はじめての 「 色ゴス 」

テーマ:

有田焼「研究科」として毎月1回 勉強にいっています。


今日は初めて「色ゴス(みどり)」をつかってみました。


ゴスとは 「呉須」と描き、

染付の時に使う絵の具の名前です。

ゴスも焼いた後と焼く前とでは色が違うので

焼き上がりの完成がまったく想像できません。(+o+)



焼き上がりがものすごく変??か、逆にかっこいいか??

ドキドキのところですが、

今日の工程を。。。



まずは 金茶ゴスで線描き

黒いところは墨。

墨でかいたところは焼くと墨がとれて白抜きになります。







徐々に色をくわえて・・・



金茶ゴス(茶色っぽいところ)

みどりの色ゴス

下絵ゴス(写真ではグレーのところ。焼くと紺色に)

の三色でグラデーションをつけていきました。


淡く?いや、はっきりと??

などなど考えるまもなく勢いで描きました(^o^)



AD