先週、夕方2時間、早朝3時間かけて、玄関の芝生を刈った甲斐があった。

 

しかも、土曜日と日曜日に適度な雨が降ったので、芝生が活き活きとしている。



結果、キャンパスは、きれいな芝生と木々の多い、美しい感じとなった。



自分が手入れしておいて、思うのもなんだけど・・・



オカヤマのフィールドノート-芝生090803



いつもこんな芝生だったらいいのにな~ 

 

 

って。


でも、半月に一度くらいの芝刈りと、2日に1度でも水撒きをしないとね~。


とても、できない仕事だね。 いつも、管理している皆さん、ご苦労様です。

数日、手入れさせていただいただけで、ヘトヘトでした。でも、楽しかったし、嬉しかったです。

 

 実は、ここの芝生を手入れすることは、学生の時からしてみたいことの一つでした。

 

 30年も前は、オープンキャンパスなどはなかったので、高校の先輩を頼って、夏休みに見学するようなことをしていました。初めて、このキャンパスに訪れたときに、この芝生が青々として、ゴルフ場のグリ-ンに見えました。当時は、手入れの専門家がおられたので、芝生は美しかったです。

 学生を上がって、そのまま居座ったのですが、学部が違ったためにこの芝生を手入れすることはできませんでした。ようやく2年前に出身講座に戻ることができたので、チャンスを伺っていたところ、7月下旬に訪れました。

 ただただ芝刈り機を押して歩くだけなのですが、夢のような2日間でした。

 


AD

 8月です。

 今日から9月30日まで2ヶ月間の夏休みです。


 やった~!






 ・・・・といっても、学生たちが・・・です。ボクには、お盆休みの3日間と夏季特別休暇の3日間だけです。

 少しは、学生に応対する時間が少なくなるので、自分のことができるようになるだろうと思います。


 ・・・っで、最初にする仕事は・・・・


 芝刈りと草刈りです。


 ほかにすることがないのか?と思われるでしょうが、夏休みには、いろんなところからさまざまな人がキャンパスに訪れます。一角だけ(キャンパスの真ん中)、草を伸ばし放題にしていたら、印象がよろしくないのと、害虫(蚊、蛾、蜂、蛇、ダニ、シロアリなど)が出るので、風通しよくしておかないと・・・ネ♪


 6時頃から、セミ(クマゼミですが)が鳴いています。もうしばらくすると、アブラゼミが加わって、昼過ぎるとクマゼミは鳴きやみ、夕方までアブラゼミの大合唱になるでしょう。


 さて、あと4分の3ほどです。たとえるなら、甲子園球場の10分の1ほどです。


 ガンバリます。

 


 7月に入って気になっていたのだが、やっと芝刈りができた。前回の芝刈りでは、ネジバナの花茎が伸長を始める前に済ませていたので、1ヶ月半くらいのインターバルをとった。もう、花も咲き終わり、種子形成もでき、散布も終わっているだろうと、枯れた花茎を見て、芝刈りを始めた。

 すでに、セミの羽化が始まっているので、生垣沿いの芝刈りは、要注意である。