昨日話題にした惑星二つのランデブー。


 ワンの散歩中に、ちょうど雲が切れて、木星(上側)と金星(下側)が見えた。月は雲の中で見えないが、この2つの星の3cmほど右下にある。明日12月1日には、この星のすぐ下に来て、2日には星のすぐ上に来る。

 


081130木星と金星

 

 携帯電話(F505i)のデジカメの画像なので、ちょっとぼけている感じだが、ちゃんと写っているでしょ。


 明日の夕方はぜひとも、NikonD200で撮影したいもんだ。

 


 

 

 

AD

夕方、西の空

テーマ:

 月曜日から師走。 慌しい年末を迎える。そのまま、年度末になることは想像に安い。


 そんなことはさておいて、優雅なひと時を迎えたい。


 先週くらいから、気づいておられる方も多いだろう。


 夕方、西の空の金星と木星が並んでいる。これに、新月を迎えた細い月が絡んでくる。


 12月1日が、一番の見ごろとなる。 西の空なので、雲がかかりやすいのだが、三脚を立てて、カメラを構えて、願おうと思う。

 


 久しぶりに、アユモドキの話題です。頻繁に、傍を通過しているのだが、車を止めて、じっくりと観察することは、3ヶ月ぶりくらいかな?


 『アユモドキの里』も、山は紅葉し、田んぼは稲刈りが終わっている。静かに、冬を待っている感じです。

 


アユモドキの里0811-01

 

 水路にも、少し入って、アユモドキの塒(ねぐら)を撮影しようと思ったが、3枚ほど撮ったところでハウジング内に水滴が見つかった。あいにくとメンテナンスが悪かったようで、水中カメラの防水が切れていたようだ。カメラが水没することはなかったが、危ない、危ない。

 


アユモドキの里0811-02

 

 水中ハウジングから出して、水面からの撮影になった。


 このアングルを見て初めて、水路からの撮影って、めったにしていないことに気が付いた。