引き篭もりSprinter。教養人とはなんだろか。

引きこもりだったけど今陸上やってる。
なんだかんだ言って実業団選手。

書き溜めたメモを書き込むだけの簡単な作業。 たまには日記も書くよ。

テーマ:
師長に話した今日。
本当に自分らしい生き方をしたいと思えた瞬間。

自分の出来ないことを無理にしようとする人生、自分を何ものかに当てはめようとする人生。

それとは違った人生。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
理想の自分ってのはどんなものなのかについて。

というのも、ここ最近めっちゃモヤモヤしてた。
それがなんなのかについては深く考えない。
それは基本的に問題解決において自分自身のみで答えを出すってのを避けるようになったから。


だからこのモヤモヤについてかなり理解が浅い。

なもんでちょっと考えてみた。




基本的にはこのモヤモヤは一貫したものでは無い。
常に生活の形容によって変化し続けていて
その時々に自分が必要とするものが獲得できないことに対する悶々とした感覚がモヤモヤのそれ。
それは例えば生活面で言う給料とか、、、
そういうもの


んで今、自分が悶々としている最も大きな理由が「理想の有無」

基本的に今までは存在する理想を実現できないことってのが大きな理由だった。
だからその理由を認識するのは容易なことで、どうその問題を解決するかについても簡単に答えが見つかっていた。

だけど今回のはそもそも理想が無いという事を起点としているから
かなり発見には時間がかかった。(10分くらい)


んでどうして今回これまで当然に生起し続けてきた理想がなくなってしまったのか。

その要因として考えられるのが生活環境の急激な変化が止めどなく続いたことにより混乱を招いてしまったことにあると思われる。
この一年近くの間色んな変化があった。
精神面においても生活面においてもこの一年間でガラッと変わった。
生き方についての考え方は過去とは全く違うものとなり、
過去の自分や理想は今や使い物にならないガラクタと化した。

そのため、本来であれば「新しい理想」「新しい自分」について気づき、生み出していかなければならなかった。
だけどもそれが上手くいかなかった。
それは過去の理想が弊害になったいたらしい。


かなり色んな人に言っていたけど昔は「ハンデを抱えた人の救済」が理想だった。
例えば引きこもりの社会復帰を手伝える会社を作りたい。といったもの。
だけど人生の経験の中でその理想はゴミ箱に入っていった。



ハズだった。
なのに何故弊害になっていたのか。
それは紛れも無い自分の歴史だからだ。
「ハンデを抱えた人の救済」というのは引きこもりであったという経験が根拠になっている。
その他諸々の理想も同様だ。
引きこもりであったというのはある種の誇りであったのだと思う。
だからこそ、それを持ち続けていたいという自分がいて
何をするにも「引きこもり」が関連づけされてしまい、
一つの枠のうちから抜け出せなくなっていたのである。
それが即ち自分の納得のいく理想の発見に至らなかった理由であろう。





さてこの問題はどうしたら解決されるんだろうか。
まずどういうプロセスを経て理想というものが完成に至っているのだろうか。
それは基本的に誘導によるものであると推測してる。
人と話したり、人が会話しているのを聞いたりしていく中で
自分の中で理想なるものが無意識的に形成されていき、
会話をしたりしてアウトプットされる事でそれが顕在化していくのだと思う。



ってことで人と話します。













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今の私に「ブログを書くか?」
という問いが降ってきたとしよう。
私は恐らく「書くか書かないかで言えば書かないであろう」と答えるわけだが、ここで一つの疑問が湧いてくる。
「何故私はこの記事を書いているのか」である。
「書かない」と書いているのにも関わらず書いているのだから「書いているから」と言う単純な答ではとてもじゃないが答えきれない程の問いであることは言わずともわかるはずである。
恐らくこの二つの事項の間にあるあらゆる分節を無視する者にとってこの問いはとても簡単な問いに思えるかもしれない。
しかしながら、この事に対してなんの違和感も持たぬ者に対して私はこの文章を書いていない。

つまり、どういう事か。
どうでもいい。
なんだこの長々しい文章。
どうでも良いわ!!!馬鹿!!!バーカ!!
馬鹿が!馬鹿が!馬鹿が!!



良いか!良い事を教えてやる。
考えれば考えるほど良い考えや答えが生まれてくると思ってたら大間違いだ。
そしてだな、生起された言葉
すなわち直感的に脳に浮かんだ言葉や直感的に導き出された言葉と問いとの間にある所以を考える事は言ってしまえば過去について思い出している状態となんら変わりはないのだよ。
つまり、非進歩的思考であって更に言えば青春の思い出を思い出してニヤニヤするあの思考内オナニープレイと同レベルのチンポコチンチンって事なんだよ。
なんで過去の事について思い出してニヤニヤする事を非進歩的だとするのかって?
それは私達の過去とも思える経験達は今の私達の経験ではないからだ。
何故そう言えるのか。
それは私達が常に変わり続けたった一秒置きの間にも過去の自己とは違った自己が成立しているからである。
すなわちそれは「一秒前の自己は他者である」という意となりえる。

という事で私は何も考えず(考えてないつもり)で生きています。
割と楽しいよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
沢山の宝を持っているのに,それを無駄にしている自分ってどうなんだろう。


やることが多すぎてと言ってしまえばそれでおしまいだけども,
もしできるのならば才能の全てを大きくも小さくも世の中に反映したいのが正直なところ
でもそれをするには本当に沢山の時間が必要だし,努力もしなけりゃならない。
持ち合わせた才能を全て引き出して表出させるなんてのはやっぱり非現実的なのかもなあと思うわけですよ。

陸上もやれて動画編集の仕事もやれて勉強もやれている今に感謝するしかねえよなあ。
きっとこれが今の俺の限界なのだろう。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっぱ昔から少年犯罪とかでも被害者視点で見ながらも加害者側視点でも物事を見てしまうが故に他の人の意見と合わないこととかよくあって,「なんだかなあ」とか思ってました


刑務所を単なる償いの施設だと社会が認識している限り進歩的な考察は進まず加害者も社会問題における末端的被害者なのだということを認識が遅れてしまう。


二人の末端的被害者を社会的に葬るだけの世界ではあってほしくない。
人は気付かぬが、人が犯したのならば人が悪いなどという理解は短絡的過ぎる上に,人は人を殺める可能性を内包しているという事実を認識していないが故に刑という間接的な形で既に人を殺めてしまっている。
死刑反対という訳ではないのだが、刑罰若しくは刑期を単なる償いの時間とすることが実は影に埋もれた非人道的行為であるということを認識してほしい。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日ボーリング行ったんだけどね,大学生達が貸し切り利用してたんですよ。
そこで一句思いついたわけです。




自世界の表出は異常性を帯びて他者に認識される





例えば格好つけの振る舞いをする人のことを言ってる.
もっと言えば,脳内において創りだされた実世界とは異なる自己を半意識的に表出させ,振る舞うことは他者にとって自己と異なる情報であり、そのような情報は処理する際に慎重に扱われるからである.
これ以上は説明めんどい



簡単に言えば,チャラチャラした大学生ウザいってことよ。
そしてそれがウザいと感じるのは,
自分と異なる存在であるのと同時に,自分と関わりのない存在,すなわち警戒すべき他者であるからと言う話。

意味わかんねえよな。

おれはいつも人の原理を考える時人間としてではなく動物として考える。
だからあまり通じないのも無理はない。
たぶん,本当はその動物の例えで説明するのが一番わかり易い例えなんだろうけど,
それをしようとしないというクトは多分理解されることに対してあまり興味がないのだろう。
けど,それならなぜブログに書く必要があるのか?って話になる。
けど,わからんよね。
別に自己顕示欲って訳でもないわけだし。
まあそれも含めて探りましょう。


ああああれれ??
案外簡単なものだったかもしれない。
まあまた今度書こうかね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



忙しさというものには「蓄積」というメリットがあり、それに対極する退屈さは「放出」というメリットを持つ、これらは共に適度な割合でバランスをとりあい扱えば適度な幸福感を生むものとなるのだが、バランスを崩し適当さに欠けた場合には大きなデメリットとして働く.
そしてこの両者はそれ単体ではメリットして働かず、両者の調和によって幸福感を生むものである.

このように調和と共に中心点に注目して適切さを追求していく働きが幸福追求には必要不可欠である.

しかしながら中心点への到達は難しくその術は唯一ただ只管削られ磨かれることにある.

わかる?
例え話も書いてみようと思ったけど,くだらんからもうやめた.
面倒なことをするのは辞めにしようかと最近思いはじめてしまったのですよね.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
我々は承認というバッテリーが装着されていると思うわけです.
ここで言うバッテリーとはすなわち「やる気」というやつであります.
とても単純な理論ですね.
承認されるとバッテリーが増え、次なる承認へ向かうのだが
承認されることなく時間がすぎれば次第にバッテリーは減退していき
バッテリー切れを起こす.
その後はバッテリーブーストのような「不意の承認」が起こらない限り
次なる承認へは進めなくなる.

だからなんだ.って話なんだけど純粋に人を見ていて思った.


常にバッテリーを充足状態に保とうと、
自発的に承認を受けようと働きかける人が身の回りに数人いるのだが
その働きかけが想定外にも承認されなかった時
その人は少し落ち込む.
つまりバッテリー充電にはバッテリー減退を誘発させる若干のリスクも伴っているのです.


そう.
Iphoneの充電器みたいにね(充電器に接続していたはずなのに朝になると充電されてなくて電池が残り13%だった時みたいな感じ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は今、

人を馬鹿にしてしまうような愚かな私に人を馬鹿にする資格はあるのだろうか.

という文をここに投稿しようと思ったのだが、
ふと思う.
「資格ってなによ」


資格というワードを聞いて浮かぶ代表的なものは
運転免許証や医師免許などのようなものでしょうね.
これらのものから簡略的に考察するに
資格とは「ある行いを行えるという証明」であると考える



・・・
だからなんだよw
こんなの辞書調べりゃ簡単に出てくるのに何で長々と書いた文章全消しして書いちゃったんだよ
もぅマジ無理.リスカしよ・・・

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。