ここはどこ?

テーマ:

今日はモーディが車を見に行くというので、私とえままは車市場の近くの小区にある「児童楽園」みたいなところで時間つぶし。


きっと、大きめの小区ならどこにでもあろう、「培訓班」(早期教育や塾みたいなもの)に付設されているプレイルーム。

なんだけど、さ…さむい……(((( ;°Д°))))

吹きさらしのガラス戸入ってすぐがプレイルームで、もちろんエアコンなどは入ってなくて、しかも暗い。

人っこ一人いないプレイルームに原色の遊具が寒々として…哀愁さえ覚えたぜ。


そらにゃんのあしあと

1時間10元。高くはないが、安くもない。だって、すんごい寒いんスよぉぉぉ~。

電気は一応点けてくれたけど、白けた感じの蛍光電球が、ますますヤル気を奪ってゆく。

しかも、よよぉ~~~~~く見ると、床のシートには何かのシミ…

きっとこーゆーところは、股割れパンツOKなんだろうな~、誰も見てないからヘーキでやっちゃってんだろうな~~と、想像してしまったことを後悔…


それでもえ、まま最初は戸惑っていたけどすぐに見たことのあるオモチャで遊びだして、結構楽しそうだった。

えままが楽しければいいの。ママは寒くったってヘーキだよ。(ブルブル)


そらにゃんのあしあと

戸惑い気味のえまま。何していいのかわからない模様

そらにゃんのあしあと

一番のお気に入りの車。えまさん、ドアは反対側ですよ

そらにゃんのあしあと

これはもうお約束

1時間過ぎたところで、放課後の小学生(たぶん低学年)が入ってきて、そのうちの一人がえままにすごく良くしてくれて感激。

えままのこと「小妹妹、小妹妹」って、手をつないでスロープを上がったり、滑り台もちゃんと安全に滑れるようにしてくれたり、他の子供を注意してくれて、すっごい助かった(*⌒∇⌒*)

ひとりの時はどう遊べばいいかわからない遊具も、お姉ちゃんが手ほどきしてくれたり一緒に遊ぼうって誘ってくれて、えままは言葉がわからないししゃべれないけど、なんだか通じ合ってたみたい。


そらにゃんのあしあと


だけど、その子と一緒に入ってきたもう一人は、その子がいないところでえままをいじめた。

スロープのところでえままが登ろうとしてたら、上から降りてきたその子は両足でえままのお腹を蹴った。

軽くだけど、蹴りやがった。私の目の前で!

そりゃぁ怒ったさ。すんごい怖い顔して「何すんの!?なんでいじめるの?あなたのママはどこよ!?」

そしたらシュンとして逃げていった。これぐらいの子は、まぁこんなもんだよね。

なんか、中国人のママやおばあちゃんを怒らせたら怖そうだし。


それからもう一人いた!

その子はもっと大きい子で、えままがその子とすれ違おうとしたら、ガン飛ばしでえままに通せんぼ。私は見逃さなかったぜー。

私の視線に気づいたのか、それからというもの私やえままがいる方には来なくなって、たびたび私の様子を伺ってた。


小さい子にやさしくしてくれる子もいれば、いじめる子もいるんだな~って思った。

いつかえままがあの子たちぐらいの年になった時、小さな子にやさしくしてくれたあの女の子みたいになって欲しいなーー。と、合流後モーディと話してた。

でも、えまま本人は、あの二人にいじめられた(いじめってほど大げさじゃないけど)とは思ってなさそう。

私が過敏なだけ??


そらにゃんのあしあと

仲間に入りたいえまま。でも相手にされず(;´Д`)ノ




北京の南半球は相当久しぶりだったんだけど、あんまり好きじゃないなー。

でも、不動産は恐ろしく上がってるみたい。頼まれても住みたくないなー、南には。


そらにゃんのあしあと


南四環に突如現れた、こんなビル。景観や他の建物との釣り合い全く無視。これが中国か。

AD

やっと会えた~♪

テーマ:

北京に帰る日が決まった頃、日本で北京での子育ての情報収集をしていて、見つけたあるひとつのブログ。

私と同じように、中国人の旦那さんをもつママのブログ。

はじめは情報収集のつもりが、そのブログがあんまりにもおもしろくて、日本のパソコンにも、自宅のパソコンにも、ナイナイの家のパソコンにも☆お気に入り☆にバッチリ入ってる。


このブログを通じて毎週火曜日に開かれる子育てサークル「Cocoちゃん広場」を知って、おかげで北京の生活が楽しくなってきたし、時には同じ母親としての喜怒哀楽も同感できる部分があったりで、本当に楽しませてもらっていて。


Cocoちゃん家に行くたびに、あのママさん来てるかな~~~?って楽しみでドキドキしてたんだけど、参加し始めて4回目、ついにご対面がかないました~~~~~о(ж>▽<)y ☆イエイ



でも、話しかける時、すっごい迷ってさぁ。。。

だって、私はあれこれいろいろ知ってるわけで、お子さんの名前や先週どこに遊びに行っていたかまで知っていて、(えーーー、ストーカーじゃん!?でも逐一行動をチェックしてたわけじゃないのよ~~ヽ(゚◇゚ )ノ←必死)

ちょっと引かれたりして・・・と思ったし、逆の立場でも、やっぱり構えちゃう!?

お子さんだって、私はブログで知ってるから親近感あるんだけど、いきなり馴れ馴れしく話しかけても怖がられるだけだし…


数ヶ月越しの対面に、感激しすぎて涙出そうになった。えええーーー、オーバー?

しかも、お子さんが写真で見るよりもっともっとかわいくて、なんか本当に嬉しくなっちゃった。


ありがとう、私にとって、本当にステキな出会いだよ。これからたくさんよろしくね。

AD

龍脈温泉

テーマ:

えままがお昼寝した頃、モーディから「これから温泉に行こう。水着の準備しておいて」との電話。

いつもそう。何の前触れもなくいきなり帰って来て(しかも世間は働いてる時間)、いきなりどっか行く。と。

やっとえままが寝て、夜ご飯の下ごしらえも完了した頃にこういう台風の目がやってくるので、予測がつかなくて困っちゃうわ~(*^ー^)ノ

とウキウキしながら水着やらタオルを準備する私。一番張り切ってるのは私だったりして。


車を走らせて1時間ほど。八達嶺高速をどんどん進んで「小湯山」インターから数分。のはずが…

どうやらインターをひとつ過ぎてしまったらしく、しかも次のインターまでものすごい間隔が空いていて、走れど走れど出口は見えず。。。

こういう時に限ってトイレに行きたくなってしまうのよねぇ叫び

必死で会話して気を紛らせても、生理的欲求は抑え切れません。

ガマンが「痛苦」に変わった頃、廃れた元出口みたいな所を発見、車を停めてもらって青空トイレおかお

ふぅ~~~開放感倍増だわ。よかった、えまま寝ててくれて。


さて、紆余曲折を乗り越えて到着したのは、ボロい体育館みたいな建物に、中国風の門構え。

平日の昼間なのに、結構車が泊まってた。みんな暇なんだなー(ってうちらは!!??)


さてさてお待ちかね。えままの水着姿、本邦初公開アップ


そらにゃんのあしあと


ビキニちゃ~~~んラブラブ

去年の今頃、西宮で購入したビキニ(上)。やっと日の目を見たヮ

(下は水遊び用の紙おむつ。もちろん舶来品)

そらにゃんのあしあと


水の色が黄緑なのは、汚れではなく温泉だからです(信じる者は救われる)

そらにゃんのあしあと


首につける浮き輪が大活躍。持ってきてよかったーニコニコ

水を怖がることなく、すぐに大はしゃぎのえまま。

そらにゃんのあしあと


この笑顔が何よりの報いですドキドキ

そらにゃんのあしあと


奥には砂風呂もあり、パパは埋もれてリラックスタイムDASH!



他にも岩盤浴や本気で泳ぐ人のためのプール、それから魚に足の角質などを食べてもらうお風呂、泥風呂、バラ風呂、死海風呂などなど数え切れないほどのお風呂(これらは料金別途。しかも平日はやってなさそうだった)やサウナ、ウォータースライダーもあって、子供連れでも十分楽しめます。



なので、その後もう一回行っちゃいました。

入場券 120元/大人 50元/子供 (グッとお得になる回数券もありグッド!


そらにゃんのあしあと


そらにゃんのあしあと

AD

毎日昼食後にはえままを寝かせるんだけど、寝かしつけてから頭を悩ませるのが、晩ごはん。。。

食べるものはほぼ野菜中心で、たまにお魚も登場するけど、基本的に肉の調理が苦手で…

いつもえままが寝ている隙に下ごしらえをするんだけど、どうしても食べる直前に調理しなきゃいけないものもあるので、えままが抱っこ魔になると全然はかどらない!しかも危ないよ!


なんか、私が料理するのを見ててすごく興味があるみたいで、味見をすると絶対に自分もって言ってくるし、

最近は何も疑わずに何でも食べてくれる。ああ、ありがたい~~~。


お昼に余った玉子焼き(ひじきを煮たやつを玉子とじ!)をテーブルに乗せておいたら、知らない間に半分以上あったのを全部ぺロっと食べちゃった!

そして、その日はにんじんと牛乳だけでつくったポタージュを鍋でコトコト温めていたら、自分でお椀を持ってきて味見させろ、と。

味見しておいしいと思ったらたくさん飲んでくれるだろうと思って注いであげたら、自分の部屋に持って帰ってゴックゴク飲んでた!


最近思うのは、ママの手作りをとっても喜んで食べてくれてるってこと。

2歳にもなってない子供は食べないだろーーって思うような野菜炒めも、パクパク食べてくれる。

一応健康に気を使ってあれこれ考えて作ってるだけに、本当に作り甲斐があるよ。

えままは、いつも私に自信をくれてる。えままが笑っていれば、それだけでいいって思えるんだもん。


明日は何食べようか。ママもっとたくさんお料理勉強して、いっぱいおいしいご飯作るからね!


そらにゃんのあしあと

シュワっち☆

テーマ:
復活を遂げてからというもの、何かと書きたい病のわたし。

本当は写真がたまりにたまってんだよーー。
順を追ってアップしたいんだけど、いつになることやら。。。

エマはキッチン用品が大好きで、陶器のレンゲを見つけちゃったから、
割って怪我しちゃいけない!っと思ってとっさにウルトラマンポーズをやったら、、、

そらにゃんのあしあと

自分にもやらせろ、とレンゲを奪われた。
言うことやること、いろいろ私のマネをするから、子育てってやめられなーーーーーい。

黄砂にふかれて

テーマ:
あったよね、私が小学生ぐらいの時にはやった、工藤静香の歌。
カラオケでこの曲リクエストすると、砂漠にエキゾチックな美女が現れるような映像だったけど、
もちろんここ北京では、そんな絵にはなりません。

朝起きて、まずすることはお天気チェック。カーテンを開けて、空の色を見る。
今日は、まさに「おうどいろ」でした。黄土って書くんだもんね。
お昼前にナイナイの家に遊びに行く予定だったのに、外は砂嵐~~~~~

そらにゃんのあしあと
こんな中歩いたら、10秒で肺が腐りそうです。

でもすることないし、イエイエもナイナイもえままに会うの楽しみにしてるから、
えままにマスク+スカーフの頭巾、私はビクトリア(ベッカムね)調のサングラスで対応。

これから春にかけて、黄砂が北京を襲うでしょう。
そしてその砂は、名古屋にまで飛んでいくそう・・・本当に迷惑ダ!

水族館デビュー♪

テーマ:

き…消えた・・・


絵文字をひとつ消そうとBackspace押したら、前の画面に戻ってしまった。。。がーーーーーん




さて、気を取り直してもう一度!




そうそう。水族館へ行ってきたっていう話。


本当は昨日行きたかったんだけど、えままが長めのお昼寝だったので、次の日に変更。

それが私たちの運命を変えることになるとは、知る由もなかった。


(あーーバカらしい、2回同じ事書いてるよ…)



目当ては何といってもイルカショー。私イルカ大好き!

えままがお腹の中にいる時、「王海豚(海豚はイルカの意)」にしようと思ったぐらい。もちろん却下されたけど。

イルカって、笑ってるでしょ?あれは、笑ってるんだよ。いつも微笑みをくれてるんだよ。


「早い者順でイルカにタッチして記念写真を撮ることができます」と触れ回っていたので、モーディが並んでくれた。

てっきり「早い者順で並んだ人だけ、無償でイルカにタッチができて、写真まで進呈しちゃいます」ということかと思ったけど、蓋を開けてみればここは中国。

お金になるものは何でもマネーにしてしまうことを忘れていた。




並んだ順にまず靴の上から履く使い捨てのビニールカバーをもらって、イルカに触る右手をコットンで入念に消毒。

そしてイモ洗い式に(もちろん私たちがイモ)所定の場所に座って右手をプールの上に伸ばし、

おばちゃんカメラマンにどやされながらカメラマンとは反対の方向からやってくるイルカが手にチュッとしてくれたら、ハイ終了。

賞味20秒ぐらいです。

小さい子供はカメラ目線なんて知らないから、イルカを見ちゃうよね。

参加したほとんどの家庭にこんな写真が飾られていることでしょう。


そらにゃんのあしあと


ママ必死だし!

えまま、イルカ持っちゃってるし~~~!


それでも私は大満足。

見てもいないイルカと撮った「いかにも」写真より、こっちの方がずっとリアルでしょ。

これで80元。

中には、怖くて手を引っ込めちゃう子もいるんだって。

一度引っ込めちゃうと、イルカさんはもうチュってしてくれないから、ニアミスな写真しかもらえないって言ってた。

いいや、持っちゃってても。触ったモン勝ちよ!



そして、私とモーディが今狙っているのは、イルカと一緒に泳ぐ権(480元/人/30分)。

モーディはダイビングのカメラマンだし(専門用語で何ていうんだろ。中国語では水下撮影)、私も北京でずっとダイビングスクール通ってたし、潜るの大好き!

しかもイルカちゃんと30分も泳げちゃうなんて、これは夢!!??

ちなみに子供は8歳から。えままはまだまだ先だわね。



そらにゃんのあしあと  そらにゃんのあしあと


海洋世界って本当に癒される。

こんな小さな水槽でさえすごく大きなエネルギーを感じさせられるんだから、

大自然がどれだけ偉大かと改めて実感。

私も海洋研究者とか、そっち方面に進めばよかったなってよく思うけど、私の頭では無理でした。。。

どんだけ!

テーマ:
またまた1年以上放ったらかし。。。どんだけ放置するんじゃー!ボケ!と空耳が・・・
他のブログに浮気しちゃってました。でも、やっぱりアメブロの方が使いやすいなー。


というか、やっと最近またブログを書こうっていう気になってきた。
誰が見るってわけでもないけど、やっぱり自分の氣が落ちてる時は、何も書きたくないし、書けない。
でもようやく、暗雲から脱出したような気がして来たよ!
今年の私のテーマは「少欲知足」。
その大事さに気づかせてくれた日常を、綴っていきたいと思えるようになったことに、感謝!