岡山市中区に操山(みさおやま)と言う名の小高い山がある。後楽園(日本三名園のひとつ)の借景として用いられているが、それは西から見た山の一部だけで、後楽園ができる前は、明善寺合戦 があったりして、趣のある山じゃないし、60年くらい前まではほとんどハゲ山で、戦中あたりでアカマツを率先して植え初めて、戦後しばらくは、マツタケは採れていたところだ。有名な沢田ブランドの『富有柿(ふゆがき)』は操山の北斜面に作られている。

 

 

 さて、その操山に公園構想が持ち上がり、自然保護団体は、自然公園としての公園として、ハード面だけではなくソフト面も構想の基本計画に書き込むように交渉したのは、ビジターセンターの着工直後あたりだった。そして、秋から冬にかけて、交渉の席を設けていただいて・・・。


 オープンの年の正月3日に、百間川に入って、標本用の水草を採集したり・・・


 里山センターの開所式の前日夜に、懐中電灯を持って、百間川へカヤネズミの巣を探しに行って、オギやヨシ、ガマの穂まで採集してきて、ジオラマ展示が完成したのは、朝の3時だった。

 里山センターオープン前は、すごく頑張っていたけ・・・、懐かしいなぁ~。


 オープンしてから3年くらいまでは少し関わったけど、職員の方の尽力とボランティアの方々の協力で、すごく立派で、活気のあるビジターセンターとして走り続けている。

 

 

 そんな里山センターも開所10年となり、記念イベントを開く運びとなっている。


 お近くのヒト、県内の方、近県の方も、いやいや、岡山駅からタクシーで30分、岡山空港からでも50分くらいで行けますので、是非、どうぞ。


オカヤマのフィールドノート-里人のつどい2009募集要項1

オモテ面(A4サイズ)

 


オカヤマのフィールドノート-里人のつどい2009募集要項2

ウラ面(A4サイズ)

 

 

 土曜日のイベントだけど、日曜日には、地元の沢田で柿祭りがあり、沢田ブランドの富有柿が安く買えると思います。

 

 

 

AD

 木曜日の午後から、ミンミンに会いに東京へ出張だったんですが、午前中は、地元の小学校が催している図書室の夏休み行事に呼ばれていました。

 

 

 地元の小学校や公民館から、自然のことになると便利屋のごとく呼ばれます。お世話になった学校やお世話になっている公民館などへの恩返しと思い、させていただいています。呼ばれているうちが、華と思っています。これからもよろしくお願いします。

 

 

 さて、その図書館行事ですが、昨年までは『ミクロ探検隊』でした。光学顕微鏡を使って、ミジンコや珪藻などを田んぼの水、池の水から探していました。


 でも、今年は、『チリモンを探そう』でした。

 

 何回もしていると、司書の先生もよく知っておられて、実体顕微鏡に照明装置、チリメンジャコのパックを用意してくださっていました。驚きです。チリモンについては、なんの用意もしていなかったので、しどろもどろでした。

 子どもたちが次々とチリモンを探し出してきて、質問してきます。その質問を右から左へとこなして、甲殻類の発生や魚類の発生をホワイトボードに書いて説明したり、ポケモンを例に挙げて変態の話をしていたら、父兄の方が、


 「専門家のように、よくご存知ですネ。」

 

とほめてくださいました。ありがたいことです。専門家のように見えたということは、ボクがそれらしいことができていたので、行事に参加して満足されたからだと思います。

 

 図書室へ行って、はじめてテーマが判ったなどとはいえませんよネ。普段から『見て、見て、チリメンモンスター 」を読んでいたので、助かりました。

 

 ゾエア 数種類 多数

 メガロパ 数種類 多数

 ミシス 数種類 多数

 イカ  15匹ほど

 貝   3個ほど

 カタクチイワシ以外のサカナの稚魚 数種類 10匹近く

 

 回を重ねるごとに、学年が上がるほどに、顕微鏡のセットアップや、操作がうまくなっているようで、初めのころに比べると、見えるものの説明に時間を割けるようになりました。

 

 司書の先生、ありがとうございました。準備と後片付け、ご苦労様でした。今回は、バタバタのボクでした。

 

 

 


 夏休み中に、岡山市立少年自然の家では、いくつかの行事がある。1週間泊り込みでの冒険コースや、2泊くらいで学校で習うことをより深く学習するコースがある。

 この中の学習するコースに、講師で時々参加する。


 今年は、8月下旬に『自然の中での学習会Ⅰ』が開かれている。

 


オカヤマのフィールドノート-学習会2009

 

 小学4ねん~6年の子どもたちといっしょに、昆虫について調べるための講師を受けた。


 テーマは、 「昆虫の体を調べよう」 だ。

 

 最初に、基礎昆虫学を話して、採集に出かけて、一匹の昆虫をスケッチするという流れで2時間コースだ。

 

 お話は、動物の進化、体節について、完全変態と不完全変態について行った。

 採集には、少年自然の家の職員の方に引率していただいた。

 昆虫のスケッチでは、体節を意識しながら描いてもらった。


 最期に、昆虫の形態の特徴を話して、昆虫はスペシャリストが多いことや、花の形態とチョウやガのストローの関係、開花時期と昆虫の活動なども軽く話した。


 いつも思うけれど、参加している子どもたちは、目的意識がはっきりしているので、話をすることが楽だ。内容が、4年生には難しいところもあるのだが、必死に理解しようとしてくれる。5年、6年は復習になるのだが、多少中学高校レベルの話もいれるので、気が抜けないようだ。

 みんなの目が輝いているのが、嬉しい。