最近、自分のことがよくわからなくなってくる。


普通のことが私にはできなかったり、


当たり前のことがわからなかったり、


仕事のこと、将来のこと、感情面、


自分の考えが行き場を失って彷徨っているみたい。




私は昔から涙もろいくせに、いざという時に泣けない。


ちょっとしたことでくよくよするのは、誰に似たのか?




ゆっき~☆先生が、昔日記で書いてた。


人間って、不幸に耐えるパワーはあるのに、幸せに耐えるパワーがない。


これは私自信で解釈したものだから、原文とは違っちゃうかもしれないけれど。


私が思うに、不幸な時、辛い時って、その状態から抜け出ようと、


自分を奮い起こしたり、前向きになってみようって思ったりして、


「加」のパワーが生まれるんだと思う。


自分が幸せな時って、その幸せを失わないように、


失うのを恐れてパワーが「負」の方向に働いてしまう。


自分が辛い時、他の人の優しさや痛みがわかるし


自分とちゃんと向き合おうとするし、自分をもっと良くしたいって気持ちが強くなるのにね。



今の私といえば…


もちろん、とても幸せ。


だけど、この幸せはとっても不安定。


なぜなら、その幸せを揺さぶるのは自分自身だから。




もしできることなら、一度頭の中割って見てみたい。


私の脳って、どんな構造になってるんだ?


とにかく、自分に自身が持てない。



日本に帰ってゆきに会いたいよ~~~…

AD

全身故障中

テーマ:


日曜日、チャオボーに行った。

ちゃんとストレッチしてウォーミングアップばっちり。

「ほたる(愛板)」を履く。

準備完了。



平地180



グキっ



左の脚の付け根の筋が鈍くうずいた。

左の太ももと腰が硬直。

脚が持ち上がらない。




前から、車に乗る時(中国では助手席は右)に左足から乗るのがちょっと辛かった。

きっとスノボーしすぎで筋肉が極度の緊張をしているのだろうと思っていた。

そのうち治るだろう、と。

実は筋肉が伸びてしまっていたのだ。



そうとは知らずに思いっきり伸ばしたり縮めたり。。。

どうりで痛いはずだ。



歩くのもままならないのだけれど、板の上なら腿の上下運動がないから

問題ないだろうとゆっくり滑ってみた。

2回滑って問題ないことを確認すると、何を思ったかコブを飛んでしまった。



そこで悲劇は起こった。



うまくリップを抜けたのだけど、左足を引き寄せられずにバランス失調。

右肩、右腰から落下して顔面着地。

一瞬コンタクトぶっ飛んだのかとも思った。


そしてあえなく担架で運ばれる。

うげーーー、超恥ずかしい。

チャオボーで担架で運ばれるの2回目だよぉ。


病院で診てもらって、1、2週間で良くなるとのこと。

安心安心=3


ウケるのが、MODIが腰痛めたときに薦められた薬と

今回医者が処方してくれた薬、全く同じもの。

西蔵の薬草湿布なるもの。1枚15元。高けーーー。

(でもそらにゃんは保険下りるので免費♪)



ああ、お父さん、お母さん。

大したことないから心配しないでね。

今日はもう普通にとはいかないけど歩けるので。

でももうすぐ保険切れちゃう~~~~~>_<

AD

傷脳筋!

テーマ:


今住んでいる素晴らしいマンションの契約がそろそろ満期になります。というか、本当は6月までなんだけど、諸々の事情で家賃は3月半ばまで払い、大家には引き払う旨を伝えました。




今、家探し中です。




これまでに見た物件は4件。




不動産屋さんはとても親切であれこれ探してくれるんだけど、今のところ気に入る物件はなし。てゆーか、こんなとこに人住めるか? っていう部屋が多く、バスルームはどれも旧式でもちろんセパレートにはなってません。1畳にも満たない狭いトイレの天井から管が出てて、そこでシャワーを浴びるというもの。シャワーヘッドはついていません。フツーの管がコの字についているだけです。




まぁもともと中国の人は頻繁にお風呂入らないから、後で取ってつけたような申し訳程度のシャワーしかないのもわかる。しかも上限1500元でそんなにいい物件が見つかるわけがない。だけどどの物件にも共通するのは、なんであんなにセンスない? 愛着もってるのか? もっとキレイにすれば住みたい人も増えるし家賃だって上乗せできるのに(上乗せされたら私は困ってしまうのだけどね)。流しとガス台が分かれてるのもあった。電気のスイッチは5つあるのに4つは空で1つつけると3箇所の電気が一気についたり。




ウケるのが不動産屋さん。1500だって言ってんのに、東三環だって言ってんのに、なんで故宮の隣!? なんで1900の部屋見つけてくるかなぁ。相談の余地もありませんからっ。





ということで、部屋探しは難航しております。買房算了?

AD

ニキビが大量放出したことは前にも書いたけど、いまだに治っておりません。

チーン



それどころか、こんどは右目にメンボーできて、鼻の下にもなにやらできものが。当然、表歩けません。こんな形相、間違っても誰にも見せられません。



なのにHSKエントリーのための写真撮らなくちゃいけなくて、ひどくなる前に撮っておけばよかったのに、明日まで延ばせるモンは延ばしてしまうタイプの私は今日の今日まで写真撮ってなかった。でも申し込みは明日まで。万事休す!



だからもうコレはギャグにしちゃおうと思って、ブチめがねにノーメイク、パンキッシュなヘアスタイル、挑戦的な眼差しで撮ることに。そして大成功! 我ながら良い出来です。二度と見たくない写真の出来上がり~~~★ こんなんでいい成績なんぞ取ろうもんなら、その輝かしい証書にこの廃人写真が載っかっちゃうわけね? 絶対勉強しねーーー。

寝る子は育つ

テーマ:

昨日は




寝たぁぁぁぁぁ~~~~~~~~


16時間、ぶっちぎりで寝ました。普段8時間きっちり寝るから、2日分寝ちゃった。




寝る子は育つと言いますが、本当に1日分老けたカンジ。



最近残業が続いてるから、たった1日の休みじゃ逆に疲れるだけじゃーーー! このボケ~~~! と誰にでもなく当たってしまいたくなる。




そ・し・て・




今まだ熱烈残業中。




そら、ごめんね、お腹すいたでしょ。




もものエサでも失敬してらっしゃいな。



我要吐血了!

テーマ:

忙しい、というのは何の理由にもならないし、「時間は作るものだ」と自分で言っている手前、仕事やプライベート諸々を理由にするのは本当に意に反するのだが、




すっげーーーーーーーーーー忙しかったの!!!!! (‘д’∥)




昔、同僚が目が回るほど忙しくなってテンパりはじめると、口にしてたのが


「我要吐血了!」  だった。 そのキモチ、すっごいわかるよ。




今月は本当に忙しかったのだよ。取材数、計算はしてないけど、通算20件はあったね、カクジツに。ブログもずっと書きたかったんだけど、家に帰るとどざえもんよろしく眠りこけるほどだったからね、1週間も間空けちゃったよ。


かと言ってずっと書きたいって思ってたことは今まだここで書くとマズイことばかり。時効が過ぎる来月初めまで温めておきやしょう。

狂犬病のワクチン って、生活上あれこれ制限される上に、すっごい副作用があるんだな。これは人によって違うのかもしれないけど、私の場合、魂が体から抜けてしまったような脱力感に襲われます。


朝から晩まで、何していても、目がすわっていて隣で離しかけられても思考が働かない → 「うん、うん、」とうなずくだけでもダルい → だからできれば1人にしておいてほしい → でも1人は寂しいな~~


とにかく、寝ている時間が、ああ、私生きてるんだ、と実感できる唯一の癒しタイムです。でも、これでいいこともあるはあず。タバコ、お酒、辛いもの・・・全部全部やめなきゃダメで、これまで禁煙―喫煙を繰り返してきた私にとって、鶴の一声なるドクターストップはかなりの説得力。これでホントにやめられたらもうサイコーですわい。はっはっはっはっはっ

昨夜のできごと

テーマ:

昨夜は同僚がうちに遊びに来てて、3人で仲良くルームメイトが作ってくれたトマトソースのフェトチーネをもりもり食べていた。赤ワインなんか開けちゃってね。たしかに水が多かったけど、おいしかったよ、モモママ。


SABU を見始めた頃、事態は急変。


昨日の午後、馬場で「くまさん」みたいなデカい犬に咬まれたのをそのまま放っておいたのに気付き、ルームメイトに話したら、「あんたそれ24時間以内に病院行かなあかんでー」と言われ、そらにゃんいきなりパニック状態。


24時間以内・・・



もう30時間も経ってるじょーーー(‘д’∥)



時過ぎてたから行きつけのクリニックには駆け込めないし、住んでる区の防疫站の電話回線込み合ってるし・・・本当にちょっと怖かった。


ルームメイトによると、「中国の犬=狂犬病」らしくて、咬まれたら絶対にワクチンうたないとダメなんだって。なんか、そうこうしてる間にも狂犬病の黴菌が傷口から広がり、私の体を蝕んでるような気がした。


114で崇文区の防疫站を調べて電話したらやっと連絡が取れ、パジャマのままタクシーに乗り込む。タクシーの運チャンは、



「アンタ、本当に注射しに行くんかい?」



と目を真ん丸くして聞いてくる。おい(怒)、余計怖くなんじゃねーかよーーー(激怒)==3  ワクチン打つことがそんなに恐ろしいことなのかなぁー。


でも運チャンの気持ちもわかるよ。着いてからわかったんだけど、この防疫站は狂犬病のほかに、結核性病などのおっとろしいビョーキのワクチンポイントでもあったのだ。なんか周辺がドロドロ~~~と陰気臭く感じた。キョンシー出てきそうだったよ。


ワクチンは2種類の薬を5回に分けて打つ。

348元ッスよ、348元んんんんん! だけど348元ケチって狂犬病にかかったりしたら恥ずかしすぎて街歩けない・・・・・・


防疫站では注射してもらえないので近くの病院に行かなくてはならなくて、近くの急診へ。なんとか注射も打ってもらい、体から抗体オーラがビョ~~~ンって出てきてる気がした。でもこれから1カ月間、お酒、タバコ、コーヒーや濃いお茶、コーラなどは禁忌となり、仙人のような生活を強いられるそらにゃんであります。


そんなこんなで、前回の手術といいCTスキャンといい、最近本当に多難なのだ。日頃の行いがよすぎるのも問題なのか。


とにかく、あんな夜遅く(夜10時)にあんな場所(結核や性病)に付き添ってくれたお2人方、ありがとう。噛み付いたらゴメンね。