SOLA-Tobu.com

関西で活動する劇団、舞台工房SOLA-Tobu.のBLOGです。

【次回公演】舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋 3周年記念企画「Noctos-ノクトゥス-」
9月23日(金)~9/25(日) 於:芸術創造館


テーマ:
 はじめまして。同志社大学の演劇集団Qに所属している坂本彩純です。“あすみ”と読みます。“すー”と呼ばれますです。

 演出のゆき姐こと瀬戸有希さんとは、カメハウス『どろどろどるーんぷらすてぃっく』で共演したご縁で、今回出演させて頂くことに!わぁい!
 


最近なかなかハイペースでお芝居出させて頂いてます。
それもあってか、「すーちゃんは何でお芝居やってるの?」なーんてことをたまに聞かれます。 
何でやろ。 

 一言で言うと、嘘つけるからですかね。

 板の上は嘘なので“可愛い”にもなれちゃうし“愛されてるーって気持ち”にもなれます。
嘘ですけど、お芝居の時間はほんとなので、なんか、何にでもなれちゃう。なりたいものになれちゃう。

 Noctos-ノクトゥス-はとってもファンタジーな世界観のお芝居(ちなみファンタジーは初 体 験)です。私、今回は何になるんでしょう?なれるんでしょう? お楽しみに!!



 あ。最近自撮りアプリ(盛れるやつ)をアップデートしたので、非常に自撮りの調子がいいです。最後にキレッキレのやつ載せときますね。
 アプリの中も、なりたいものになれます。私、アプリに住みたい。

{459514FB-F87A-4796-B1C1-A222F989BFC1}






舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋
3周年記念企画
「Noctos-ノクトゥス-」

{F162888E-1473-4D88-BBF9-14063F907D39}

{5F6E8540-7171-4AA4-9B38-B153F6888223}

◯日時
2016年
9月23日(金) 19:00 
9月24日(土) 14:00/18:30
9月25日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。

◯会場
大阪市立芸術創造館

◯アクセス
大阪市営地下鉄谷町線
「千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線
「森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行 または
78号系統「守口車庫前」行
約30分「旭区役所」下車すぐ

◯チケット料金
前売 : 2,500円
当日 : 3,000円
U25割 : 2,000円(25歳以下限定)
(ご予約優先・全席自由)
※U25割(アンダー25割)は、予約分のみの取り扱いです。当日は年齢確認のできる身分証明証を受付にてご提示ください。


◯チケット予約
【CoRich 舞台芸術!】
※もしくはお知り合いの劇団員に直接お問い合わせください。
Twitterからもご予約承ります⇒@sola_tobu

◯出演者
《CAST》
磐澤悟朗/瀬戸有希/巽千晶/立花亜依/永井未友希/市橋環(舞台工房SOLA-Tobu.)

《GUEST》
飯尾佳名子/黒瀬悠麻/小佐々育加(劇団コウノトリ)/坂本彩純(演劇集団Q)/菅原知香/土肥希理子/時和ハルナ/浜端純子(劇団暇だけどステキ)/平田真希/恵(音声劇団五里夢中)/よしひろ(すたんぷ)
 
◯スタッフ
舞台監督:片岡佑斗
舞台美術:亀岡邦広(Kame&Co.)
大道具:加登匡敏(ムーサ・エンタープライズ)
照明:たずなちひろ
音響プラン:雨樹まどか
スタジオ撮影:山﨑彩乃
メイクプラン・スタジオメイク:時早(メイク・アート・スタジオ 時宝~ときほう~)
振付・ダンス指導:中元優那
制作:星川葉月(お気楽ロジック)
主催:舞台工房SOLA-Tobu.
 
◯問い合わせ
TEL:070-5660-2134(制作)
Email:sola-tobu@outlook.jp
twitter:@sola_tobu
 
◯あらすじ
「なぜ、その女がここにいる?」
 
―――17世紀、イギリス。
曰く、近頃流行り病で命を落としたはずの若い娘が、森の近くを彷徨っているのを見たものがいるらしい。
新大陸帰りの紀行文作家【ローラント】は、噂を聞きつけその森に分け入った。
陽の光届かぬ昏き森、その奥にひっそりと佇む古城で彼が出逢ったのは、
ひとの血肉を喰らい生きるひとならざるもの、
【Noctos(ノクトゥス)】と呼ばれる美しき夜眷属の女たち。
数多の娘たちを従えた、血の始祖たるものの名は【エスター】
その女の過去を知る者は“誰もいない”。
 
「君は一体誰なんだ?」
 
これは、いのちなきものといのちあるものの邂逅の抒情詩。
決して交わらぬふたつが出逢う時、歴史に隠されたミッシングリンクが解き明かされる。
舞台工房SOLA-Tobu.が送る、新説・ヴァンパイア・サーガ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはこんばんにちは٩꒰。•◡•。꒱۶

またまたわたしです。
瀬戸だ。

またまたゲスト紹介です(^ ^)


坂本彩純(演劇集団Q)ちゃん



{A93D0630-FC6F-41B6-B95C-321BD37C9FF9}


この子だ!


……あざとい。
なんだかすごくあざとい写真を送ってきやがった。

まぁでも、かわいいよね。

あざとかわいい。

坂本彩純(あすみ、とよみます)
通称すーちゃんです。


{3E450CAD-1D07-4A70-93A5-9F3B7474C99A}



すーちゃんとは、
わたし的にはまだまだ記憶に新しい、
スペドラ2016

カメハウスにて共演した仲。


{9180F05C-B16D-4657-8E51-F7C29AD7EBA8}


カメハウスのときすーちゃんと一緒に写ってる写真これしかなかった…
びっくり…
(真ん中の人は主催の亀井さんです)

じつはオーディションのときから一緒で、
そのときから目をつけて……いたわけではないですが笑。


わたしはカメハウスのときからすーちゃんのことがずっと好きで、

容姿、キャラクター、演技。
ギャップ的な部分も含めて、

ナチュラルだけど、どこか人と違うような。

一番好きなのは、役づくりとか、台本に対する取り組み方とかかな。

すーちゃんに渡した役がすーちゃん色に染まっていくのは見ていて楽しいです◡̈♥︎
どんな風に仕上がるのか今から楽しみ!

とっても可愛らしい役です。


{FE581A24-F681-4ABC-BEB3-C8FDBC81DC09}


みなさんも楽しみにしていてくださいね!

クローバーせとクローバー


舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋
3周年記念企画
「Noctos-ノクトゥス-」

{F162888E-1473-4D88-BBF9-14063F907D39}

{5F6E8540-7171-4AA4-9B38-B153F6888223}

◯日時
2016年
9月23日(金) 19:00 
9月24日(土) 14:00/18:30
9月25日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。

◯会場
大阪市立芸術創造館

◯アクセス
大阪市営地下鉄谷町線
「千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線
「森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行 または
78号系統「守口車庫前」行
約30分「旭区役所」下車すぐ

◯チケット料金
前売 : 2,500円
当日 : 3,000円
U25割 : 2,000円(25歳以下限定)
(ご予約優先・全席自由)
※U25割(アンダー25割)は、予約分のみの取り扱いです。当日は年齢確認のできる身分証明証を受付にてご提示ください。


◯チケット予約
【CoRich 舞台芸術!】
※もしくはお知り合いの劇団員に直接お問い合わせください。
Twitterからもご予約承ります⇒@sola_tobu

◯出演者
《CAST》
磐澤悟朗/瀬戸有希/巽千晶/立花亜依/永井未友希/市橋環(舞台工房SOLA-Tobu.)

《GUEST》
飯尾佳名子/黒瀬悠麻/小佐々育加(劇団コウノトリ)/坂本彩純(演劇集団Q)/菅原知香/土肥希理子/時和ハルナ/浜端純子(劇団暇だけどステキ)/平田真希/恵(音声劇団五里夢中)/よしひろ(すたんぷ)
 
◯スタッフ
舞台監督:片岡佑斗
舞台美術:亀岡邦広(Kame&Co.)
大道具:加登匡敏(ムーサ・エンタープライズ)
照明:たずなちひろ
音響プラン:雨樹まどか
スタジオ撮影:山﨑彩乃
メイクプラン・スタジオメイク:時早(メイク・アート・スタジオ 時宝~ときほう~)
振付・ダンス指導:中元優那
制作:星川葉月(お気楽ロジック)
主催:舞台工房SOLA-Tobu.
 
◯問い合わせ
TEL:070-5660-2134(制作)
Email:sola-tobu@outlook.jp
twitter:@sola_tobu
 
◯あらすじ
「なぜ、その女がここにいる?」
 
―――17世紀、イギリス。
曰く、近頃流行り病で命を落としたはずの若い娘が、森の近くを彷徨っているのを見たものがいるらしい。
新大陸帰りの紀行文作家【ローラント】は、噂を聞きつけその森に分け入った。
陽の光届かぬ昏き森、その奥にひっそりと佇む古城で彼が出逢ったのは、
ひとの血肉を喰らい生きるひとならざるもの、
【Noctos(ノクトゥス)】と呼ばれる美しき夜眷属の女たち。
数多の娘たちを従えた、血の始祖たるものの名は【エスター】
その女の過去を知る者は“誰もいない”。
 
「君は一体誰なんだ?」
 
これは、いのちなきものといのちあるものの邂逅の抒情詩。
決して交わらぬふたつが出逢う時、歴史に隠されたミッシングリンクが解き明かされる。
舞台工房SOLA-Tobu.が送る、新説・ヴァンパイア・サーガ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログをご覧の皆様、はじめましてこんにちは!前回ブログにて、瀬戸さんにご紹介頂きました熊の着ぐるみです。あっ違う。
黒瀬悠麻です(ˊωˋ*)


普段はひよっこですが京都でミュージカルの基礎を学びつつ、フリーで役者やスタッフ等の演劇活動をしています。

ちなみに何も無い日は家でこんな感じです↓

{C8B645AC-4E62-4BFE-B95E-B988EEE8E5E8}

(しんでる)


舞台工房SOLA-Tobu.さんに出演させて頂くのは初めてで、かつ大阪の方で役者をさせて頂くのも……あれ?よく考えると初めてかもしんない??なのです。
こんにちは、大阪٩(ˊωˋ*)و


ってな訳で、今回初稽古の時はすごくどきどきでした。初めての座組なので大丈夫かなー馴染めるかなー、と思っていたのですが………。

今回の座組、見事に女の人ばっかり!そしてかっこいい、可愛い、美人な方だらけ!!!



ここが、......楽園か…….....(????)



唯一の男性キャストである磐澤さんも、女性陣の着替えが終わるまでいつもいつもそっと外で待機してくださったり等、気遣いに溢れる方でした。紳士や…


そんな楽園?で日々稽古させて頂いてる訳なのですが、見た目だけでなく、演劇に対する姿勢もとても勉強になる事ばっかりなのです。なので、黒瀬も置いていかれないよう精一杯頑張りたいと思います。

本番まであと1ヶ月!
題材的にも、とても大好きで素敵なお話なのですっ(*˘︶˘*)吸血鬼やでー

よーし、やるぞー!!


最後に稽古場の写真をぺたりっ

{E19ACB0A-CB7D-43FA-967E-FA603AE4FEC3}


{51CC449E-9A9A-4C39-9691-F84169518124}





舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋
3周年記念企画
「Noctos-ノクトゥス-」

{F162888E-1473-4D88-BBF9-14063F907D39}

{5F6E8540-7171-4AA4-9B38-B153F6888223}

◯日時
2016年
9月23日(金) 19:00 
9月24日(土) 14:00/18:30
9月25日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。

◯会場
大阪市立芸術創造館

◯アクセス
大阪市営地下鉄谷町線
「千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線
「森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行 または
78号系統「守口車庫前」行
約30分「旭区役所」下車すぐ

◯チケット料金
前売 : 2,500円
当日 : 3,000円
U25割 : 2,000円(25歳以下限定)
(ご予約優先・全席自由)
※U25割(アンダー25割)は、予約分のみの取り扱いです。当日は年齢確認のできる身分証明証を受付にてご提示ください。


◯チケット予約
【CoRich 舞台芸術!】
※もしくはお知り合いの劇団員に直接お問い合わせください。
Twitterからもご予約承ります⇒@sola_tobu

◯出演者
《CAST》
磐澤悟朗/瀬戸有希/巽千晶/立花亜依/永井未友希/市橋環(舞台工房SOLA-Tobu.)

《GUEST》
飯尾佳名子/黒瀬悠麻/小佐々育加(劇団コウノトリ)/坂本彩純(演劇集団Q)/菅原知香/土肥希理子/時和ハルナ/浜端純子(劇団暇だけどステキ)/平田真希/恵(音声劇団五里夢中)/よしひろ(すたんぷ)
 
◯スタッフ
舞台監督:片岡佑斗
舞台美術:亀岡邦広(Kame&Co.)
大道具:加登匡敏(ムーサ・エンタープライズ)
照明:たずなちひろ
音響プラン:雨樹まどか
スタジオ撮影:山﨑彩乃
メイクプラン・スタジオメイク:時早(メイク・アート・スタジオ 時宝~ときほう~)
振付・ダンス指導:中元優那
制作:星川葉月(お気楽ロジック)
主催:舞台工房SOLA-Tobu.
 
◯問い合わせ
TEL:070-5660-2134(制作)
Email:sola-tobu@outlook.jp
twitter:@sola_tobu
 
◯あらすじ
「なぜ、その女がここにいる?」
 
―――17世紀、イギリス。
曰く、近頃流行り病で命を落としたはずの若い娘が、森の近くを彷徨っているのを見たものがいるらしい。
新大陸帰りの紀行文作家【ローラント】は、噂を聞きつけその森に分け入った。
陽の光届かぬ昏き森、その奥にひっそりと佇む古城で彼が出逢ったのは、
ひとの血肉を喰らい生きるひとならざるもの、
【Noctos(ノクトゥス)】と呼ばれる美しき夜眷属の女たち。
数多の娘たちを従えた、血の始祖たるものの名は【エスター】
その女の過去を知る者は“誰もいない”。
 
「君は一体誰なんだ?」
 
これは、いのちなきものといのちあるものの邂逅の抒情詩。
決して交わらぬふたつが出逢う時、歴史に隠されたミッシングリンクが解き明かされる。
舞台工房SOLA-Tobu.が送る、新説・ヴァンパイア・サーガ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


おはこんばんにちはー٩꒰。•◡•。꒱۶


瀬戸でぃーっす。

ついこの間稽古がはじまり、
ついこの間通し稽古を終えて、
ようやく稽古も折り返し地点を迎えたと思ったら、
なんともう本番まで一ヶ月切ってる!!

わー!!
追い込みだー!!
追い込み漁だー!!

さてさてそんなわけで、ゲスト紹介はまだ続きますପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

今日ご紹介するのは

黒瀬悠麻 ちゃん。


黒髪に色白肌の、エスニック系美人さん✨

{B89CBDAE-5915-4C97-B8E7-F6B31BCEB77F}



……うん、熊だ。

えー、これはですね。
舞台写真とかプロフィール写真とかの類をお願いしますと言ったところ、
「一人で写ってる写真がクマの着ぐるみ着てるやつしかない」とのことで、
「あー、それでもいいよ、面白そうだし!」と送ってもらったものの、
わたしはね、もうちょっとキャラクターっぽい、たとえばハチミツが大好きなアレとかを想像してた訳ですが、




想像以上に熊だ。




一部も本体見えてませんが、中身はまごうかたなき黒瀬悠麻ちゃんご本人だそうです。


黒瀬ちゃんとは、昨年末、劇団オレと松本の舞台で、黒瀬ちゃんはスタッフとして、私は出演者としてご一緒させていただいたのがご縁で、今回、出演していただけることになりました。


{57B3B39D-1C1D-4C24-B641-8BB0E1838A46}


その時の写真だよー。
寒い中外で受付を頑張ってくれました。
感謝!!

さてそんな黒瀬ちゃんの役どころは、
生身!!着ぐるみではなく、生身で!!
しかも、

ちゃんと人間の言葉をしゃべるよ!!

がおー。
ぜひ見に来てください

せと

舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋
3周年記念企画
「Noctos-ノクトゥス-」

{F162888E-1473-4D88-BBF9-14063F907D39}

{5F6E8540-7171-4AA4-9B38-B153F6888223}

◯日時
2016年
9月23日(金) 19:00 
9月24日(土) 14:00/18:30
9月25日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。

◯会場
大阪市立芸術創造館

◯アクセス
大阪市営地下鉄谷町線
「千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線
「森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行 または
78号系統「守口車庫前」行
約30分「旭区役所」下車すぐ

◯チケット料金
前売 : 2,500円
当日 : 3,000円
U25割 : 2,000円(25歳以下限定)
(ご予約優先・全席自由)
※U25割(アンダー25割)は、予約分のみの取り扱いです。当日は年齢確認のできる身分証明証を受付にてご提示ください。


◯チケット予約
【CoRich 舞台芸術!】
※もしくはお知り合いの劇団員に直接お問い合わせください。
Twitterからもご予約承ります⇒@sola_tobu

◯出演者
《CAST》
磐澤悟朗/瀬戸有希/巽千晶/立花亜依/永井未友希/市橋環(舞台工房SOLA-Tobu.)

《GUEST》
飯尾佳名子/黒瀬悠麻/小佐々育加(劇団コウノトリ)/坂本彩純(演劇集団Q)/菅原知香/土肥希理子/時和ハルナ/浜端純子(劇団暇だけどステキ)/平田真希/恵(音声劇団五里夢中)/よしひろ(すたんぷ)
 
◯スタッフ
舞台監督:片岡佑斗
舞台美術:亀岡邦広(Kame&Co.)
大道具:加登匡敏(ムーサ・エンタープライズ)
照明:たずなちひろ
音響プラン:雨樹まどか
スタジオ撮影:山﨑彩乃
メイクプラン・スタジオメイク:時早(メイク・アート・スタジオ 時宝~ときほう~)
振付・ダンス指導:中元優那
制作:星川葉月(お気楽ロジック)
主催:舞台工房SOLA-Tobu.
 
◯問い合わせ
TEL:070-5660-2134(制作)
Email:sola-tobu@outlook.jp
twitter:@sola_tobu
 
◯あらすじ
「なぜ、その女がここにいる?」
 
―――17世紀、イギリス。
曰く、近頃流行り病で命を落としたはずの若い娘が、森の近くを彷徨っているのを見たものがいるらしい。
新大陸帰りの紀行文作家【ローラント】は、噂を聞きつけその森に分け入った。
陽の光届かぬ昏き森、その奥にひっそりと佇む古城で彼が出逢ったのは、
ひとの血肉を喰らい生きるひとならざるもの、
【Noctos(ノクトゥス)】と呼ばれる美しき夜眷属の女たち。
数多の娘たちを従えた、血の始祖たるものの名は【エスター】
その女の過去を知る者は“誰もいない”。
 
「君は一体誰なんだ?」
 
これは、いのちなきものといのちあるものの邂逅の抒情詩。
決して交わらぬふたつが出逢う時、歴史に隠されたミッシングリンクが解き明かされる。
舞台工房SOLA-Tobu.が送る、新説・ヴァンパイア・サーガ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめまして。
ご紹介頂きました劇団暇だけどステキ浜端純子と申します。

この度は兼ね役(アンサンブル)させて頂きます。
ありがたや。兼ね役とはいえ大事な役目ばかりで気合い入っております。先の紹介して頂いたブログではなぜか転がっている写真ばかりでしたが、気合い入っております。


{3D23399F-3FFF-4253-96E1-82B2CB21D6DB}



さて。なんか自分語り始めますけど、なんかつまみながらでもいいんでちょっと付き合ってくださいよ。

実は、私が初めて生で観た関西小劇場の劇団さんがこの
舞台工房SOLA-Tobu.さん。
あれは第2回公演「コーポしましま」…(遠い目)
それから第3回公演も、前回公演も観させて頂いて…。出たい出たい、言い続けていたらとうとう今回叶いましたよ…!!やったね…!!

稽古場は女性ばかりで女子校時代を思い出します。なんとゆうか、凄く居心地の良い稽古場なのです…!皆さんのお人柄やね…!きっと!←


「Noctos-ノクトゥス-」
通しも一度終わりましてここからどう変わっていくのか凄く楽しみです!!
本番、乞うご期待!!


稽古写真がまだないので、去年の初夏に瀬戸さん観に京都行ったやつ!いぇーい!

{6FCEA98F-BE56-4838-AD99-C3C04EF2584E}



P.S. 
磐澤さんにブログのネタくださいって言われて「オタクです^ ^」って答えたら、まあよくあるよね~みたいな顔されたんでインパクトが足りなかったかな?と思って「劇場版 遊☆戯☆王、2週間で6回観に行きました」って言ったら軽くひかれました。納得いかない。



舞台工房SOLA-Tobu.第5回公演2016秋
3周年記念企画
「Noctos-ノクトゥス-」

{F162888E-1473-4D88-BBF9-14063F907D39}

{5F6E8540-7171-4AA4-9B38-B153F6888223}

◯日時
2016年
9月23日(金) 19:00 
9月24日(土) 14:00/18:30
9月25日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。

◯会場
大阪市立芸術創造館

◯アクセス
大阪市営地下鉄谷町線
「千林大宮」駅から徒歩10分
京阪本線
「森小路」駅から徒歩10分
大阪駅前より市バス
83号系統「花博記念公園北口」行 または
78号系統「守口車庫前」行
約30分「旭区役所」下車すぐ

◯チケット料金
前売 : 2,500円
当日 : 3,000円
U25割 : 2,000円(25歳以下限定)
(ご予約優先・全席自由)
※U25割(アンダー25割)は、予約分のみの取り扱いです。当日は年齢確認のできる身分証明証を受付にてご提示ください。


◯チケット予約
【CoRich 舞台芸術!】
※もしくはお知り合いの劇団員に直接お問い合わせください。
Twitterからもご予約承ります⇒@sola_tobu

◯出演者
《CAST》
磐澤悟朗/瀬戸有希/巽千晶/立花亜依/永井未友希/市橋環(舞台工房SOLA-Tobu.)

《GUEST》
飯尾佳名子/黒瀬悠麻/小佐々育加(劇団コウノトリ)/坂本彩純(演劇集団Q)/菅原知香/土肥希理子/時和ハルナ/浜端純子(劇団暇だけどステキ)/平田真希/恵(音声劇団五里夢中)/よしひろ(すたんぷ)
 
◯スタッフ
舞台監督:片岡佑斗
舞台美術:亀岡邦広(Kame&Co.)
大道具:加登匡敏(ムーサ・エンタープライズ)
照明:たずなちひろ
音響プラン:雨樹まどか
スタジオ撮影:山﨑彩乃
メイクプラン・スタジオメイク:時早(メイク・アート・スタジオ 時宝~ときほう~)
振付・ダンス指導:中元優那
制作:星川葉月(お気楽ロジック)
主催:舞台工房SOLA-Tobu.
 
◯問い合わせ
TEL:070-5660-2134(制作)
Email:sola-tobu@outlook.jp
twitter:@sola_tobu
 
◯あらすじ
「なぜ、その女がここにいる?」
 
―――17世紀、イギリス。
曰く、近頃流行り病で命を落としたはずの若い娘が、森の近くを彷徨っているのを見たものがいるらしい。
新大陸帰りの紀行文作家【ローラント】は、噂を聞きつけその森に分け入った。
陽の光届かぬ昏き森、その奥にひっそりと佇む古城で彼が出逢ったのは、
ひとの血肉を喰らい生きるひとならざるもの、
【Noctos(ノクトゥス)】と呼ばれる美しき夜眷属の女たち。
数多の娘たちを従えた、血の始祖たるものの名は【エスター】
その女の過去を知る者は“誰もいない”。
 
「君は一体誰なんだ?」
 
これは、いのちなきものといのちあるものの邂逅の抒情詩。
決して交わらぬふたつが出逢う時、歴史に隠されたミッシングリンクが解き明かされる。
舞台工房SOLA-Tobu.が送る、新説・ヴァンパイア・サーガ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。