工作

テーマ:

工作(ゴンズォ)じゃないよ。コウサクだよ。



FamilyBoxで、初めてのクラスに参加してみました。

本当はダンスだけ受けたかったんだけど、この年齢の子供はアートクラスとダンスクラスが25分ずつ組み合わされたクラスしか参加できないとのことで(入会した時と話が違うぞ!プンプンプン\(*`∧´)/)、まだエマには無理だと思ったけどとりあえず参加してみたという次第。


この週のテーマは「皇室」だそうで、シンガポール系?マレー系?とにかくアジアン顔した英語を話す先生が、いろんな国の王様や皇帝、王冠、お城などの写真を見せてくれました。もちろん、エマ全然興味なし。


エマは教室にいるのすらイヤみたいで、パパがいる外に行きたがるのを、ぼうろさんの力を借りて何とか席に座らせるので精一杯。


厚紙に糊塗って、粘土ベタベタくっつけて、お城の形をした色紙をのせて…と、この工程、もちろんすべて私がやりました。エマが参加したのは緑の「草」を1枚ペタってやっただけ。あ、あと大事なフラッグはエマが立ててくれました。


なのでこの作品には全く情も思い出も感じないから家に飾るのもナンだけど、なんだか捨てられず、車の座席の後ろで直射日光浴びてます。エマもペタってやったやつだもんね。


そらにゃんのあしあと


ちなみにダンスのクラスは、女の子はバレエのチュチュを着せてもらいました。

Gパンの上からでいいよ、と言われてちょっと興ざめしちゃったけど、それでも可愛かった~~~~~!

写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。

欧米系の女性の先生がノリノリでやるんだけど、やっぱり中国語の訳が微妙な「間」を作ってしまい、イマイチ盛り上がりには欠けたものの、エマはなんとなく楽しそうにお尻フリフリしてました。

AD

パパ大好き

テーマ:

最近、二言目にはパパのエマ。


きっとModiが、エマにはいい顔するからだろう。だって、全然叱らないんだもん。


お陰で私は、パパがいる時には「不要」と言われてしまうヒト。



車の中でどうしてもグズっちゃう時、おやつをあげるよりも効果的なのが、コレ。


そらにゃんのあしあと


パパが載ってる雑誌を与えること。


食いつくようにして写真を見ます。


指差して、「パパ、パパ」と教えてくれます。




ちなみに、マイケルジャクソンのDVDを観せても「パパ、パパ」と大はしゃぎ。


以前は、Shrek観てパパって言ったらどうしよう…と心配していましたが。

AD

都会のオアシス

テーマ:

日本にいる時も、ヒマさえあればあちこちの公園めぐりをするほど公園好きで、公園遊びにロマンを感じている私だけど、Modiが連れて行ってくれたこの“公園”は、とっても素晴らしかった!


何が素晴らしいかって、人が誰もいな~~~い~~~。



というのも、ここは本質的な公園ではなく、高級マンション(未完成)の敷地内にある庭。東京ドーム半個分の広さは、ほとんどが緑と水に囲まれた癒しの場所。ちょっとした遊具にベンチ、それからガチョウや黒い白鳥(黒いんだから黒鳥??)までいて、このマンションの分譲発売センター(私命名)は高級感たっぷりの英国風。さすが、見てくれだけはよく真似たな、と関心してしまう造りになっている。


曰く、このマンションが完成した暁には、ここは市が管理する公園になるのだとか。今はマンションの付属施設みたいな顔してるけど、マンションが売れちゃったら誰でも自由に出入りできる普通の公園になるのだそう。…きっとガチョウや白鳥も、レンタルなのだろうと想像してやまない。


とにかくこの場所、期間限定のオススメスポットです。



そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと

AD

やっぱり。。。

テーマ:

やっぱり1ヶ月以上もサボってしまった。


ま、誰も見てないブログだし、いっか。



って思ってたんだけど、私の知っている人で世界一三日坊主なインドのあの人がコンスタントに更新しているのを見て、私も負けてられないっ。っといきり立った次第です。


今日は5月18日。えままの2歳のバースデーへのカウントダウンが始まりました。



思えば1年前。

早く2歳ぐらいにならないかなーーーって毎日のように思っていた。

ハイハイもまだ上手にできないし、なかなかまとまった昼寝もしてくれないし、

髪の毛も全然伸びないし、危ないことしたがるし、、、

なーーーんて悩みが尽きなかったあの頃。

でも今思い起こすと、スムーズに卒乳してくれたし何でも食べてくれるし、

お風呂大好きだし愛嬌あるし、お客さんにちゃんと(自分なりの)挨拶するし、

いつのまにか朝まで寝てくれるようになったし、

とにかく今まで元気にスクスク育ってくれたと、感謝の気持ちでいっぱい。

ツライ、しんどいと思う時期も、過ぎてみればほんのわずかな間だけだし、

その時間さえも今は愛しく思えてしまうから、子育てはやめられないっ。



えままに教えることは山のようにあるけど、えままに教えてもらったことは星の数ほどあるよ。

えままがいたから今まで頑張ってこられたし、えままがいるからこれからも頑張ろうって思えるよ。


早く、鼻水治るといいね。

石家庄

テーマ:

えままの曾おばあちゃんに会いに、河北省は石家庄へ行ってきました~。

実は私も会うのは初めて。

石家庄自体は2度目だけど、埃っぽくて全体的に黄土色なイメージの街。

省都なだけに、中途半端な栄え方で道路には車線ないし、運転マナーは北京より悪いし、

親戚がいなかったら行きたいとは思わない都市でした。


今回は、その曾おばあちゃん(モーディのお母さんのお母さん)の94歳のお誕生日のお祝いで家族総出です。

写真では見たことあるけど、初の対面にドキドキ、そして、なぜか涙ぐんでしまいました。

きっと、温かくて穏やかな笑顔に、ホッとしたからでしょう。


そらにゃんのあしあと


えままも一生懸命「おばあちゃん、どうぞ」と、みかんを口に運んであげていました。

今のところ、思いやりのある子に育ってくれててありがとう。

おばあちゃんやみんなも大喜びだよ。


おばあちゃん、お誕生日おめでとう!



えままは、いとこのお姉ちゃんにも熱烈なハグ。
そらにゃんのあしあと


モーディのお母さんは9人兄弟だから、いとこもそれはそれはたくさん。

叔母たちの年順を覚えるので精一杯よ。

そしてこのいとこの子も、名前も誰の子かも、よくわかんなかった…


そして、石家庄から車で1時間ほどのところに、それはそれは素晴らしい温泉があるので行ってきました。

露天風呂は泳げるぐらい広くて、漢方シリーズや、湯に浸かりながら将棋が打てるお風呂や、お魚さんに体の角質(?)を食べてもらうお風呂、本気のプール、子供用の公園風お風呂、波まで出るビーチなど、本当にもりだくさん。

これで食事がもうちょっとまともなら、言う事なしです。


そらにゃんのあしあと


あれこれ浸かりすぎて、茹だってる私。


中国の温泉は、ほとんど混浴なのかしら?

もちろん水着着用で。こっちのほうが楽しいかも。

北京動物園

テーマ:

春爛漫の行楽日和、家からすぐのところにある北京動物園へ行ってきました♪


でも、目的は動物じゃないの。

モーディは、エマに檻に入った動物を見せるのがいやみたい。

動物たちが、野生ながらの生活を営む光景ならともかく、狭い檻に囲まれて退屈とストレスに苛まれている動物を見せても何にもならない、とな。

まぁ言いたい事はわからないでもないし、私も動物園の動物を見るのはあまり好きじゃないので。


この動物園には運河が流れていて、その両脇には芝生が広がっているので、そこで日向ぼっこするのが今回の目的。

準備万端なモーディさんは、iPod専用のスピーカーも準備。これで乾電池も購入済みだったらよかったんだけどね。

ゴザとおやつも持って、いざ動物園へ!


園内には、桜も咲いていました。



そらにゃんのあしあと


満開とまではいかないものの、7分咲きというところかな。

桜の枝を折って写真撮ってる若者を発見。ムカついた。桜を折るな!



そらにゃんのあしあと


ポカポカお日様の下でピクニック~


そらにゃんのあしあと


えままも大喜び。知らないお友達と一緒に遊んでる、フリ。

そらにゃんのあしあと


あまりの心地よさに、ひとり夢の中の母。

その横でせっせとトレーニングに励む娘。

そらにゃんのあしあと

そしてえままもグーzZZ



黄砂がなかったら、北京の春はもっと素晴らしいのに。

本気で木を植えて欲しいと思った春の午後でした。

ここはどこ?

テーマ:

今日はモーディが車を見に行くというので、私とえままは車市場の近くの小区にある「児童楽園」みたいなところで時間つぶし。


きっと、大きめの小区ならどこにでもあろう、「培訓班」(早期教育や塾みたいなもの)に付設されているプレイルーム。

なんだけど、さ…さむい……(((( ;°Д°))))

吹きさらしのガラス戸入ってすぐがプレイルームで、もちろんエアコンなどは入ってなくて、しかも暗い。

人っこ一人いないプレイルームに原色の遊具が寒々として…哀愁さえ覚えたぜ。


そらにゃんのあしあと

1時間10元。高くはないが、安くもない。だって、すんごい寒いんスよぉぉぉ~。

電気は一応点けてくれたけど、白けた感じの蛍光電球が、ますますヤル気を奪ってゆく。

しかも、よよぉ~~~~~く見ると、床のシートには何かのシミ…

きっとこーゆーところは、股割れパンツOKなんだろうな~、誰も見てないからヘーキでやっちゃってんだろうな~~と、想像してしまったことを後悔…


それでもえ、まま最初は戸惑っていたけどすぐに見たことのあるオモチャで遊びだして、結構楽しそうだった。

えままが楽しければいいの。ママは寒くったってヘーキだよ。(ブルブル)


そらにゃんのあしあと

戸惑い気味のえまま。何していいのかわからない模様

そらにゃんのあしあと

一番のお気に入りの車。えまさん、ドアは反対側ですよ

そらにゃんのあしあと

これはもうお約束

1時間過ぎたところで、放課後の小学生(たぶん低学年)が入ってきて、そのうちの一人がえままにすごく良くしてくれて感激。

えままのこと「小妹妹、小妹妹」って、手をつないでスロープを上がったり、滑り台もちゃんと安全に滑れるようにしてくれたり、他の子供を注意してくれて、すっごい助かった(*⌒∇⌒*)

ひとりの時はどう遊べばいいかわからない遊具も、お姉ちゃんが手ほどきしてくれたり一緒に遊ぼうって誘ってくれて、えままは言葉がわからないししゃべれないけど、なんだか通じ合ってたみたい。


そらにゃんのあしあと


だけど、その子と一緒に入ってきたもう一人は、その子がいないところでえままをいじめた。

スロープのところでえままが登ろうとしてたら、上から降りてきたその子は両足でえままのお腹を蹴った。

軽くだけど、蹴りやがった。私の目の前で!

そりゃぁ怒ったさ。すんごい怖い顔して「何すんの!?なんでいじめるの?あなたのママはどこよ!?」

そしたらシュンとして逃げていった。これぐらいの子は、まぁこんなもんだよね。

なんか、中国人のママやおばあちゃんを怒らせたら怖そうだし。


それからもう一人いた!

その子はもっと大きい子で、えままがその子とすれ違おうとしたら、ガン飛ばしでえままに通せんぼ。私は見逃さなかったぜー。

私の視線に気づいたのか、それからというもの私やえままがいる方には来なくなって、たびたび私の様子を伺ってた。


小さい子にやさしくしてくれる子もいれば、いじめる子もいるんだな~って思った。

いつかえままがあの子たちぐらいの年になった時、小さな子にやさしくしてくれたあの女の子みたいになって欲しいなーー。と、合流後モーディと話してた。

でも、えまま本人は、あの二人にいじめられた(いじめってほど大げさじゃないけど)とは思ってなさそう。

私が過敏なだけ??


そらにゃんのあしあと

仲間に入りたいえまま。でも相手にされず(;´Д`)ノ




北京の南半球は相当久しぶりだったんだけど、あんまり好きじゃないなー。

でも、不動産は恐ろしく上がってるみたい。頼まれても住みたくないなー、南には。


そらにゃんのあしあと


南四環に突如現れた、こんなビル。景観や他の建物との釣り合い全く無視。これが中国か。

やっと会えた~♪

テーマ:

北京に帰る日が決まった頃、日本で北京での子育ての情報収集をしていて、見つけたあるひとつのブログ。

私と同じように、中国人の旦那さんをもつママのブログ。

はじめは情報収集のつもりが、そのブログがあんまりにもおもしろくて、日本のパソコンにも、自宅のパソコンにも、ナイナイの家のパソコンにも☆お気に入り☆にバッチリ入ってる。


このブログを通じて毎週火曜日に開かれる子育てサークル「Cocoちゃん広場」を知って、おかげで北京の生活が楽しくなってきたし、時には同じ母親としての喜怒哀楽も同感できる部分があったりで、本当に楽しませてもらっていて。


Cocoちゃん家に行くたびに、あのママさん来てるかな~~~?って楽しみでドキドキしてたんだけど、参加し始めて4回目、ついにご対面がかないました~~~~~о(ж>▽<)y ☆イエイ



でも、話しかける時、すっごい迷ってさぁ。。。

だって、私はあれこれいろいろ知ってるわけで、お子さんの名前や先週どこに遊びに行っていたかまで知っていて、(えーーー、ストーカーじゃん!?でも逐一行動をチェックしてたわけじゃないのよ~~ヽ(゚◇゚ )ノ←必死)

ちょっと引かれたりして・・・と思ったし、逆の立場でも、やっぱり構えちゃう!?

お子さんだって、私はブログで知ってるから親近感あるんだけど、いきなり馴れ馴れしく話しかけても怖がられるだけだし…


数ヶ月越しの対面に、感激しすぎて涙出そうになった。えええーーー、オーバー?

しかも、お子さんが写真で見るよりもっともっとかわいくて、なんか本当に嬉しくなっちゃった。


ありがとう、私にとって、本当にステキな出会いだよ。これからたくさんよろしくね。

龍脈温泉

テーマ:

えままがお昼寝した頃、モーディから「これから温泉に行こう。水着の準備しておいて」との電話。

いつもそう。何の前触れもなくいきなり帰って来て(しかも世間は働いてる時間)、いきなりどっか行く。と。

やっとえままが寝て、夜ご飯の下ごしらえも完了した頃にこういう台風の目がやってくるので、予測がつかなくて困っちゃうわ~(*^ー^)ノ

とウキウキしながら水着やらタオルを準備する私。一番張り切ってるのは私だったりして。


車を走らせて1時間ほど。八達嶺高速をどんどん進んで「小湯山」インターから数分。のはずが…

どうやらインターをひとつ過ぎてしまったらしく、しかも次のインターまでものすごい間隔が空いていて、走れど走れど出口は見えず。。。

こういう時に限ってトイレに行きたくなってしまうのよねぇ叫び

必死で会話して気を紛らせても、生理的欲求は抑え切れません。

ガマンが「痛苦」に変わった頃、廃れた元出口みたいな所を発見、車を停めてもらって青空トイレおかお

ふぅ~~~開放感倍増だわ。よかった、えまま寝ててくれて。


さて、紆余曲折を乗り越えて到着したのは、ボロい体育館みたいな建物に、中国風の門構え。

平日の昼間なのに、結構車が泊まってた。みんな暇なんだなー(ってうちらは!!??)


さてさてお待ちかね。えままの水着姿、本邦初公開アップ


そらにゃんのあしあと


ビキニちゃ~~~んラブラブ

去年の今頃、西宮で購入したビキニ(上)。やっと日の目を見たヮ

(下は水遊び用の紙おむつ。もちろん舶来品)

そらにゃんのあしあと


水の色が黄緑なのは、汚れではなく温泉だからです(信じる者は救われる)

そらにゃんのあしあと


首につける浮き輪が大活躍。持ってきてよかったーニコニコ

水を怖がることなく、すぐに大はしゃぎのえまま。

そらにゃんのあしあと


この笑顔が何よりの報いですドキドキ

そらにゃんのあしあと


奥には砂風呂もあり、パパは埋もれてリラックスタイムDASH!



他にも岩盤浴や本気で泳ぐ人のためのプール、それから魚に足の角質などを食べてもらうお風呂、泥風呂、バラ風呂、死海風呂などなど数え切れないほどのお風呂(これらは料金別途。しかも平日はやってなさそうだった)やサウナ、ウォータースライダーもあって、子供連れでも十分楽しめます。



なので、その後もう一回行っちゃいました。

入場券 120元/大人 50元/子供 (グッとお得になる回数券もありグッド!


そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと