1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-08-30 16:00:06

ヒューストンからのメール

テーマ:ブログ
ヒューストンバレエアカデミーの

長期留学生活がスタートした

牛坂久良々からメールがありました。

……学校が始まって一週間少しが経ってようやく色々なことに慣れてきました。

レッスンはハードですが、毎日とても充実しています。普通のテクニックのクラスでは基礎をしっかり教わって、中には身体の使い方を非常に細かく教えてくださるとても熱心な先生もいらっしゃって、言われた通りにできるように頑張っています。難しいのは経験の少ないジャズやモダン、キャラクターのクラスで、まだまだ追い付くので精一杯ですが、しっかり集中して頑張ろうと思います!

こちらに来てから実感することは、自分の英語力の少なさです。初めはほとんど理解できていなくて大変でしたが、ここ何日間かでやっと大体理解できるようになってきて、ステイ先でも日常会話のある程度をこなせるようにはなってきましたが、まだまだです。わたしのクラスには12歳、13歳のメキシカンの女の子たちがいますが、彼女たちはわたしよりもずっと英語が上手です。クラスメートたちはわたしのことを理解してフォローしてくれますが、まずは英語ができなければどうしようもないので…。いま一番の課題です。これから留学したいと思っている後輩たちには、ぜひ率先してたくさん英語の勉強をしてもらいたいです。

まだ学校は始まったばかりですが、すぐそばのスタジオで練習するスタジオカンパニーや、上階でリハーサルをするカンパニーの人たちを間近で見て、自分もこういう素敵なダンサーになりたい!と毎日刺激を受けています。来週はカンパニーの公演を見ることができます。恵まれた環境にいられることに、とても感謝しています。

スタイルの良い外国人たちに囲まれて辛く感じることもありますが、自分を見失わないように、信じて頑張りたいと思います。

アーベントまでもう少しでしょうか。舞台の成功を、心からお祈りしています!!………

photo:01



彼女が小学生の頃です。

留学の「り」の字も考えていなかったはずです。

しかし、留学の時期はある日突然やってきます。

教師はそのときは導いてあげなくてはいけません。

羽ばたける時は羽ばたかせてあげる。

あとは本人の努力次第。

長期でも短期でも

目的意識をしっかりと持ち

日本に帰ってきても誇れるだけの

知識や経験を身につけられるのであれば

留学は賛成しています。

日本の各県の中高に

「バレエ科」というものが存在しない限り

今後留学する生徒は増え続けることでしょう。

これは全国中のバレエの先生方、生徒たちの

切実な問題だと思いますが、とにかく

前向きに、前向きに

勉強してもらいたいです!

左右木健一

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-08-29 23:08:59

素直に応援出来る環境づくりを

テーマ:ブログ
今日、文園社さんから

バレリーナへの道第91号が送られてきました。

私のヴァルナ国際バレエコンクールの

審査員レポートが掲載されております。

photo:01


photo:02



日本人の参加者は、本当にみんな

頑張りました!涙が出るほどに…

私自身ヴァルナのコンクールに出場して

人生観が大きく変わりました。そして

今回、審査員として二度目のヴァルナ訪問。

これもまた、人生観をさらに大きく変えさせられました。

まず、自国のネガティブな批判をすることなく

常に応援をすること。

他国の審査員、先生方は

自国のダンサーたちの良さを自慢しておりました。

私もはじめは戸惑いましたが

いつしか、自分も日本人を応援していました。

自然発生的に…

「謙遜」という言葉を通り越して

「日本人はネガティブな批判ばかりで、自国の優秀な人材を応援しない」

と、外国の方からよく指摘されていたので

今回の私のレポートも批判めいた内容は書いておりません。

むしろ応援する気持ちで書きました。

もちろん、受賞した日本人の皆さんも

今後課題はありますし、それは

私も含めて、課題は山積みです。

しかし、ネガティブな批判を書かれた場合

読む側としても、どのようなものだろうか…

もちろん、人間ですから好みはありますし

美辞麗句を並べる必要はないです。

しかし、良いものは良い、と

素直に認めてあげて、それをサポートしてあげる…

この精神的バックアップは絶対に

若いダンサーたちにとって、必要不可欠だと思うんです。

お花に悪口を言って育てると

枯れる、という実験の話も聞きました。

若い才能を枯らしてはいけない…

本当にそう思います。

「良いものは良い!」

と素直に応援できる環境をつくること。

これが大事だと思います。

今の世の中、とても不穏な動きが続いており

日本の歯車も狂い

批判めいたことばかりが多い世の中。

同じ日本人同志が傷付けあうような世の中。

他者の相違を認めながら

家族として考えられたら…

地球上でありとあらゆる場所で起きる争い…

結局は誰も得をしないことはわかっているのに

パワーゲームのような世の中…

少なくとも、自分のなかでは

パワーゲームは必要ないです。

必要なのはただひとつ。

優秀な人材を育成して、その人材を

次世代に繋ぐこと…

頑張ります!

左右木健一

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-08-26 20:19:43

みんなで力を合わせて

テーマ:ブログ
今日は来週日曜日のおさらい会の

スタッフ下見でした。

その後集まれるお母様方を稽古場にお呼びして

今後のスクールのプロジェクトを説明しました。

まだ公の場では発表できないことがあるのですが

正式に決まり次第、皆様にもお知らせします!

うちのスクール、来年は

本当にやるべきことが山ほどあります!

それをいかに前向きにやり遂げるか…

一人一人の意識次第で奇跡が生まれるはず。

そう信じて、一枚撮りました。

photo:01



寝っころがって

行儀が悪くてすみません^^;

実はうちのスクール、滅多にみんなで

このように写真を撮らなかったのですが

今日は特別な日として撮りました。

なぜ横浜出身の自分が仙台で稽古場を開いたのか?

なぜ震災を経験したのか?

なぜ一旦現役を退いたのに、また舞台に舞い戻ることになったのか?

なぜその復帰と同時にヴァルナの審査員に選ばれたのか?

本当に色々なことがありすぎて

ここでは書ききれないくらい激動の

15年間でした。

いまはその突っ走ってきたことから

得た数多くの財産を、いかに次世代に繋げるか…

それしか頭にありません。

私は本当に周りの方々から助けられて

今まで生きてきた人生のなかで

一番幸せです。

しかし、私ばかりがこの幸せを

噛み締めていても無意味です。

今後はうちの生徒たちが、私以上に

幸せにバレエを踊り続けられること。

そのプロジェクトが今日からスタートしました!

左右木健一・くみバレエスクール

新たなスタートを切りました!

左右木健一

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。