今年も、保全生態学演習と称して、1年生と一緒に岡山の自然を楽しもうと目論んでいる。


先週、芝生などに生えている草を、名前と形態的な特徴を事前に解説して、後で20種類くらいは同定できるように学習してもらった。


今週は、地面にコドラート(正方形の調査区域)を設置して、その中に見られる植物の名前と種類の数を調べてもらった。地面に30cmくらい顔を近づけての調査になる。昨年は、1m×1mで止めたので、中途半端だった。今年は、2m×2mのコドラートまでがんばって調べてもらった。おかげで、メリハリがあるいい結果が出た。


オカヤマのフィールドノート-草地の多様性01

St.01は、日当たりのいい、月に1度くらいの芝刈りをしている芝生で、道にもなっている踏圧(とうあつ)のある場所だ。St.02は、午前中は明るい日陰で、昼からは日が当たる場所で、草刈りは、4ヶ月に1回くらい、人が踏むことはない場所だ。ご覧の通りの、植生状態だ。

この場所を、コドラートの面積を換えて、植物の種類数を数えたのが、したのグラフだ。


オカヤマのフィールドノート-草地の多様性02

St.01では、陽が当たるが、芝刈りの頻度が高いため、多年草が多い。また、踏みつけられるので、丈の高い草が生えることはない。ギョウギシバやコウライ芝、セイヨウタンポポ、ツボミオオバコ、ヘラオオバコなどくらいだ。

St.02では、陽は半日程度当たり、草刈りの頻度は低いため、草がよく育っている。踏まれることがないので、丈の高い草が生えている。そのために、地面は湿っている。カラスムギ、イヌムギ、ヤエムグラ、ヤブジラミ、カラスノエンドウ、イチゴツナギ、キンミズヒキ、シロバナタンポポ、ノブドウなどが生えている。


St.01は芝生という管理草地として、生育する植物の種数は少ないほうがいい場所で、それに比べると、St.02は半管理草地で環境条件がたようであることも手伝って、種類数は多かった。

きっと、楽しい考察をしてくれることを期待しよう。



この演習、理学部の正面の芝生や中庭で行うので、結構、他の学生や教員が見ているようだ。黒板に数式や化学式を書いての講義を横に、ワイワイと外で楽しんでいるように見えるので、うらやましがられることもある。しかし、夏には、蚊に刺され、陽に焼け、そこそこの我慢大会になる。でも、大学の4年間でフィールドワークの実習・演習が楽しめるのは、この時間と臨海実習の時間だけなので、我慢大会と思わずに思いっきり満喫してもらいたい。


AD

土曜日に、ホタルの保護・保全に力を入れている団体の連絡会議があった。年数回行われている。久しぶりに参加したが、皆さん、熱心に活動を報告されていた。


参加すると、いつもガッカリすることがある。


ホタルの幼虫を放流して、上陸を確認したことが報告されていた。カワニナを他の場所からたくさん採集してきて、放流したので、エサは大丈夫だといわれた。自然で育っていると言って、人工産物をカワニナのエサとして、川に投げ込んでいた。土壌改良剤(生菌)を川に撒き、川をきれいにしているという報告もあった。

ホタルの保護や保全という方向は同じだけど、なぜ、今の環境状態に手を加えるのだろう?いままでに手が加わっってきた結果が今なのに・・・。

ホタルが生息していないという現状を分析せずに、数千匹の幼虫を放流するなんて、どうなんだろう?


ホタルがいる場所の生態系をよく考えて、手を加えてほしいものだ。というよりも、手を加えないでほしいものだ。


一生懸命に手を加えて保護・保全している姿は、一生懸命に事を行っているという点では頭が下がる。が、それだけだ。「その行為は、あなたの自己満足でしょう」と思ってしまう。「次世代が続かない」と嘆かれるが、そんなに手を加えないといけないことを、次世代は心意気を感じて保護活動をするだろうか?


ボクは、自分がしている調査研究ですら、ホタルには迷惑なことだろうと思っている。

次は、メスがどのくらい産卵したかということだが、驚くべき数だった。「食草のウマノスズクサの量を考えろよ」といいたくなるような数の卵がウマノスズクサの葉に茎に産み付けられていた。


産卵数は、128個だった。何匹孵るのか、孵化率は2週間後くらいかな?


オカヤマのフィールドノート-ジャコウアゲハの卵03

Aは、葉の表側に産み付けられた卵。

Bは、葉の裏に産み付けられた卵。

Cは、葉の裏に卵を2つ重ねて産み付けられた卵。

Dは、まだ、伸展していない葉に産み付けられた卵。


今日の時点で、ジャコウアゲハの全滅は予想された。だって、我が家の庭には、100匹の幼虫を育てるほどに、ウマノスズクサが生えていないんだもん・・・・。

どうする? ボク。