1枚に8MBもかかる画像は、半端なしに美しい。

 

 画質を72pic/inchに落として、jpg圧縮して、これです。

生のキメの細かさ・・・


 『仕事は、道具』ですね。


 コンデジ10台並べても、この画像は得られませんからね。

 

 


オカヤマのフィールドノート-ヒメボタル食餌02-06

          カメラ: ニコン D200

          ISO: 200

          シャッタースピード: 1/6

          絞り: 29

          WB: 昼白色蛍光灯

          レンズ: ニコン AF ニッコー 28-105mm マクロ


 

 そして、1回で100枚撮影の設定で、5回も6回も撮影すると、あとの作業時間も半端なし!スライドショーで0.2秒間隔で映していたら、あっという間だけど・・・・どの1枚が気に入った1枚だったか探すのが、そして、動画にするための処理が・・・。


 ぶったまげちゃいました。 時間が早く過ぎます。マニュアルでの作業で、時間がかかること、かかること。

 

 そんな、画像処理作業中の連続10枚です。20秒間隔で撮影させています。3分20秒の時間がこの画像に込められています。

 

 


オカヤマのフィールドノート-ヒメボタル食餌02

 

 

 前回の連続撮影の画像とは、比較しないでね。

 

 ホタルの幼虫の食餌って、口器などがよく発達していないから、喰らいついたあと、粘り気のある消化液を肉にかけて、溶かしながら、すするようにして食べるものと思っていた。

 しかし、今回のインターバル撮影の結果では、何回もあちらこちらに喰らいついて、摘み食いのような食べ方をしていた。これは、頭部の動きを撮影できたから、分ったことだけどね。カタツムリの殻に、潜り込んでいる様子だけを観察していたら、やはり、ゆっくりとお食事しているように見えるよね。

 

 生き物のデータです。


  ヒメボタルの幼虫は、体長10.8mm、前胸背板の幅2.6mmです。

  セトウチマイマイは、殻幅9.3mmです。

 

 

 

 

AD

 ヒメボタルの幼虫のケースに、セトウチマイマイのちいさな個体を入れていたら、30分くらいで幼虫がマイマイを食べる行動に出ていた。気が付くと、マイマイの中へ、幼虫が入り込んで、腹部の第9節(最終節)までもが見えなかった。


 急いで、コンデジのインターバルと三脚を用意して、撮影にかかった。インターバル撮影機能を使って、30秒ごとに180枚ほど撮影してみた。1時間半ほどかな?

 

 スライドショーで見ると、食べながら、よく動いていることが分かった。動画仕様にして後日、公開しよう。


 今日は、とりあえず、昨夜のデータをアップする。

 

 


オカヤマのフィールドノート-ヒメボタル食餌01

 

 

 マイマイの殻の中にもぐっていたヒメボタルの幼虫が、後ずさりして、出てきて、また、もぐっていく様子がよく分かった。

 いや~、インターバル撮影様様の知見だ。もちろん、ムービーだと、もっと、よく撮れるのだろうが・・・


 コンパクトデジカメ(ニコン クールピックス P3)だったので、マクロ撮影では露光がちゃんとあわなかったようだ。画像が荒れて、見難いけど許してね。


 今度は、デジタル一眼(ニコン D200)を使って、撮影するので、もっと鮮明な画像をお見せできると思います。

 

 

 


 9月26日に、最初の1匹を観察することができた。


 観察して、幼虫を開放したあと、再び、トラップを仕掛けた。


 ヒメボタルがいることは知っていたが、トラップで幼虫が採れることが判ったので、幼虫がいそうなところを、幼虫の気持ちになって考え、林の中を見渡した。自分なら、このあたりに住むなって思ったところに、2箇所、2m×2mの範囲に5つずつトラップを仕掛けた。

 今回も、地元の生き物の保護・保全活動をされてるOさんに全面協力していただいた。

 

 仕掛けてから6日目、あいにくの雨。林の中は、それほどひどい降りようではないだろうし、雨をしのげるところでトラップの中を確認すればいいと思い、にトラップを確認にいった。4匹も掛かっていた。10mm以上の個体が3頭と7mmくらいのが1頭だった。


 2箇所に設置していたことから、比較ができる。前回のトラップのデータも合わせると3箇所の比較ができる。それらは、別の機会に内容を紹介するとして、今回は、雨で湿度が高く、気温は涼しい感じだったようで、活発に動いていた。


 動画は、ヒメボタルの幼虫の歩き方を紹介している。

 今回は、脚が6本ある個体なので、正常な歩き方をしていると思っている。

 

 

 

 

 なかなかユーモラスな歩き方でしょう。ここでは、腹部を弓状に曲げて尾脚にある鉤糸でシャーレに敷いたろ紙に尾脚を固定し、胸部の脚で這うことと腹部を伸展させることによって体を前に進めているのが判ります。尺を取る要領で、動いています。

 別の日にゲンジボタルの幼虫の歩き方を動画でアップしますので、そのときにじっくりと比較していただくとして、ゲンジボタルは、尾脚の鉤糸で石の表面につかまって、芋虫のように、体節ごとに伸びたり縮んだりして、蠕動(ぜんどう)運動しています。水中なので、少しでも、流れの抵抗を少なくして、動こうとしているのが判ります。

 

 さて、幼虫の発光器の撮影は、いつ、成功するんでしょう? 

暗室で、顕微撮影装置を構えて、待っているのに・・・。

 

 他人事のように、開き直っています。