2月25日付けの朝日新聞1面に、ラブラドール・レトリバー(LR)の遺伝子のことが記事になっていた。


 ゲノム解析が完了したというものではなく、LRの性格に関与している5つの遺伝子が、LRの盲導犬の合格率と高い相関があるとのことだった。5つの遺伝子を持っているLRは非常に高い合格率で、1か2つ持っていても70~80%の合格率だそうだ。1つも持っていない場合には、20%以下だということが調べられている。


 血統がしっかりしてる使役犬なので、ますます、選別されてくるだろうが、股関節不全の回避を大前提にして考えてもらいたいと願う。健全な身体でなければ、使役はできないだろうから。


 また一方、単に、いいとこ取りをして品種の価値を高めていくこともいいのだろうが、家庭犬としてのLRのことも考え、LR本来のいいところ(いたずら好き、人懐っこい、ぶち切れてラブ走りするなど)を淘汰するようなことはないようにして欲しいものだ。

 

 

AD

里帰り

テーマ:

里帰り0508
 帰省しとりました。


 今回は、2匹とも

連れて帰っていたので、

朝の散歩にと、

お庭でドッグラン状態。


 散歩している人や

徘徊している野猫に

興味津々のバーディー(ブラック)は、

目標が定まらずに右往左往していて、

疲れた様子。


 他のWanの縄張りが気になって、

マーキングをチェックしまくりの

アマンダ(イエロー)は、自分の縄張りを

確保したらしく、ご満悦。


 離れをバックに、記念写真です。





 時間がございましたら、

下のバナー(画像)をクリックしてください。

励みになります。

(1日1回だけで結構です。)

    

人気blogランキング 」に参加中!