《 FXトレーダーとして生きていくための普遍的ルール 》

  • 相場の大きな流れを自分なりに定義できないままトレードをしてはいけない。
  • 心身ともに健全かつ健康な状態でなければトレードをしてはいけない。
  • 人として大切なものを犠牲にしてまでトレードをしてはいけない。
  • 日々記録を取り続ける強い意志が持てないなら、トレードをする資格はない。


「レコーディングFX」という考え方

 FXのトレードに関することだけではなく、自分自身の日常の気づきやひらめき、感情や思考を、とにかく記録し続けます。そうすることで、自分自身の中に眠っている相場に活用できるすべてのリソースも目覚め始めます。
 そして、記録を取り続ける習慣によって蓄積されていくさまざまな記録こそが、今後トレードを継続していく上での最良にして最大のパートナーになってくれます。
 このブログでは、読者の皆さんにそのことを実感していただけるような記事を公開する試みを、これからも続けていきたいと思います。


「先読みバランスチャートFX」
というツール

 トレードにおける不安を解消し、トレードで着実な成果をあげていくための基本概念として「レコーディングFX」という考え方を位置づけるならば、「先読みバランスチャートFX」というツールは、そのための具体的な手段と位置づけることができます。なぜなら、「先読み」の名の通り、このツールを用いれば、相場の先々の動きを予測し、トレードシナリオを自然に描けるようになるからです。
 そして、この「考え方」と「ツール」の2つが、自分の乗る車の両輪としてしっかり機能したとき、「真の聖杯と呼べるものは、自分の意志で継続して行うチャート観察と、その内容を記録したものの中にすべて含まれているのだ」ということにも気づかされるでしょう。
 なお、このツールについては、投資助言・代理業を営み、このツールの共同研究者としてお付き合いしているプロ中のプロ、上野ひでのり氏が主宰するFXトレーダーズアカデミーという場所で、広く公開および提供する形を取っています。
 相場の世界で、これからもずっと羽ばたき続ける力を身につけたいと考えている、一人でも多くの方々のお役に立てれば幸いです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-21 09:17:34

まもなくリニューアル、、、するかも。

テーマ:雑感

5月も後半戦です。

 

またまたお久しぶりのなつみそらです。

 

今日は子供の運動会。

 

これからお弁当を作って応援ですが、その後は、デジラボFXで一緒にサポートしてくれているスタッフとのミーティングです。

 

いろいろと決めることが山積み状態なのですが、新しく始めてみることも山積みで、楽しみなミーティングになりそうです。

 

で、最近は以前に比べて圧倒的に外出機会も増え、パソコンを入れて歩くバッグも新しくしたばかりなのですが、「こっちもどうだ」というご案内があったので、それにも乗ってみることに(^^)

 

スクエアリュックのモニターを5名募集しているというので、応募してみた(^^)

 

冒険、通勤の相棒に。スクエアリュック

 

当たったら嬉しいけれど、ともあれ、ブログを更新するきっかけになっただけも良しとしましょう。

 

進化版デジラボFXのお知らせも、近々お届けする予定です。

AD
いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-01-14 18:59:16

あけましておめでとうございます

テーマ:雑感
新年最初、かつ前回の投稿から半年を経ての投稿が、こんな「ネタ」のようなもので申し訳ありません(^^ゞ

学校帰りの子供と待ち合わせて所用を済ませに行った先で、時間つぶしにアメブロアプリを起動したらこんなことになりまして、、、

ともあれ、ボチボチ、ブログも再開しようかと思っていたところですし、何やら幸先のよいおみくじの結果に加え、「旅行」のポイントが「宇宙もおすすめ」となっていては、やはりネタにしておかねばなりませんね(^^)

昨年の春から、松戸デジラボでスタートしたFXの勉強会も、特に夏以降、さらに新しい取り組みを始めた関係で、スタート時には思ってもいなかった展開となってしまい、そんなこんなで気がつけば新年を迎えていたという感じです。

何がどうしてどうなったか(どうなっているか、という現在進行形の内容も含め)は、またおいおいお話ししていきたいと思います。

何はともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

なつみ そら拝


▼で、こんなん出ました~(^^)

2016年Amebaおみくじ結果


AD
いいね!(59)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-16 00:18:43

7/20は祝日の月曜日なので、生きた相場の動きで一緒にチャート観察できます

テーマ:お知らせ
●7/20は祝日の月曜日なので、生きた相場の動きで一緒にチャート観察できます

こんにちは。デジラボFXのなつみそらです。

暑い日が続いていますし、今日は特に、台風の影響も心配です。

さて今日は、一昨日の記事の最後にお知らせした、来週の月曜日、7/20(祝)に実施予定のセミナーについて説明していきます。

デジラボFX初体験の方向け、2時間半で540円の体験勉強会コース

デジラボFXでは、FXに興味を持たれた方が、FXの勉強をゼロからでも気軽に始められるようにという趣旨で、相場がオヤスミとなる土・日曜日限定での勉強会を毎週末に実施しています。

そして、一番ベーシックなコース(初めてご参加される方向け)として、2時間半の勉強会に、デジラボ施設利用料540円だけでご参加いただけるコースをご用意しています。体験コース的な位置づけです。

このコースにご参加いただく方に対しては、

 (1) FX取り引きの仕組み
 (2) FX取り引きのメリットとデメリット
 (3) FX取り引きの始め方

などについて、「書籍を読んで学ぶよりもわかりやすく説明すること」を一番の目標に掲げています。

そして、その後も参加を希望される方に対しては、気の向いたときにご予約いただいた上で、1回あたり3,240円(2時間半)のデジラボFX勉強会に、ご都合のよい日時を選んで足を運んでいただくシステムです。

特に決まったカリキュラムがあるわけではなく、自分の必要度合いに応じて、自分のペースで勉強会を利用していただければそれでOKですし、ご相談の上で、何回分かにわけたカリキュラムを組むことも可能です。

もちろん、ゼロからではない方でも、体験コースにご参加いただくことは大歓迎ですし、その際には、参加される方がお聞きになりたいことや知りたいことにできる限りお答えしていくスタイル、つまり参加される方のご要望に沿った内容で行うようにしています。

初回からでも、MT4の便利な使い方、チャート分析に使う主要指標ツールの見方や考え方、(大きな声では言えない)取引業者の選び方、その他、ここ10年で身につけ知り得たことについても、時間の許す限りお話をしていきます。

ですから初回限りの体験コースについては、とにかく「2時間半で540円」という時間と費用を最大限活用していただきたいコースと位置づけています。

その上で、「なんだ、たいしたことなかったな」と思われれば、2回目以降はないでしょうし、それはそれで仕方のないことだと思います。(自分自身、これからさらなる努力を重ねるきっかけをいただいたと思って、また頑張ります!)

「実際に動いている相場の様子を見ながらチャートの説明をするセミナーを開催します」の具体的な中身

それに対して、来週7/20(祝)や8月のお盆の時期に予定しているセミナーは、「デジラボFX-Space Trade Club75-プレミアムコース」で実際に使用しているツール類を、モニターやプロジェクタで表示しながら進めていくものになります。

このセミナーでは、チャート分析(および実際のトレード)用のMT4(メタトレーダー)を使って、いくつかの通貨ペアのリアルタイムでの値動きを見ながら、それに加えて、「デジラボFX-Space Trade Club75-プレミアムコース」の受講者の方たちが実際に使用している、MT4のチャートを画像データ化したものについても、同じような環境で使っていただくつもりでいます。


このような分析チャートをMT4で表示させることで、いったいどんな優位性があるのかという部分を、より具体的に学んでいただけるようにしたいと思っています。

ただ、問題は、この日が日本では祝日に当たっているため、いわゆる東京タイムから、夕方以降のロンドンタイムの序盤にかけて、実際のトレードに見合うだけの値動きが起きるかどうか、という点ですね。

終わってみたら、ただレンジの相場を眺めていただけだった、という可能性も否定はできないわけです。(もちろん、そういう状況なら状況で、お話しするべきことがたくさんありますので、退屈することがないようにと考えていますが。。。)

このセミナーにご参加いただいた方だけの特典

ただ、相場状況がそういう「スカ」な状況であった場合の代償として(といっても、あくまでも相場次第ですし、まるで天気予報に対して補償を行う、的な、通常ありえない考えかたではありますが)、いくつかの特典をつけておきます。

このセミナーにご参加いただいた方には、

(1) 初回の体験コースと受講の順序が逆にはなってしまうのですが、ご希望の日程を調整させていただいた上で、「土・日曜日週末限定デジラボFX勉強会」に、無料でご参加いただけます。

 → ただし、無料でのご参加は1回のみ、8/30実施分まで有効とし、2回目以降の週末限定勉強会にご参加を希望された場合は、通常の費用(2時間半で3,240円)が発生します。

(2) セミナー当日以降、8/15(土)朝6時まで4週間にわたり、5分間隔で保存している4通貨ペアのMT4チャートキャプチャ画像データを、リアルタイムで無料配信します。

これら2点の特典は、セミナー当日の相場がいかなる状況であったとしても、参加された希望者の方全員に必ずおつけする特典です。

ですから、8月末まで間で、ご都合の良い週末に無料で1回参加できるFX勉強会については、セミナー当日の内容を思い返すための復習の機会としてお使いいただいてもよいですし、セミナー内容から離れて、純粋に「初回体験勉強会」に参加する感じでお使いいただいても構いません。ただし、540円の施設利用料だけはご負担ください。

ただ、2つ目の特典である、MT4チャートキャプチャ画像データの無料配信の特典については、もう少し説明が必要かもしれません。

というのも、「デジラボFX-Space Trade Club75-プレミアムコース」で使用しているメインの学習素材こそが、この画像データであるからです。

トレードの時間帯を含めて、自分のトレードスタイルを作ることが大切

どんなトレードスタイルであれ、基本的には相場の動く方向へのトレンドフォロー以外に、自分のもったポジションが利益を生み出すことはありえません。ポジションを持とうと決断する際の最終的なタイミングが、直前までの値動きに対する順張り型であったとしても逆張り型であったとしても、これだけは変わりません。

そして、トレンドフォローという定義、すなわち、そのときどきのトレンドの方向性の定義は、見ているチャートの時間軸(5分足、1時間足、日足など)によっても、また、ポジションをキープし続ける時間によっても異なります。

一方で、これは結果論にもなることなのですが、一般的に副業として行われることが多いFXトレードにおいては、自分がチャートに向き合える時間帯だけでトレードするというスタイルの方が大半だろうと思います。しかし、その時間帯に見合った戦略や戦術を立ててトレードに望んでいるかといえば、そうとも言い切れない方のほうが多いのではないかという実感があります。

FXのマーケットは、日本での時間の流れに合わせて言えば、一般的には、毎週月曜日の朝6時に取り引きが開始され、そのまま24時間×5日間=120時間、ほぼノンストップで取引可能な状態が続き、土曜日の朝6時にようやく取り引きが終了となって、翌週月曜日の朝6時まで48時間の休憩、ということの繰り返しです。(取引業者によって、細部は異なります。)

では、1日24時間のうちの、どの時間帯をトレードにあてるか。

僕達のように、いわゆる「専業」という立場なら、より有利と思われるトレードの時間帯をある程度までなら自由に選択できますが、そういうい生活を送れたとしても、毎日の相場の動きの全てに対応できる生活を送れるというわけではもちろんありません。

それでも、その時々の経済情勢や経済指標発表イベント、季節的な要因などをなるべく考慮して、個人のレベルで参加するにはリスクが大きすぎると思われる時間帯やタイミングを避けてトレードするのは、自己防衛手段としては当然のことです。

毎日、嵐のような値動きの時間帯だけチャートを見ていても相場観は養えない

そのことを聞きかじり程度の単なる知識としてだけではなく、実感の伴うレベルで身につけておかないと、結果として、相場の餌食にされるだけで終わってしまいます。そして、「やっぱりFXは危険だ」という、これまた単純な、それでいてほとんど根拠のない理由付けをして終わってしまうことも少なくありません。

でもこれって、素潜りの経験もほとんどない人が、潮の流れが非常に速い海にいきなり飛び込んで溺れてしまうのと、あまりかわらないとは思いませんか?

そして、そんな潮の流れにも、当然、一日の中でより早い時間帯や、比較的ゆっくり目の時間帯があることを、例えばその海で漁師生活している方たちならば、当然のように知っています。ましてや、嵐が近づいている海の荒れた日に、わざわざ漁に出るような真似はけしてしません。

トレードも同じようなものだと思ってください。

ですから、FXのトレードにおいても、少なくとも24時間単位での相場の値動きを、一定期間かけて観察し続ける生活習慣を通じ、時間帯などによる相場の動きの違いを実感することが必要ではないかという仮説から、「デジラボFX-Space Trade Club75」はスタートしました。

とは言っても、ではそのことをどう具体化していくのか。

単に過去のチャートを振り返ってみたところで、すでに確定してしまっている状態のチャートでは、実際の「相場の動き」を体感した上で、さらにその後の相場の動きを考えていけるようにはなりません。

そこで、主要通貨ペアの値動きを周期的に(実際には5分間隔で)画像として残し、後からそれを順を追って見直す、という方法を採用してみたわけです。しかも、固定化した単一の時間軸だけでなく、ある時刻の複数の時間軸のチャートを同時に記録したものを見直すという方法です。

つまりはパラパラ漫画、でも効果は受験での「過去問」対策と同じ

1枚1枚の画像は、ある瞬間のチャートの状態を切り取って保存したものにすぎませんが、それらを断続的につなぎあわせていけば、結局はチャート上の値動きを実際よりゆるやかに、しかし短時間に圧縮して再現することが可能になります。

リアルタイムでの画像配信だけでなく、翌朝には、24時間288枚の画像をつなげて5分程度の動画に編集し、それも完成次第配信していて、これらの画像や動画を、とにかく毎日毎日見続けてもらい、1日単位の相場の大きな流れをどんどん自分の内面に感覚的に染み込ませていって、それから実際に、時間的にはデイトレード規模のトレードチャンスをみつけるトレーニングに入っていきます。

でもこれって、ひらたくいえばアニメ動画とか、あるいはもっと単純に、ノートの隅を使って描いたイラストのパラパラ漫画と同じなのですよね。

そして何より、元塾屋的には、こうした方法と手順を踏んでいただくことこそが、「これぞ受験生が、受験前に行う過去問対策そのもの」という感じなのです(^^)

極論に思われるかもしれませんが、実際に自分のパソコンでMT4によるチャート分析を行わなくとも、感覚に慣れてくると、5分おきに配信されるチャートキャプチャ画像を見続けていくだけで、やがて、どちらの方向にどの程度の目標値を設定しながらトレードを行っていけばよいかが、ある程度わかってきます。

先月の募集で入会し、まさにこのトレーニングを初めて2週間という方にも(ちなみに、今年の4月に体験勉強会参加された段階では、完全なFX初心者だった方です)、リアルタイム配信している4つの通貨ペアのチャート画像を見てもらっています。そして、どの通貨ペアを優先的に選択してトレードすればよいかを自分なりに検討し、その判断を報告してもらっています。




ポジションサイズの調整などはこれから先の課題ですが、少なくとも、どういうタイミングでエントリーして、どのあたりで決済を予定するか、また実際に決済するか、それらをノートに記録してもらったものを確認してみても、逆行した際の損失幅のコントールさえ間違えなければ、ほとんどの「つもりトレード」が利益につながっています。

一見、地味な学習方法、でもそういうものほど続ければ効果は上がる

というわけで、またまた長々と説明してきてしまいましたが、実は、今日の記事で説明した2点の特典以外にも、7/20のセミナーにご参加いただいた方には、期間限定ですが「デジラボFX-Space Trade Club75」でのサービスの一部をさらに追加してご提供する予定でいるのですが、とにかく今回のセミナー参加者の皆さんには、今日の段階では、セミナー当日から向こう4週間にわたって、これらの学習素材を無償で提供しますよ、ということを重ねてお伝えしておきます。

FXでの稼ぎ方は、もちろん人それぞれです。逆に、「これしかない!」なんて思い込みは、この際、きっぱりと捨てたほうがよいです。

でも、これからもいろいろな方法を身につけて行くことになるにせよ、自分なりの基準値を自分の中に設けていかないと、相場そのものの動きに翻弄されるのとは別に、勉強の進め方でも翻弄されることになりかねません。

相場の大きな流れを把握して、その方向を追いかけるトレードを心がける、これこそがトレンドフォロー型トレードの真髄だと思いますが、僕自身は、そういったトレードにおける方法論だけでなく、やはり元塾屋の人間として、そういう方法論をどういう方法論で自分以外の方々に理解してもらうかということについても、考え続けていきたいと思っています。

学ぶ内容や対象は違っても、学び方には一貫性があります。また、学習で使用する具体的なツールは異なっても、それらを並べたときに、学習効果の面での共通項は必ず見つかります。

おこがましい表現に映るかもしれませんが、塾屋として20年の人生を送った結果として身につけたものが、どんな場面においても「具体化するための一貫性」であり、またその考えを愚直なまでに維持し続ける「継続化するための一貫性」です。

そしてこれだけは、学ぶ側も、学びを提供する側も、まったく変わりません。そしてこれらは、地味だけど、最も効果的な学習方法です。

最後にもう一点、もしこのセミナーに参加してみて、その後、現在募集中の「デジラボFX-Space Trade Club75-プレミアムコース」への参加を希望された方には、別途、特典を準備しておきますね。また、プレミアムコース以外に、新たに設置する8月から募集開始予定のコースについても、同様の特典を準備する予定です。



あらためて、セミナーの詳細についてご紹介しておきます。

 開催日 : 7/20(月)の祝日

 時間 : 13時~19時

 内容 : 
  • デジラボFX‐Space Trade Club75で使用しているMT4システムのリアルタイム解説
  • MT4チャートを使った、リアルタイムトレード解説
  • デジラボFX‐Space Trade Club75に関する質疑応答

 場所 : 松戸デジラボ(松戸駅から徒歩3分ほどです)

 費用 : 25,000円(税込み)

 定員 : 5名 (お申し込み者が1名だったとしても、必ず開催します。)

 特典 : 無料勉強会ご参加/STC75の学習素材データ提供 など


なお、8月のお盆の時期の平日(8/13と8/14の2日間に決定)にも、同様のセミナーを実施します。


それでは最後に、お申し込み方法についてです。

セミナーの申し込み方法は?

いくつかの方法があります。

1.デジラボ営業時間内に、下記の番号まで直接お電話でお申し込みください。その際、「7/20のセミナーを申し込みます」とお伝えください。あわせて、ご参加の希望日とお名前、こちらから折り返しのご連絡をするためのお電話番号もお伝えください。

デジラボ TEL: 047-700-5816

2.下記のLINE@のアカウントを作成しましたので、そちらを友だち登録していただいたあとで、そのアカウント宛に、「7/20のセミナーの申し込み」というメッセージと、ご参加の希望日とお名前、こちらから折り返しのご連絡をするためのお電話番号を「メッセージ」としてお送りください。

友だち追加数
スマホからは、上記をクリックして登録、
またはID検索「@fx-stc75」でお願いします。


3.Twitterアカウントをお持ちの方は、ダイレクトメッセージを利用して、下記のアカウント宛に、「7/20のセミナーの申し込み」というメッセージを送りください。その際、あわせて、ご参加の希望日とお名前、こちらから折り返しのご連絡をするためのお電話番号もお知らせください。(Twitterの仕様が変更となり、相互フォローがなくても、ダイレクトメッセージのやりとりが可能になりました。)


4.Google+をお使いの方は、下記のアカウントをフォローしていただいたうえで、Hangoutsを利用して、ご参加の希望日、お名前とともに「7/20のセミナーの申し込み」というメッセージをお送りください。Hangoutsでの通話を使い慣れている場合には、お電話番号をお伝えいただく必要はありません。こちらから直接、Hangouts通話にてご連絡します。


5.メールにてお申し込みの方は、 fx-stc75◎dilabo.jp あてに、メールをお贈りください(◎を@にかえてください)。メールには、「7/20のセミナーの申し込み」という件名で、本文に、ご参加の希望日、お名前、お電話番号を明記の上、送信してください。

以上のどの場合も、お申し込みをいただいた場合には、可能な限り当日中(というか、できるだけ早く)に、ご予約に関する折り返しのお電話・ご連絡を、なつみそらから直接します。万が一、24時間以内に返信等がない場合には、ご連絡の不着の可能性がありますので、その場合は、お電話でデジラボに直接もう一度お申し込みください。

一番確実なのは、デジラボへの直接のお電話ですね(^^)

最後になりますが、お申し込み数が予定の定員数を超えてしまった場合、その段階で、いったん募集を締め切らせていただきます。その場合には、こちらのブログ内でも、あらためてできるだけ早くお知らせするようにいたします。

これからもよろしくお願いいたします。


AD
いいね!(96)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

/* */
外部ランキングリンクにほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。