即身仏。

~『文章を綴るアート』という定義で~


テーマ:
はいどうも。

『医龍』を読んだのです。
天才外科医と凡人を自称する外科医のくだり。

天才にはついていけないから凡人につく。

で自分は最終的に天才につくってあたり。
最初に読んだのは何年か前で、

なんだかよくわかってなかったんだけれど、
今読むと恐ろしく考えさせられます。

研修医がさ、間違ってるっぽい既存の集まりと、
一見むちゃくちゃに見える新しい発想とを知って、

どうすりゃいいか葛藤するのよ。
なんかすごい共感するところがあって。

俺の生活はさ、すごくそういう風潮の仕事でね、
既存も既存、もう古びてほこりまみれの考えを、
ずっとつきつめて、今や現代の考えではない、

そんな風潮を見ずしてつき進んでいる職場です。
俺はそれにすごく違和感を感じます。

新しいものに飛び付きたいとかでもないんだけれど、
どうやったらいいか、自分が納得する方に進みたいの。

でもそれが上手くいかないところが目下最大の悩み。
結局何を言ってもイデオロギーの対立みたいな。

それはもちろん俺がそういう考えを持っている部分があって、
だからそれが伝播するんだろうけどね。

かたくなになるのはかたくなにさせる理由があるんだよねぇ。

まぁそういう現状にはまぁ悩んでるとしてね、
『俺はいったいどうなりたいか』ってのが視点。

自分はたぶん天才ではないと思うのよね。残念ながら。
なんかさ、存在だけでなんとかなる人ってのもいるじゃない?

そういうのではないから天才ではないってことね。

努力しなきゃいけない人なのは間違いなくてさ、
どうすりゃいいのか悩みつつ努力もしてるけどね。

『何になりたいか』ってのは幸運なことに一つの壁は越えたのよ。
ないたいものにはなれたわけだしね。

問題は『どうなりたいか』ってことなんだよね。

仕事ができるって何?
尊敬される人って何?
力があるとかいうけど、力って何?

前はもっと軽やかだった気がするのです。

そして今たまたま映画『サウスバウンド』を見たりして。
『自分だけが正しいと思うと、意見が違う人を憎らしく思えたりする』

なんてフレーズを聞くともう何が何だか分からなくなりますね。
自分だけが正しいと思ってるフシもあんだろうなぁ。俺。

何が正しいかわからないので、自分で決めるしかない。
なんか昔にそんなこと言ってた気がするんだけれど、
もう一周したのかと思いつつも、

結局はそこで一周できるくらいの広さしかない人間なんだわな。

どうなりたいのかねぇ?俺。
どうっていうか、俺の行きたいところって、
どのあたりなのかはっきりしないのです。

見えているような、そうではないような。
でもやっぱりどっか、『誰にも批判されないあり方』
ってのを目指してしまう気がします。

それってやっぱり、『天才』じゃなきゃできない事なんだけどね。

でもなぁ、世界中のありとあらゆる天才は、
どっかで誰かにがっちりディスられてんだよね。

俺の夢見るものなんざ、夢ではなくもはや妄想のレベルなんだけどね。
もうちょい自分の進む先にピントを合わせなきゃね。

誰かたまにはコメントをくれ。
どうでもいいんだけどね。

いや、今のはなんか強がりだな。
誰かの意見を聞きたいなぁといつも思うのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

PON。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。