創信学院のブログ

印西中に特化した学習塾「創信学院」です
生徒の日々の取り組みを随時公開していきます!
ホームページhttp://sohshin-gakuin.com/


千葉県印西市木下1683月野和ビル2F(木下駅北口徒歩1分)
Tel 0476(85)6990
HP http://sohshin-gakuin.com/
代表 片野信也


テーマ:

このブログを見てくれている学校の先生方がたくさんいらっしゃいます

 

 

 

 

 

特に20代〜30代の学校の先生方からコメントを多く頂くので、その方達へのメッセージも込めて

 

 

 

 

 

そして、そういった学校の先生方の飲み会にもお呼び頂くようになりました

 

 

 

 

 

 

ある会の席で、感じたこと

 

 

 

 

 

 

 

僭越ながら、若干26歳のガキが吠えさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、職場での立ち位置や、己の年齢から、見た目から、保護者からの受け取られ方は様々だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あんな若い先生が担任で、ウチの子を受験に迎えさせていいんですか⁈」

 

 

 

 

 

「もっと進路指導経験の豊富な先生にお任せしたいんですが」

 

 

 

 

公立中学校のクラス分け(中学2年次)に保護者からよく頂くご意見らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

先日行かせて頂いた若年層の公立中学校教員の方々と飲ませて頂いた時に

 

 

 

 

私たちが何を言ったとしても生徒は軽く受け止めてしまうんですよ

 

 

 

 

「卒業して10年も経ったら生徒も覚えてませんからねwww」

 

 

 

 

「何にも問題起こさなければ、60歳まで安泰ってのが教員のうまみ、ですよね」

 

 

 

 

「保護者がね〜!片野先生も塾だととそういう経験ばっかでしょ〜www」

 

 

 

 

 

ブチ◯しそうな、感情をおさえて

 

 

彼らに問いました

 

 

 

 

 

 

「みなさん、学校の先生になられたきっかけはあるんですか(^ ^)?」

 

 

 

 

 

 

その答えを、聞いて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い方悪いですよ、

 

 

 

 

 

 

 

 

甘えんな

 

 

 

 

ナメんなよ、と

 

 

 

 

学校を、生徒を。

 

 

 

 

 

 

あの時いらっしゃった先生方々には何年ぶりかの(?)マジギレで伝えました

 

 

 

 

 

 

 

 

『一生、教育者ではなく公務員で頑張ってください。ただ、あんたらみたいな人達がいるから、ウチの業種がメシ食えるんです。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、

 

 

 

 

 

あの場にいた”学校の先生”たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログ見てんだろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレより年上ばっかだけど関係ねぇんだよ

 

 

 

 

 

 

保身だけを考えて生きているお前らとは、立ってる土俵が違ぇんだよ

 

 

 

 

こちとら、そんな奴らの愚痴に付き合ってるほど暇じゃねぇんだ

 

 

 

 

 

 

お前ら、ここで書けないようなことの話題も含めてクズだぜ

 

 

 

 

 

教育者どうこうじゃねぇ

 

 

 

 

人間としておかしいぜ、あんたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んでも自分の受け持ってる生徒の悪口なんか言うんじゃねぇよ

 

 

 

 

 

 

受け持ってる生徒=自分の子供だろうが

 

 

 

 

 

 

 

あんたらだって、教職取ったとき、子供らに伝えたいことがあって教育者になったんだろうがよ

 

 

 

 

 

 

 

てめぇらには四六時中生徒と触れ合える時間があんだろうがよ

 

 

 

 

 

オレら塾の人間からしたらそれが羨ましくてたまらねぇんだよ

 

 

 

 

 

 

簡単に生徒に「塾の先生が私の先生」なんて言わせんなよ

 

 

 

 

 

誇りもてよ、この仕事に

 

 

 

 

 

 

上からの圧力で屈するぐらいなら

 

 

 

 

親からの重圧で折れるぐらいなら

 

 

 

 

学校の先生なんかやめろや

 

 

 

 

子供達に失礼だろうが

 

 

 

 

 

 

それができねぇんだったら独立でもして塾でも学校でも建てろや

 

 

 

 

 

 

そのリスクを負う覚悟をもてないんだったら、生徒の前に立つ資格を捨ててください

 

 

 

 

そんな奴に子供の将来を受け持つ資格はない

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、生徒のことを本気に思って接してくれている学校の先生方はたくさんいます

 

 

 

 

 

そういった、先生方とも何人もお会いしました

 

 

 

 

 

 

だからこそ、その会に参加されていた先生方の屈曲した考え方がたまらなく悔しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ20代の先生たちよ

 

 

 

 

 

 

オレは元々教員になろうとしたんだよ

 

 

 

 

 

ただ、オレは上に抗える根性がねぇから独立したんだよ笑

 

 

 

 

 

 

 

あんたらはオレなんかより立派な人生歩んで来てんだろが

 

 

 

 

 

 

だから、本気で生徒のことを第一に考えてあげてください

 

 

 

 

 

 

もし、それが校長だが教育委員会だがしらねぇが、意見に背くようなことだとしても

 

 

 

 

 

 

「先生」は塾じゃなくてあんたらなんですよ

 

 

 

 

 

 

 

オレは生徒が、学校の卒業式を笑顔で迎えるためにこの仕事をしています

 

 

 

 

 

 

あんたらも同じでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

オレは塾業界を変えるなんてちっぽけな目標の為に、学生起業したわじゃない

 

 

 

 

 

 

 

根本、学校教育からの見直しを提言できる力をつけたくて起業したんだよ

 

 

 

 

 

 

 

あんたら、特に20代の学校の先生が本気になんなきゃ、なんも変わんねぇんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前に現場の苦労わかるわけねぇだろ」

 

っていう意見はごもっとも

 

 

 

 

 

 

繰り返すが、だったら自分の理想を作る為にリスク背負えや

 

 

 

 

 

 

ガキじゃねぇんだから、与えられる代償にリスク背負わなきゃいけねぇことだってわかんべ

 

 

 

 

 

 

 

 

マジで、本気で、教育業界を抜本的に変えてやろうぜ、学校の先生たちよ

 

 

 

 

 

 

 

一緒に、死ぬ気で頑張ろうぜ、20代の先生方よ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

創信学院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。