最近、mixiを通じて再会を果たした友達がいます。



1人は中学校時代の友達(A君)。


もう1人は大学時代の友達(Bちゃん)。



どちらも、恐ろしく久しぶりの再会。

A君は、北京五輪開催が2年後となった8月8日に

日本でオリンピック関係の報道を見て、

北京にいる日本人を適当に探してみたら、

私にヒットした、というスゴい偶然。


Bちゃんは、最近mixiを始めたばかりで、

とにかく誰か知り合いがいないかと検索した結果、私にヒット。



もともとアナログ傾向の私なので、どうもSNSを毎日活用するタイプじゃなくて、

毎日届くニュースとかも、未読のままどんどん溜まっていってるんだよね。

それだからネット上でつながりのある友達って、ほんと、少ない。

休みの日なんてまずパソコンには近づかないけど、

たまにネットカフェなんかに行ってみたところで、

オンラインの友達もほとんどいないし、情報もない。



だから、見つけてくれて、本当にありがとう。



2人とも、境遇は当時と違ってるんだろうけど、

友達だってことは、今でも変わらない。

記憶は最後に会ったあの頃のままだから、

お互いの知らない変化を知ったりできて、

なんかタイムトラベルみたいで、ちょっとステキ。

AD