三倍速で走れそうと思いながらペダルをこぎました。
三倍速とまではいかなかったのですが、思ったよりすぐに川が見えてきました。

鴨川です。
鴨川

京都市左京区の修学院・一乗寺あたりから兵庫県篠山市のピザ屋さんを目指す旅です。

一級河川鴨川の雄大な流れを眺めながら、ゆったりと自転車を走らせます。
中継地点に二条城を選んでおり、二条城へはお昼頃に到着する予定でした。
でも、なんだかんだでお昼より少し早く到着したので、
そのまま自転車を置いて二条城観光へ。

二条城二の丸御殿


二条城の駐輪場を探していると、交通整備のおじさんが方角を示してくれました。
おじさん「あっち行くとな、駐輪場あるねんけど有料やねん。
でも、あっち(反対側)行くとスーパーの駐輪場があってな、無料やねん。これ俺のひとりごとやから」

なんとも面白いおじさんでした。
最初は、「あるけど行ったらあかんで」ということと思っていたのですが
もう一度聞きなおすと、そうではなかったようです。
逆に、「無料の方行きや」ということだったんですね。

でも、良かったのかな……。

二条城に入ると、着物を着た綺麗な女性二人組がいました。
番傘を指していて、なんだか和の雰囲気を感じます。
写真(掲載している写真)を撮っていると、その女性二人組が
おどおどとした様子で話しかけてくれました。

「あの、えっと、あ、写真、いいですか?」
「いいですよ」

爽やかに答えると、二人組は笑って
「じゃあ、えっと、これです」
とスマホを差し出しました。

そして写真を撮ってその方々とはお別れです。

そのまま二の丸御殿や庭園をぐるりと一周して、
二条城を去りました。

二条城を去る頃にはもうお昼時でしたが、
混雑を嫌うのでお昼ご飯はあとに回します。

それから二条を抜けて、西院へ。
そこからしばらく阪急線の線路沿いを走り、
国道9号線をひたすらまっすぐ走ります。

だいぶ端折りましたが、ここまでに
四条通りとかを通っています。
ちなみに昼食は四条通にあったローソンで済ませました。
簡易的でいいのです。

国道9号線をひたすら走ると、西京区に入ります。
西京区を走り抜けていると、東海自然歩道という山道に入りました。

東海自然歩道

入るときは、マップを見ながら「え、ここ入るとかいうなよ?」
って何度も呟きましたが、いざ入ってみると楽しい道でした。
それでも、乳酸が溜まった足にはきついらしく、途中で座り込んで
休憩をするなどしてました。

でも、ここは右が狩場になっていて左側が伐採場なので
座り込んで休憩するのは少し危ない気がしますよね。
四十分ほどかけてこの山道を進むと、桂坂という地区に入ります。

桂坂は自然に囲まれた良いところでしたが、
ここは通り抜けるだけでした。
何しろ住宅街の中を走るだけなので、
とりとめて書くところもありません。

桂坂を抜けると、また「嘘だろ?」と言いたくなるような
峠道にさしかかります。

山道へ


峠道をノンストップで登って、トンネルくぐって
峠を超えるとそこは亀岡市でした。
ぐっばい京都市、ハロー亀岡市。

亀岡市は山里という感じで、とても良いところでしたよ。
亀岡市につくころにはもう五時前でした。

この日は一旦宿泊するため、ホテル亀岡へ。
ホテル亀岡はものすごい山奥にあり、
一度大阪府との府境を超えなければいけません。
でも、住所はあくまでも京都府亀岡らしいです。

ホテル亀岡


お宿は結構広いペンションでした。
自転車が入り込んでますが、これはオーナーさん自ら勧めてくださいました。
「自転車な、中入れる方が安心やろ」らしいです。
本当に良いオーナーさんですね。

それからお風呂を入れている間、ちょっとした茶番です。
煎茶はいかが?

煎茶はいかが?
ということで、お部屋備え付きの煎茶をゆったりといただきます。
やっぱり京都のお茶はおいしい。

目の前に座っているイルカは、フィン君です。
京都水族館のくじ引きで当てました。
ひとり旅には、ぬいぐるみを連れて行くのが僕の慣例なので、
今回もそれにならって、ちゃんと同行させていますよ。

ドラえもんを見たりしてお風呂に入り、
ストレッチをして今日の疲れを取ります。
その後、就寝!
といきたいのですが、寝れませんでした。

繊細なので、初めて泊まるところで寝れないんです。
ベッドで目を閉じて時が経つのを待ちました。

朝、したくを整えてコーヒーを飲み、自転車を外に出して
準備運動をしているとオーナーさんがひょっこり顔を出してきて
「元気やなあ」と声をかけてくれました。

「準備運動しないと怪我しますからね(笑)」と
答え、「これが若さか」と言われながらもストレッチ。
準備完了!

ということで、オーナーさんに鍵を返してペンションを去ります。

そして山を降り、里中を走っていると
見えてきました! 篠山の文字が!
篠山見えた

目的地まであと少し!
ということで篠山までの間、写真を撮っていません。
なぜかというと、余りにも峠道が続くので疲れて
それどころじゃなかったからです。

そして、残念なことにピザの写真もありません。
ここからは峠道になるので、とりとめて書くこともないので
一気にピザの感想に飛ばします。

ピザはクワモンペというピザ屋さんで食べました。
これまた山奥にあるピザ屋さんですが、
近くには清流が流れていてとても良い雰囲気です。

食べたピザは、ビスマルクです。
とろっとした卵の味と、ピザの味が見事な調和を果たしていて
口の中いっぱいに広がります。

ピザをゆっくり食べて、食後は清流で足をぺちゃぺちゃさせました。
食休みをして、そのままとんぼ返り。
奇跡的にその日中に帰ることができました!

二日目の描写が余りにも少ない記事になってしまいましたが、
これが今回のひとり旅でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
・前々から準備をじわじわとすすめていた
『夢花書房』の活動が本格的にスタートしました。

夢花書房とは、電子書籍代理出版サービスです。
電子書籍の代理出版サービスというのは、ほかにもたくさんあります。
どうして今更このようなサービスを立ち上げているのかと疑問が沸くでしょう。

既存の電子書籍代理出版サービスは、
どうも値段が高すぎるように感じられます。
10万円以上するのが普通のようです。

でも、それでは夢を叶えたいと思っている若いひとたちには
なかなか手が出せませんよね。

僕自身、一万円くらいなら高校の時手を出していたようなきがします。
そうおもって、僕は一万円という価格で電子書籍を代理出版しようと決めました。

表紙を付けると、もう少し高くつきますが、それでも二万円を超えることはありません。
宣伝はもう少し整ってからしたいと思っております。

それから、日ねこのワードプレス版ができました。
URLを貼っておきます。

https://nikkannekoiwasi.wordpress.com/

アメーバ版とワードプレス版では違う記事を書くので、お楽しみに!

では、今日はこれくらいにしたいとおもいます。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
・故郷とふるさとの辞書的ちがいはほとんどありませんよね。
同じことばであるはずです。
でも、僕はこのふたつのことばに違いを感じざるを得ません。

『故郷』ときいたときは、生まれ育った土地をイメージします。
『ふるさと』ときいたときは、こころがおちつく場所をイメージします。

『ふるさと』は、必ずしも生まれ育った土地だとは限らないんじゃないかっておもうんです。
それは、疲れたときにふと帰りたくなる場所であったり。
想いを馳せただけであんしんするような場所であったり。
想い出がたくさんあって、たのしくなる場所であったり。

よくうたの中で、「心の故郷」という表現がありますが、
それが『ふるさと』だと思うんですよ。

こころの帰る場所が『ふるさと』で、
からだの帰る場所が『故郷』なんじゃないでしょうか。



・ことばというのは本当におもしろいですよね。
故郷とふるさとの話もそうですが、
漢字にすると二つとも同じなのに、
こうやってひらがなにするとどうしてこんなに違うんでしょうね。

これだから僕は文章を書くのが好きです。
コラムとか、エッセイを書いているとこういうちがいに敏感になるんですよね。
それを小説にアウトプットできるから最高です。


・本日も日刊ねこいわしにアクセスしていただいてありがとうございます。
あなたのふるさとは、どこですか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。