前例

テーマ:
仕事に取り掛かる前にまずやるべきことがあります。



TripAdvisor (トリップアドバイザー)




みなさんこんばんは!
今日は仕事をやるうえで必要なプロセス
仕事を任された時のプロセスを確認したいと思います。



仕事をしていると、これまでに経験したことのない案件を任される事があります。

個人相手に営業をされている方なら、法人相手の営業。

サービスをされている方であれば、団体のサービス。

…といった感じでしょうか。




他にも色々ありますが、こんな感じです。





これまでに経験したことのない案件を任された時、0から考えて着手するようでは無駄な時間が多いです。
正直言ってしまうと、会社での仕事とは同じ事の繰り返しの方が圧倒的に多いのが事実です。

そこで必要な事は、まず前例を探すということです。

なければ、友人、社外の人…
それでも無いのであれば本を買ったり…
最近だと確かな情報であるのであれば、Google先生に聞くのも有りだと思います。

必ず目的のものはそこにあるはずなので…



こんな話をするのも、最近私の会社にて法人とのやりとりを部下に任せた事があります。
よく考える事ができる部下で、タスクを自ら分類して業務の整理をしているところを見かけました。

しかし、初めての業務の為、予期していないタスクであったり、分類先のミスであったりと右往左往し、社内納期に間に合わないという事がありました。

もちろん、初めて任せるという事も加味し、納期に間に合わなくても先方に迷惑が掛からないように設定をしていました。




この時、もちろん私や周囲のスタッフから積極的に声かけをしてサポートとバックアップをする事も可能でしたが、今回は彼の成長につなげる為、彼が行う行動を見守り、彼からのアクションを優先したのです。




彼からのアクションとは、プロセスの確認であったり、相談といった類でしょうか。




彼自身は、残念ながら社内納期には間に合わなかったものの、全ての業務を1人で考え、任された仕事を1人でやり遂げました。

これは間違いなく彼の成長に最も繋がるものだと私は思います。




ただ、チームで仕事をしている以上、会社として時間と経費を無駄にしているのも事実です。








この場合、彼はどのように行動をし、スタッフ間でどの様なアクションを起こすべきだったのでしょうか?





また次回お話し致します。
今日はこの辺で!
AD