げんかつぎ

テーマ:

私立高校、私立大学の合格発表の時期。

あと1週間もすると、国公立大学の前期日程があるし、

その合格発表のころには、県立高校の入試がある。


こうなってくると、ちょっとしたことにもものすごく気を遣う。

すべった、とか、落ちる、など言ったら大変!

消しゴムがころころと机から転げ落ちても、

「消しゴム、落ちたよ。」

とは言わないで、

「消しゴム、そこにあるよ。」

と言わなければいけない。


受験生の親としても、

すがれる物には何にでもすがりたくなる。

にわか信者にでもなりたい気分になる。

いいと言われれば、ちょっとした「げんかつぎ」もついやってしまう。

たとえば、靴を履くのは右足から(あるいは左足から)、とか、

前日にはカツ丼(試練に勝つとかけて)を食べる(ほんとは消化に悪いらしい)、とかなら一般的だが、

試験当日にはうどんを食べる、りんごを食べる、水を飲む、などと

個人的なおまじないも「これは効く」と聞くと、試してしまう。

最近じゃ、

「この洗濯物、1回も落とさないで全部干せたら合格」とか

「この洗い物、10分以内に全部洗えたら合格」などと

訳のわからないげんかつぎ(と言えるかどうか怪しいが)を自分で作り出してることに気付き、

え~~、ここまで追い詰められてるの~?

と反省すること多々。


別に運命は変えられないと思ってるわけではないが、

ある程度は物事は、なるようになると思っている。

努力するのは無駄、と言ってるのではない。

努力すればその分なんとかなる、と思う。

努力すれば、絶対報われる、と信じて、

これからの3週間を過ごしたい。

AD