~起業・離婚・不動産~ 鎌倉・湘南 40’女性のお金専門家の小山智子です。

 

 

メディア実績はこちら→

個別相談でできる事はこちら→

起業女子のためのお茶会します→

毎日がワクワクしてくる♡「ライフプラン表」がサクッとできる無料ダウンロードはこちら→☆

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

平成28年度 小規模事業者持続化補助金に採択されました!!

皆様いつもご訪問いただきありがとうございます。
これからも女性のお金を元気にする活動に邁進してまいります。
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

●大学生の国民年金保険料の支払い

 

日本には「公的年金制度」があり、国民年金機構HPには次のように記載がされています。

 

公的年金には、3種類あり、日本国内に住所のあるすべての人が加入を義務づけられています。その人の働き方により加入する年金制度が決まっています。

国民年金・・・ 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。 厚生年金・・・ 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人。 

共済年金・・・ 公務員・私立学校教職員など。

(国民年金機構HPより)

 

国民年金は日本に住所のある20歳以上は加入です。

もちろん学生も加入です。

 

大学生のうちはだれが費用を負担するのか?を考えなければいけません。

 

①全額子供が負担をする。

➁子供と親で負担をする。

③親が全額払う。

 

 

いずれの支払い方も厳しい時は「学生納付特例」があります。

 

 

これは、申請により在学中の保険料の納付が猶予される制度です。

 

利用条件

・本人の所得が一定以下の学生

・家族の方の所得の多寡は問いません。

 

ただし、この学生納付特例は全ての学校・学生が当てはまるわけではありません。

ご自身は学生納付特例が利用できるのか確認が必要です。

 

国民年金は老後の年金のためだけじゃありません。

 

制度を正しく理解して、損のないようにしましょう。

詳しくはお近くの年金事務所、通学中学校の学務課へお問い合わせください。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

最新情報をお届けしています。

ご登録はこちらからどうぞ

 

 

アメンバー限定で離婚備忘録書いてます。

よかったら申請して下さいね。

アメンバー募集中


 
  国から50万円もらえる補助金募集始まりました!!
 ●4/21 4/28【募集中】補助金の話も聞けちゃう「起業とお金講座」

 

 

 ご提供メニュー 
ノート 講座・お茶会 開催情報

  ◆4月19日(水)お金がニガテでも大丈夫!「起業とお金」~開業届・確定申告・扶養~のお茶会


ノート現在ご提供中のメニュー
  ・ 勉強会・講座
  ・ 個別相談

ノート  ビジョンノート作成会(ホロスコープ付き) @関内シェアサロン

ありがとう お客さまのご感想
メール お問い合わせ
Skype スカイプによる受講も可能です。
facebook Facebook
 

 

 

 

AD