月曜日、研究室のみんなで秋の遠足にいった。三保高原(旧佐伯町:佐伯ファミリーパークの近く)にあるりんご園で、1日ワイワイと過ごした。

 

 「王林」や「ふじ」、「やたか」の品種をいただいたが、時期的に少しばかり早かったようだ。まあ、目的はリンゴを食べることではなかったし、この日しか研究室のみんなが集まれる日がなかったので、それはそれでよかった。

 

 もっぱら、カメラでパシャパシャと撮りまくって、40枚ほど撮影していたようだ。


 楽しい写真がいっぱいあったのだが、気に入った1コマがこれだった。

 


秋のアマガエル


 リンゴの枝にうずくまっていた一匹のアマガエル。一生懸命に、リンゴの枝や枯れた葉っぱに色を似せようと体色を工夫していた。その努力は買うが、アマガエル君の持っている色素では、組み合わせても出せない色だと思うんだ、ぼくは。考えた挙句に、明るい灰色になっていた。遠目には風景になじんでしまう曖昧な色合いで、彩度がなく明度だけの色。なかなか、考えている。カラーコーディネーナーになれそうな・・・


 しだいに寒くなる高原、どこでこの冬を越そうか、思案しているのだろうか、それとも、お腹が減っているのか・・・。雨を待っているのかも知れない。


 いずれにしても、どこか遠くを見ているような気がする。さてさて、自分も数年先まで見渡して、今をどうするのか考えたいものだ。

 


AD

 朝から、雨が降りそうな雲が幾重にもかかっていたけど、アメダスもレーダー予想図も、衛生画像も、雲一つない快晴状態・・・。


 でも、空を見ながら、降らないだろう~ってことで、始まりました。


 

1030-01

 

 オギやススキ、セイタカアワダチソウの茂みの中、秘密基地つくりに必死。でも、土手の上からは、頭が丸見え、エヘヘ・・・

 


1030-02

 

 川の中では、ひざまで浸かって、サカナ採りです。

何人か、泳いでいたようですが、寒さなど、関係ない様子でした。

さすが、子ども!

 

 午前中いっぱい使って、川を満喫していました。


 ボクも、元気を分けてもらいました。 うひょ~~!



 でも、昼からは、研究室のプログレスレポートでした。

このギャップは、少し辛かった。

 


 余談ですが、今、ペタは、ハローウィンバージョンです。アメーバの方は、ペタしてください。どんなジャック・オ・ランタンになるか、楽しみです。

 今年もやってきました、ドングリのトトロ。

 
 幼稚園児たちのトトロと出会えた嬉しい顔が大好きで、今年もまたドングリと筆を握ってしまった。

 

 

2007-1028-1815.jpg

 

 
 しかし、今年は、150体が必要とのこと。


 何日、夜なべをしたらいいの? (18:31)


 やっと、おなかのホワイト1回目が済んだよ。(22:47)