創信学院のブログ

印西中に特化した学習塾「創信学院」です
生徒の日々の取り組みを随時公開していきます!
ホームページhttp://sohshin-gakuin.com/


千葉県印西市木下1683月野和ビル2F(木下駅北口徒歩1分)
Tel 0476(85)6990
HP http://sohshin-gakuin.com/
代表 片野信也


テーマ:
千葉県公立高校の入試倍率が発表されました。
 
男女比の関係や部活動優待枠などの関係から、必ずしも難易度を正確に表す数字であるとは言い切れませんが、信用のある指標です。
 
 
 
 
 
今年もゲストをお呼びし、面接特訓を実施致しました(^^)!!
 
 
おそらく、全国で1番豪華な面接練習…
 
なんと、元:公立校の校長先生を3人お呼びし、個別の面接指導!!
 
 
いやー、緊張感ありましたね笑
 
 
なぜなら、彼らを面接する高校の先生方を指導していた立場の方達ですからね(^0^;)
 
 
例年通り、面接前に面接官と生徒との接触は一切なし。
 
 
ドアを開けた瞬間、スーツ姿の校長先生軍団と初対面!!
 
 
実は、面接練習にあたり、生徒達にはある“種”をまいておきました。
 
 
これは来年以降の生徒達にも使用するものなので多くは言えませんが、効果覿面♡
 
 
面接練習の総括…
 
 
 
すごかったぜ今年の受験生(^^)!!!!!
 
 
 
もう、なんというか…すごかったんですよ!!笑
 
 
ここまで高校を調べて、準備して、何度も何度も練習して…
 
 
僕は後から生徒達の見えないところから見ているのですが、
 
あまりの生徒達の頑張りに正直涙が出そうでした(;。;)
 
 
前回のブログにも書きましたが、本当にこいつら“大人”なんだな、と。
 
 
お越し頂いた先生方からも、申し訳なくなるほどの賞賛のお言葉も頂きました。
 
塾としては何もしていないです。
 
本当に今年の受験生を僕は尊敬しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おまえらさ、他人の人生狂わせる覚悟ある?」
 
この言葉を、今日生徒達に問いかけたとき、空気が凍りました。
 
倍率発表が僕のPCに届き、その数字を確認した生徒たちは決まって神妙な面持ちに変わります。
 
 
そりゃそうですよね。○○人の受験者に対して、△△人受かる。
 
=何人落ちるのかを数字として見るわけなので。
 
 
リアルなんですよね。彼らにとって倍率という数字は。
 
 
自分という主人公が、数百人という数の1つに過ぎず、アイデンティティの乖離を感じる瞬間。
 
 
 
「たかが勉強」「たかが受験」長い人生の中で高校受験なんて1つの小さな分岐点に過ぎないのかもしれません。
 
それでも、当人達は本気なんですよね。
 
人生初の岐路に直面しているわけですから。
 
 
人生のターニングポイントにおいて、必ず「競争」が存在する。
 
 
倍率という数字はその現実を、入試本番1週間前に再確認させてくれます。
 
 
それをふまえての、先述の質問。
 
 
 
努力が全て結果に繋がるものではないということは、中学3年生はわかっています。
 
頭の中では。
 
 
ただ、心のどこかで「これだけやってきたのだから」という確証のない感情を、焦燥感の避難場所として用意してしまいます。
 
 
そんな甘いもんじゃない。現実から目を離すな。
 
 
 
お前さんらが勝負する相手は、そこら辺にいる奴らを並べたわけじゃない
 
 
等しく、お前らと同じように努力を重ねてきた受験生との勝負
 
 
その高校に入るために、自分の時間を極限まで削り、緊張感と向き合い、この時間も努力をしてきている相手を
 
「蹴落とす覚悟」があるのか、という話。
 
 
志望校に受かりたいというのは、1つの“欲”
 
その欲を、降ってくるエサを待つように、当たり前の生活の一部分のように満たしてくれると思うなよ。
 
 
生徒達が、自分の人生をどう軽く扱おうと、僕は反対しません。
 
結婚・就職・独立・借金…etc
 
自分自身にとって人生の一大事と思うことも、他人からしたら居酒屋の会話の肴として3秒で消えるもの。
 
 
だからこそ、時には自分の人生をチップとして人生かけた大勝負かけてもいいんじゃないかな、と。
 
 
ただ、他人の人生は別。
 
自分の人生の失敗は自分でケツを拭けば良い。
 
 
顔も知らぬ他人の人生を背負えるほど、人間って上手くできてないですよね。
 
 
本気で努力してきた人間を蹴落としてまで叶えようとする欲を、中途半端な覚悟で叶えようとするなよ。
 
 
 
 
 
 
僕の考える「間に合わせる」とは
 
 
第三者目線に立ち、自分の言葉を、自分の行動を、客観視できること。
 
 
受験生、いまお前らが置かれている環境は金じゃ買えねえからな。
 
 
15歳のお前らが直面しているものは、今しか味わえねえんだよ。
 
 
これから先、もっと困難な壁にぶち当たった時、たかが勉強に本気で取り組んだことを糧にしてほしい。
 
 
「間に合わせて」自分自身を見たとき、お前らの努力は絶対に他にはひけをとらないはず。
 
 
だから、自信をもって、堂々と望んで下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
塾生は全員僕の息子&娘です笑
 
 
自分の子どもの幸せを一番に親は考えます
 
 
あとはパパにまかせなさい♡笑
 
絶対笑顔で卒業式迎えさせてやるよ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

創信学院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。