ひとりを楽しむ

テーマ:
八広で仕事を終えたあと、本所吾妻橋に向かいました。

目的地は牛島神社。

{6A4E6A61-4E46-475E-ACDC-DE5A4F337908}



ちょうど大祭の前日でした。

牛島神社の本殿で行われる、北斎最大級の絵である「須佐之男命厄神退治図」に関するトークイベントが目当てでした。

この絵は関東大震災で牛島神社と共に焼失したのですが、すみだ北斎美術館の要請で凸版印刷が2年の歳月をかけて復元したのでした。

そのプロジェクトのリーダーであった木下悠氏のトークイベントです。

本殿内のかつて絵が掲げられていた位置にプロジェクターによって投影された作品を見ながらのトークは興味深い内容でした。
木下氏ともお話する事ができ、非日常の空間での時間を楽しむ事が出来ました。

{A9035EEF-86D5-4598-BE39-8C505860600B}



牛島神社を後にして浅草まで歩くうちに、ちょっと一杯と言う気分になりました。

{0052584D-21ED-4BDF-B1A9-94063DBB1C56}



そういえば、ここ数ヶ月、ひとりでお店の椅子に座ってお酒を飲むことをしていませんでした。

落ち着けるお店をとも思いましたが、あえて賑やかな神谷バーに飛び込みました。

ここは、相席が基本です。

ちょうど空いていたテーブルの端に席をとり、デンキブランとビールの中ジョッキを注文しました。

{05293F16-4035-4584-A8B2-3D7A614BE5A7}



この店でデンキブランを注文するとチェイサーとしてコップ一杯の水が出されますが、生ビールをチェイサーにするのが通とされています。

実際、その方がデンキブランを楽しむ事が出来ます。

店内のポスターには、次のキャッチがありました。

ーーーーーーーーーー
生ビールと電気ブラン
相乗効果。
こに二つは相乗効果。
交互に飲めば、旨さ広がる。
達人たちをうならせる。
神谷バーの粋な飲み方、お試しあれ。
ーーーーーーーーーー

最初は私ひとりだったテーブルも、前にはカップルが座り、隣には60年ぶりに再会したという6人組が陣取りました。

どのテーブルも満席で、隣どうしの声も聞こえにくいくらい賑やかな店内で、デンキブランをお代わりして、しばらくひとりの時間を楽しんでからお店を出ました。

このまま電車に乗るのももったいない気分。

 田原町駅まで歩く事にしました。

歩きながら、ふとHUBを思い出しました。

浅草のHUBは、ほぼ毎日ジャズライブをやっています。

{09060071-6273-4D22-8629-6162168E467C}



時刻は21時を過ぎていましたが、最終回には間に合ったので、思い切ってお店に入りました。

「ひとりですが」とお店の人に伝えると「相席なら大丈夫だと思います」と言う事なので、相席になるお客さんの了解を得て、テーブルにつきました。

今日の出演は、「下田卓とカンサスシティバンド」

偶然ですがこの店でこのバンドを聴くのは3回目。

初めて聴いた時には、CDを買ったくらい気にいったバンドだったのでラッキーででした。

ジントニックを片手に楽しいトークとノリの良さの中にも人情味に溢れたちょっとユニークなジャズを楽しみました。

ここは常連客が多く、ノリのいいナンバーになると、異なる席の男女がテーブルの間で踊り出したりします。

お店にいたのは1時間ほどでしたが、なかなか充実した時間でした。

これで家に帰れれば申し分無いのですが、そう出来ないのが小さな会社の社長の辛いところ。

オフィスに戻って1時間ほど仕事をしてから家に帰りました。




氷山の一角

テーマ:

東京都のロボット産業活性化事業の公募に採択され、1月から案内ロボットの開発に取り組んでいます。

 

昨年11月に墨田区でオープンした「すみだ北斎美術館」を舞台に、現在、10月と12月に実証実験を行う準備を進めています。

 

{15B436D1-5A61-4AC8-A35E-A542A8B280B2}



3つの組織が共同でこのテーマにあたっているのですが、私の会社は案内内容、つまりロボットにしゃべらせる内容を担当しています。

 

「すみだ北斎美術館」の常設展の前室には、さりげなく数点の展示が行われています。

 

実はその展示内容は、オペラで言うと「序曲」に相当するくらい密度の高いものです。

 

前室の内容をどう楽しめるかが、常設展の内容を楽しむための大きなポイントになっているのです。

 

その部分を「ロボットで案内」するわけです。

 

展示内容を調べれば調べるほど多くを語りたくなります。

 

相手が葛飾北斎ですから。

 

そうは言っても、案内ロボットに、そんなにだらだらとしゃべるわけにはいきません。

 

1分くらいの間に、耳から入る情報だけで、来館者に満足していただく必要があります。

 

インパクトのあるキャッチコピーとは違い、説明内容に実体がなければいけません。

 

このために、信頼できそうな本を何冊も読むのですが、表に出せるのはほんの少しです。

 

これまで教育用ビデオを1万本以上制作してきましたが、それとは違う難しさがあります。

 

1分か2分の内容に「力」を持たせるには、その何倍、何十倍もの引き出しを用意し、伝えたいことの勝ち抜き戦をして絞り込まないと、底の浅さが見えてしまいます。

 

見えてしまうのはかまいません。

 

でも、仕事に取り組む姿勢としてはそれではだめだと思いませんか。

 

全室には、北斎最大級の作品「須佐之男命厄神退治之図」が掲げられています。

 

この作品は関東大震災で消失しました。

 

それを1枚の白黒写真をもとに、凸版印刷が中心となり2年の歳月をかけて復元しました。

 

その復元過程の妥協の無さには、すさまじいものがあります。

 

展示作品をみると、そのすさまじさは簡単にはわかりません。

 

しかし、復元作業がそこそこであったなら、復元作品の前で足を止めさせる「力」は無かったと思います。

 

その復元過程から、今更ながら、仕事への取り組み方を学ばせていただきました。

 

このことを少ない言葉で案内ロボットに伝えさせることが大きな課題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦半島は、新鮮で美味しい食材が豊富なので、浦賀で過ごす時の夕食は楽しみです。

食材の調達に良く行くのが、横須賀ポートマーケット。

魚、野菜、肉は、ここで調達します。

ポートマーケット内の「横須賀晃進」は、安くて美味しい肉が手に入るお肉屋さんです。

ここで、3種類のステーキ用肉を買って夕食と言うのが月に1回の楽しみになっています。

今回は、長野産牛の友三角、葉山牛の肩ロース、山梨県産牛のザブトン。

{014560C4-97C7-4E23-A895-20BAD574D930}



赤ワインを飲みながらの食べ比べです。

これでもファミレスのステーキより安いからたまりません。