Androidスマホは食べ物ではありません。きっと揚げればサクサクすると思われます。

Nexus5xとGalaxy s6 edgeとXperia Z5とAquos Zetaをお店で触った感じはAquos Zetaが1番(ちょっと驚き)2番目はGalaxy S6 edgeとXperia Z5がどっこい(これも軽快)4番目が5xで少しモッサリ(え??という感じ)でした。

ただ、どれも3~5分程度しか動かしてないので長時間いじり続けるとどうなのかは分かりません。

これは あくまでも私の感覚なので自分でもお店でイジってみると良いと思います。

NEXUS6P、サクサクですよ。発熱も気にするほどにはなってません。

Galaxyのサクサク感は悪くありませんが、周りのユーザの故障率が高すぎます5名中4名です

Xperiaは多くのユーザに支持さているだけあり、無難で良いと思います(Z4以外

Nexus5xやNexus6pは、国産スマホに入っているようなプリインアプリが入っていないため、サクサクしています

どのキャリアのスマホか分からないので、パンフレット等の「メモリ」の値がなるべく高いものを選択してみて下さい(爆熱のためオクタコアは選ばないこと

http://caoxilieren.a-thera.jp/
http://mormor1024.seesaa.net/
http://furters13.blog.wox.cc/
http://blog.livedoor.jp/kuta0813/
AD
私は日本初のAndroidスマホのHT-03A、日本初のiPhoneのiPhone 3Gから両者をずっと使ってきていますが、その感想を述べます。

1 Androidが不安定という印象が強いのは、2,3年前の国内メーカーのAndroidスマートフォンが相当酷かったからでしょうね。
国内メーカーにとって初めてのAndroidスマホ開発だったので、端末の完成度も散々なものでした。
なのでスマホに詳しい人は国内メーカーのスマホではなく海外メーカーのスマートフォンを選ぶ傾向が強かったのですが、スマホに無知な人は日本の技術はトップクラスと思い込んで国内メーカー製のスマホを選び、散々な思いをしたって感じですね。

しかし最近の国内メーカーのスマートフォンは開発に慣れてきたおかげでかなり安定していますし、海外メーカーのスマートフォンはものすごく快適に動きます。
私はそこまでAndroidに不安定さは感じません。

2 それはメーカーの技術次第です。
国内メーカーのスマホは本来Android OSには備わっていない日本独自機能のワンセグ・赤外線・おサイフケータイを搭載させたので、アップデート用のソフトウェアを開発する際にその部分の動作確認や不具合確認が非常に大変になり、結果的にアップデートしたらバクだらけとかになってしまったのでしょう。
3 まともなAndroidスマートフォンなら2年は使えます。1~3年前の国内メーカーのスマートフォンは厳しいですが、それ以外のAndroidスマホなら問題なく2年は使えるでしょう。

4 そもそも海外メーカーのAndroidスマホは2,3年前の国内メーカーみたいな酷いスマートフォンは作っていませんし、それほど不安定でもありませんでした。

またアップデートも各社のグローバルモデルなら2年弱くらいはサポートしてくれるので、問題なく2年間は使用できます。
しかしたとえばGALAXY S4やHTC Oneといった機種はグローバルモデルではアップデートによって最新のバージョンにできますが、日本で発売されているGALAXY S4やHTC Oneはアップデートが提供されるのはものすごく遅く、なおかつ1回きりだったりします。
理由は日本版の機種はグローバルモデルと違って日本独自仕様になっていて、アップデートをするのに手間がかかってしますからです。
たとえば北米版のHTC Oneは最新のAndroid 4.4までサポートされるのに、日本版のHTC J OneはAndroid 4.2までとなっています。

世界で発売されているグローバルモデルは安定性も高いですし、アップデートも手厚いです。また海外では低価格帯から高価格帯のAndroidスマートフォンが揃っており、すべての消費者にぴったりの端末が選べます。
だからAndroidは世界シェアの80%をも占めるのです。
補足
あとiOSでもアップデートで不安定になることはあります。
iOS 7のアップデートでは性能が低い古いiPhoneでは動きが非常に悪くなってしまっていますね。

Androidの最新バージョンのAndroid 4.4では日本では2, 3年前に発売されていたような低性能スマホでも快適に動くことを目的に開発されましたが、このような特別なことをしない限り古い端末で最新のOSを動かくのは厳しくなることも多々あります。

再補足
もちろんセキュリティ対策のアップデートはされますが、ウイルス感染を100%防げるわけではありません。
iOSは自由度を限りなく低くしているおかげでセキュリティはかなり良いですが、Androidは自由度が高いのでiOSよりもセキュリティ面では劣ります。
AndroidはWindows PCと同じような感じだと思ってくれれば良いと思います。
ウイルスを防ぐにはウイルス対策ソフトを入れ、不審なアプリとか信用できないアプリはインストールしないようにしましょう。
iPhoneユーザーがAndroidスマホに変えた場合ですが、確実に操作は難しくなるのでしょう。iPhoneは簡単スマートフォン、Androidは本格的なスマートフォンと考えてくれれば結構です。またiPhone→Android、Android→iPhoneのどちらでも難しさに関係なく慣れるまでは結構大変ですね。いくらiPhoneが簡単でもAndroidユーザーがiPhoneを使うとき慣れるまでは使いづらいですし、逆も同じです。

将来残るのは世界では間違いなくAndroidでしょう。Androidは世界シェアの8割を占めるのに対し、iOSは1割ですからね。
日本ではiOSのほうが残りそうですけどね。これほどiPhoneが人気な国はないですから。
AD
そもそもAndroidじゃUSB端子が端末充電用の小さいのしか合わないからペンタブのUSBケーブルをつなげ無いでしょ?大きいUSB端子から小さいのに変換するコネクタもあるけど入力専用と入出力を兼ねてるものとが有る。ペンタブの場合はドライバというペンタブを動かすプログラムが必用でそれがAndroidOSに対応してなければまともに動かせない。使えませんよ。挿してもし動くとしてもマウスと同じ動きをするだけで筆圧と座標を感知しないでしょう。アンドロイド端末の場合デジタイザに対応したディスプレイを搭載した。対応したデジタイザペンがなければなりません。対応しているのは、Windows OSとMac OSのみです。iOSやAndroid系は対応していません。ですが、これはワコム製ペンタブの場合なので、他社のペンタブは分かりません。
AD