机の上からノートパソコンや本やUSBメモリを片付けて、新聞紙を2枚広げて、グリーンの工作用マットを敷く。厚紙で作った波板を置いて、引き出しからアクリル塗料や筆、皿、水入れなど出してくると、コロコロとドングリが転がってくる。

・・・っで、下の画像の状態になる。


オカヤマのフィールドノート-ドングリトトロ09-01

30年前に岡山へ来たときに買ったラジカセに火を入れて、ホコリの焼ける香ばしい臭いが漂い、テープから懐かしい曲が流れると、部屋はジブリの森のほこらと化す。

机の上のドングリの表面はBのように、白く粉を噴いている。それを手に取ると、ドングリはのように自ら輝きだす。こうなると、色の食いつきがよく、途中で剥がれ落ちることがない。


オカヤマのフィールドノート-ドングリトトロ09-02

今年は、100個もいらないようなので、3晩もあれば大丈夫。

90個ほどをサラサラと、淀みなく筆を滑らせ、色を乗せていく。

気温も高く、乾きが早い。さらに、作業ははかどる。


オカヤマのフィールドノート-ドングリトトロ09-03

本当に3晩で完成した。


・・・といっても、当日(27日)の朝、5時だった。

恒例の記念撮影をして、そそくさと職場へ急いだ。


オカヤマのフィールドノート-ドングリトトロ09-04

この画像を撮るときが、達成感のピークだ。

撮影のあと、子どもたちが喜んでくれるかどうか、不安がつきまとう。

とにかく、朝一番の講義の準備にかからないと間に合わない。


このような状況の中にいるその瞬間、活き活きしている自分を感じる。

これは、ギリギリを集中力で切り抜ける快感だろうと思う。きっと、エンドルフィンがドバドバと血中へ分泌されているのだろうと、勝手なイメージ図を頭に描きながら、原子の電離や放射線の相互作用の説明を考えている自分に、徹夜明けのナチュラル・ハイなボクは酔っていた。


AD

そして、いよいよ完成への真っ直ぐな道です。ゴールラインとテープが見えているような気がします。

第16行程は、お鼻と髭(ひげ)を描きます。スカイグレイ(XF-19)を使って、両目と口の間の3角のところに、可愛らしくお鼻の丸を描きます。横に少し楕円だったり、丸い逆三角形だったりすると可愛らしいです。そして、左右の目と口の間から、左右に2本ずつ線を凛々しく引きます。

髭と鼻を描く順番は、『左の髭⇒お鼻⇒右の髭』です。顔表面を流れ作業でこなすと、時間が短縮できます。120体ですから、30秒でこなしても、1時間はかかります。


08どんトロ08

第17行程は、歯のすき間を描きます。光沢のあるブラック(X-1)を使って、1発勝負です。横一文字に引いた口の真ん中に、まず1本引きます。そして、右側に2本引いて、3等分します。つぎはm左に2本引いて、3等分します。トトロの歯は、6本見えている設定です。できるだけ細い線で書くようにします。でも、細すぎると、健康的な歯の感じがしません。


第18行程は、黒目を入れます。ブラック(X-1)を筆にとり、白目の真ん中に置くような感じで塗ります。黒目が大きいと、トトロの感じがしません。

基本は、白目の真ん中に黒目ですが、右に流し目、左に流し目させても面白いでしょう。ウインクや困った目なども演出できますので、工夫してください。

黒目が入ると一気に表情が現れますから、楽しんでください。


黒目が乾くまで、半日以上おきましょう。きらきらのつぶらな瞳に変身します。



さて、120体のどんぐりトトロが完成しました。毎年、この画像を撮るとき、達成感が味わえます。また、今年も、なにか責任が果たせたという感じでもあります。


08どんトロ09

どんぐりトトロは、どんな子に拾われるんだろうって、心配そうに並んでいます。


朝8時半頃に、50体ずつ2つの袋に入れ、予備の20体を別の袋に入れて、家をでます。朝日の中、集まって来る園児たちに「おはよう」と声をかけながら、幼稚園に向かうディバッグの中で、ワイワイとおしゃべりしている感じがします。


今年は、晴れています。

どれでも、下のバナーをポチッっとクリックしてください。更新の励みになります。

人気blogRanking 自然科学へ にほんブログ村 科学ブログへ くつろぐブログランキング

別のウインドウで開きます。

光沢のない、柔らかな感じをかもし出しているお腹ができたら、お次は歯です。


第9行程です。溶剤で薄めたフラットホワイト(XF-2)で、お腹の上側に横一文字に描きます。お腹の幅と同じくらいか、少し短い目に描きます(仕上げの表情に関わるので、試作して、工夫してください)。一番簡単なので、一文字にしています。10体くらい描くのなら、薄いひし形に描きますが、120体となると・・・ネ。

1体に1分かかると、全部で120分(2時間)もかかりますから、バカになりません。


第10行程は、ホワイト(F-2)で重ね塗りをします。歯ですから、光沢をつけます。光沢が付いている分、乾き難い感じがします。充分に乾かしましょう。


08どんトロ05

第11行程です。ホワイト(X-2)で3回目の重ね塗りをします。よく乾燥させたら、まぶしい白さの歯が出来上がりです。

第12行程は、目玉です。溶剤で薄めたフラットホワイト(XF-2)をどんぐりの尖がったてっぺんと口の間にバランスよく描きます。この白目の大きさで表情が変わってきますから、工夫してください。これは、下塗りです。溶剤で薄めているので、2時間くらい乾かすと、次が塗れます。


08どんトロ06

第13行程は、ホワイト(X-2)での重ね塗りです。白目の縁が凸凹にならないように、滑らかな輪郭を志しましょう。まん丸がベターです。白目が楕円だと、『オバケのQ太郎』のようになってしまいます(笑)。半日くらい、よく乾かしましょう。


第14行程は、白目の仕上げです。ホワイト(X-2)で3回目の重ね塗りです。半日くらい乾かすと、眼光鋭い白目が完成します。

第15行程は、お腹にフクロウのような矢じりの模様を書きます。スカイグレイ(XF-19)で描きます。よく乾かしてくださいね。


08どんトロ07

ここまで描くと、なんとなくトトロだと分かってきます。


柔らかいお腹、まぶしい白さの歯、鋭い眼光を放つ白目・・・。もうすぐ完成です。


どれでも、下のバナーをポチッっとクリックしてください。更新の励みになります。

人気blogRanking 自然科学へ にほんブログ村 科学ブログへ くつろぐブログランキング

別のウインドウで開きます。