前回、9月26日(土)に1回目の授業があった(そのときの記事はこちら )。


 2回目は、10月7日(水)だった。

 

 前回は植物を主に観察したので、今回は動物を主に観察した。

 

 最初に、前回の続きで、パワーポイントを使って、地元の生き物の画像を見ながら、お話をした。

 

 台風が四国沖に近づきつつあるため、空模様が怪しいかったので、話を短くして、すぐに外へ出た。

田んぼの横の道路を歩きながら、イネや田んぼの雑草の話をしつつ、草むらに移動した。

 

 教室に持ち帰って、体のつくりを観察するために、『1匹だけ持ち帰る』と約束をして、採集を開始した。

 

 


オカヤマのフィールドノート-採集の風景

 

 

 最初、なかなか、見つけることができなくて、四苦八苦していた。ボクには、たくさん、いるように見えたんだけどな~。子どもたちにムシが見えるように、わざと草むらをガサガサして、ムシを飛ばしてやった。どうにかムシが見えるよになったら、アマガエルも見え始めたようで、ワイワイ、キャーキャー言っていた。

 

 何匹もつかまえて、袋の中がバッタだらけになっていたり、カマキリを入れていた袋では食べられているバッタもいた。


 10分くらいすると、ムシが触れないといった女の子も、袋越しなら触れるようになっていた。10分間、戦ったんだろうな~。

 

 しばらく採集して、一人1匹ということで、教室に戻った。


 「帰りに放す」という約束で、どうしても5種類持って教室に帰るという子どもがいた。仕方ないかなぁ。

 

 教室で、昆虫の体のつくりを詳解して、観察してもらった。

 

 今回も2時間は、すぐに過ぎてしまった。何とか、採る名人と観る名人になってもらったかなって感じだった。

  

 

 

 

AD

 例年、地元の小学校3年生は、地域のいろいろな達人からその技を修得することが、課題となっている。


 お飾り作りの名人、いけばなの名人、絵手紙の名人、英会話の名人、空手の名人たちが招聘される。

 

 ボクには、「自然の名人」との称号が与えられた。


 おそらく、『自然観察』または、『自然の研究』だろうと思う。

 

 


オカヤマのフィールドノート-自然観察の名人

 

 

 土曜日に、教室へ招かれると、18人の見習いが生徒がいた。今年は、父兄参観日になっていたため、後ろには、父兄の皆さんも並んでおられた。少し緊張した。


 最初に、子どもたちからの質問時間がある。


 「自然」の中で一番好きなものは?

 「サカナ」と「昆虫」ではどちらが好きですか?

 どのようにして、「自然名人」になりましたか?

 などなど


 いろいろな質問を考えてくれていた。


 次に、ボクの用意した資料をパワーポイントを使って、話をした。

 40分くらい話をして、ちょっと休憩。

 後半は、校門から外へ出て、学校の横の用水沿いに歩きながら、「サカナ」、「植物」、「昆虫」などの観察をいっしょにして、学校の周りの自然観察地図を描くことにした。

 

 校外に出ると、用水に落ちないかとヒヤヒヤする年があったり、こまめに人数を数えないといけない年もあったりするのだが、今年の子どもたちは、結構、おとなしかった。
 

 2時間があっという間に過ぎてしまった。


 次回は、2週間後だ。今度は、田んぼと草むらでの観察会だ。

 

 

 


 

 

 あっという間に、ひと月ほどの前のことになってしまった。これは、10月下旬のお話です。


 火曜日は。朝1番に講義があるので、それを済ませてから幼稚園の年長さんの遠足に合流した。


 遠足先の森林公園に着いたのは、お昼前で、食べられるドングリや食べられないドングリのお話は終わり、子どもたちは森林公園に用意したナゾナゾラリーをしていた。上の展望台のほうから、ヤマビコを聞くための呼び声が聞こえる。山道に突然飛び出してきて、切りつけてくる無礼な侍に遭遇し、切り捨てられたりもした。

 

 いにしえの森林研究所があった頃に植えられたタイワンフウの下で記念撮影が行われていた。ここに、森林研究所があったことを知る人も、少なくなった。勤めておられた方も、ご高齢で、ボランティアでの公園管理活動もままならなくなっているそうだ。

 


08遠足01

 

 でも、子どもたちが遊びに来ると連絡を受けると、道ばたや広場の草を刈り、壊れたり崩れたりした階段を捕集してくれている。遊べるようにと、落ち葉の山まで用意してくれていた。ちゃっかりと、子どもたちは落ち葉の山にダイビングしたり、落ち葉を抱えて、撒き散らして遊んでいた。

 


08遠足02

 

 一息遊んで、お昼を各々の組でかたまって食べていた。各組、数名の父兄が参加して、担任の先生といっしょに子どもたちを世話されておられた。今年は、希望する子どもの保護者が参加するのではなく、数名の方に依頼して参加していただいたそうだ。


 昼食もおわり、毎度盛況で収拾がつかなくなる(?)質問コーナーの時間も終わると、帰路に着く。途中で、昨年仕掛けた巣箱を回収して、箱の中を観察する。空振りの年もあるが、大体、3個に1個は営巣されている。たまに、アシナガバチの巣があったりするので、みんなで大騒ぎになる。もちろん、空になっている巣なので、刺されたりすることはない。でも、子どもたちは、大騒ぎ。

 今年は、野鳥が営巣している巣箱が1つあった。中を覗き込む子どもたちで、巣箱が引っ張りだこだった。いやいや、狙ったことろにちゃんと巣を作ってくれる小鳥に感謝、感謝。

  

 いよいよ、本格的に帰路に着く。でも、何か一つ、お土産を忘れている。


 「今日の遠足で、いっぱい遊んだ子には、森からプレゼントがもらえます。でも、よく探さないと、恥ずかしがり屋なので見つかりません。よく探してね。」

 


08遠足03

 

 ・・・と、道ばたの広場に誘導された子どもたち、キョロキョロとしていると、奇声が上がる。


 「トトロじゃ~!」


 「トトロがおる~!」


 例年のことだが、連日の夜なべ仕事の疲れが取れる瞬間だ。

 


08遠足04

 

 一人に一匹ずつ、どんぐりトトロが見つかったら、陽も傾いてきたので、お母さんたちの待つ幼稚園に帰ることになる。帰りの道すがら、握り締めた手の中のどんぐりトトロを見ながら、ニコニコしながら子どもたちだった。


 この子どもたち、そのまま地元の小学校に上がれば、5年後、スクリーンいっぱいのどんぐりトトロに再会することになる。突然に訪れる思い出のトトロ。ボクのイタズラは、今年も、子どもたちの心に仕込むことができた。

 

 

 昨年は、こんな感じでした。

  ⇒ こちら (ポンポコ山探検記<その1>)

     こちら (ポンポコ山探検記<その2>)

 

 どんぐりトトロ ⇒ こちら


  

 

 


どれでも、下のバナーをポチッっとクリックしてください。更新の励みになります。

人気blogRanking 自然科学へ  にほんブログ村 科学ブログへ  くつろぐブログランキング

別のウインドウで開きます。