2017-06-08 22:36:04

フェルデンクライス WS

テーマ:ブログ
家本朋子先生によるフェルデンクライスWS

今回は2回目、ということもあり、生徒たちも以前よりも積極的に受講していました。

まずはFIレッスン

蒼士から見てもらいました。

{17924735-1D12-4AE4-A434-7A94A335904E}

帰国して間もない茉琳。

{BFDD8D14-6FB8-4308-A035-A111D26FD802}

そしてATMレッスン。

{8B10D750-61F8-4375-812F-4F74AFB00F42}

なんかとっても気持ち良さそう!

{E39E0E97-9A3B-482B-9F9D-A566AB10EBC7}

みんな「背が伸びた!」と騒いでいました!

{34CD100E-E273-4965-B6A5-877ED30D76EB}

1日目、無事に終了!

{5625F6B2-6156-482C-BE64-16846C8C18A7}

そして2日目は、オープンクラスにいらしている大人の皆様や、かなめ整体院の要先生、そしてうちの生徒たちのATMレッスン。

{5C3521F6-B68A-420D-A6BB-21EA76B10DD2}

私も受講したのですが、今回も前回以上に

「え?あれ?え?ん?」

といった身体の変化がありました!私はどうしても職業柄、マットに転がる イコール エクササイズ!みたいに動いてしまうのですが、フェルデンクライスはエクササイズではない。

普段自分が「頑張る!」とか「これが正しいんだ!」とか思いこんでいることを一旦忘れて

「こんなやり方もあるよ」

と、ソフトに提案してくれるようなレッスン。
ついついバレエで頑張ってしまう私や生徒たちには、必要な時間だったと思います。

{B166F2EB-495E-4F00-A82C-C15FFCCD92DC}

FIレッスンの心優。

{7E766F16-855A-4099-8919-8B317E818976}

ルチアも気持ち良さそう(笑)

{2B6AC1BA-EBA5-4857-9614-A0F992248414}

以前、英語でフェルデンクライスを受講した時は、日本人の通訳の先生がいらっしゃったものの、生徒がほとんど理解出来ずにいました。

そこからフェルデンクライスとはご無沙汰していたところに家本先生が仙台にいらして下さり…

家本先生のレッスンはもちろん日本語。言葉をしっかり理解して、自分できちんと考えて身体を動かしていく…

実はこれ、バレエにも当てはまることです。教師の発する言葉を生徒が理解しないと、上達は不可能。一方的に命令されて身体を動かすのではなく、自らの意志で動かす…フェルデンクライスはまさにそんな時間でした。

家本先生、ありがとうございました!

さて、明日はいよいよ桜井幸子先生のWSです。

フェルデンクライスとは対極?と言えるくらいの厳格なワガノワメソッド。そして私が最も楽しみにしていた指導者WSが実現します!

極少人数制のため、指導者WSキャンセル待ちで受講出来ない皆様、申し訳ありません。

明日からしっかりと勉強して、私の指導に生かしていくつもりです。

変わりゆく左右木バレエ。どうぞご期待下さい!

左右木健一


AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。