私を構成する成分は・・・

テーマ:
 
ある意味当たってるのではないだろうか?

でも、たまに吐き出される毒が70%なら、たまにじゃないよね。

かなりの腹黒でっせー。笑



▼私を構成する成分は・・・


\あなたはなにでできている!?/



 
AD

俺の!生食パン

テーマ:
昨日は恵比寿に用事があり、

先発していた方が、並んで買ってくれましてん。



{A6FF769B-2247-4433-ADDD-9E00B5B61488}

しっておりますか?

俺のベーカリー。

持った瞬間、ずしっ!と重い紙袋。

中身はこれ!

{8E5574F0-75F2-400C-840C-559375EFA74E}

フワッフワなお姿でした。

モチモチ!

軽くトーストして、バターをつけてシンプルに。

これ1つで千円!と言うお高いだけあっての食感と美味しさ。

恵比寿ガーデン近くにあるとのことで、お立ち寄りの際には是非どうぞ。




AD

ご無沙汰な更新です。

テーマ:
ご無沙汰しております。

旧暦で新年明けましたね。

今年は1/28が正月だそうです。

みなさま今年もズボラな更新ですが、よろしくでございます。

みうさん、居なくなって、来てくれるかと待ってましたが、

一向に来てくれる気配なく、

節分を迎えました。

みうの四九日も2/3です。

家族では「みうはきっと羽が生えたように自分の行きたいところへクンクンしてて夢中なんだよ」

と笑って言ってます。

先日、スマホの画像を改めて見返してたら、

柔らかく戻ったみうと最後に散歩してた1枚に遭遇。

これまで見返すことはなかったので、

本当に久しぶりにあの感覚がぶわっと蘇り、

切なくなってしまいました。

あれからー。

そらの入院もあり、

バタバタで過ごした1月。

わんこたちはかけがえのない存在だと再認識。

だけど、ひとりぼっちの留守番が増えたそら。

帰宅するまで1人で寂しいらしく、

出迎える時は子犬みたいになるんだよね。

少しずつ日は長くなったけれど、

子どもが就職したので、

留守番が長くなりました。

それが可哀想でならないけれど、生活もあるし。

少しでも寂しくないようにしてあげたいと思ってます。

休みだった今日は、のんびりとお日様パワーを受けてまったり。

{087C6D83-F3DD-4573-95F2-315A93D5EB6C}

お日様好きだよねぇ。

みうのお参りにそらも行きました。

で、

ガチャポンの戦利品をご紹介。

{54904CE2-8BFB-47E1-99A0-90B027B76819}

{65993DD6-5C28-4182-97F4-600EB005A899}

犬のおまわりさんです。

かなーり、迷惑顔してますけどね。

留守番中に私のものを置いておこうと散歩用のダウンをソファに置いてると

ベットになってしまいました。

{F52F3240-C2C9-4A1C-BD25-86EFC9B2BF14}

安眠枕ならぬ安眠ベッドらしいっす。

そらも29日で8歳。

おじいちゃんぽくなってきてるけど、まだまだこれから!

仲良く歳をとりたいなと、切実に思います。


AD

感謝です。

テーマ:
昨日は、みうを送り出し、ぼーっとしたまま眠ってしまってました。

送り出した事で、疲れといろんな思いが流れたように思います。

きっとそれごとみうが持って行ったのかも知れません。

感情の上下がなくなって、今朝の空もお昼のぽかぽかも受け入れてる自分がいました。

行ったなぁーと、思いながら。

不意に襲って来る悲しみが減ったというより、流れて行く感じなのかも。

しかし、帰宅するとまたお花が…。

またもや、だーだー。

大雨になってしまいました。

みう、ごめんね。




本当にありがとうございます。

どこにいっても可愛がられたみう。

赤ちゃんからお年寄りまで、誰にでも撫でさせてくれて、愛らしい瞳で「撫でてくれる?」と訴えていました。

必ず自分から人を見ると、犬を見ると挨拶してました。

しつこいオス犬にはかなりの般若顔でイラッとしてましたけどね。

次こそは素敵な家族の元に幸せに生まれて来ると思います!

{BECF76BE-9927-4FB8-9B0B-C8D58A6A2DA0}

最後の場所が動かせません。




{9E323922-02B9-4B25-8FF6-6AF510E97FB2}

ちゃっかり、そらのお尻は枕でした。





{2BA179B7-4ABF-4606-846B-F1265946F386}

楽チンな散歩も好きでした。





{F2D27C48-C3F4-424B-B3C1-19320F9CFDCD}

最後の散歩の時のみう。


キトリからみうに名前が変わったと同時に、彼女を取り巻く色が変わっていったよねと、家族も預かりのホコさんも同意見でした。

オレンジ色からピンク色へ。

オレンジ色の前も彼女のカラーはあったと思います。

わんこはそうやって、辛い場所だったことも忘れて、名前が変わっても色々な花の色を身にまとって行くのかも知れません。

名前をつけてあげること、一緒にいる事で変わるんですね。

みうと共に過ごした6年で感じた事です。

一生を同じ名前で過ごす子もいると思いますが、みうのように何回も名前が変わる子もたくさん居る。

それでも健気に全うする。

辛い場所にいる子たちみんなに名前が付けられますように。

みうのように痛かった、怖かったような記憶がなくなりますように。

みうのこと、書き足りない気持ちでいっぱいですが、しばらくお休みします。

アルマの皆様、本当にありがとうございました。

みう、笑ってくれてると思います!