ゲンジボタルの腹部の後ろのほうに左右1対で発光器官がついていて、30秒間に2回点灯することがわかった。今度は、アスファルトで舗装された道路上を畑に向かって匍匐しいている幼虫を少し遠目に固定撮影して、画像を重ねて焼いた。

 

幼虫の光跡01

 まずは、フラッシュを焚いて幼虫の位置と道路の状態を確認。白い▲のところの茶色い幼虫がいるのがわかるだろうか?

この画像に、30秒間隔で撮影した。9枚の画像を重ねてみると・・・、

 

幼虫の光跡02


 ゲンジボタルの幼虫の光跡(黄色い光の点線)が現れる。この処理をした画像から、幼虫が、ゴールを見据えて、匍匐しているのではなく、少しずつ、蛇行し、探りながら移動している感じが、光の間隔の長短で伺える。また、5分間でおよそ20cm移動していることから、幼虫の匍匐速度は約4cm/分だとわかった。

 

 

AD

 ゲンジボタルの幼虫が上陸する光景は、水路や川の護岸壁を真っ直ぐに登るいく筋もの光跡を思い浮かべるだろう。ボクも、そうである。しかし、住宅地を縫うように走る水路で、そのような画像を得ることはできない。5分間もシャッターを開いたら、明るい曇りの日の写真になってしまう。そんな中、30分もシャッターを開いていたら、太陽に向けて写真を撮るようなものだ。

 あれこれ考えて、クローズアップの幼虫の発光を30秒開放で記録し、その後、フラッシュで幼虫を撮影して、重ね焼きをすることにした。
 

ゲンジボタルの幼虫

 これが、ゲンジボタルの最終令の幼虫だ。左が頭部で右が腹部だ。発光器官は、腹部第8節の横側に1対ある。黄色い丸いものが付いているように見えるのが、それ(発光器官)だ。下の画像は、幼虫と光跡を重ねて焼いている。これで、発光器官の位置が分かると思う。また、幼虫の発する光も、成虫とおなじように少し緑がかった黄色だ。幼虫は、匍匐しながら発光器官を点滅させているため、長時間露光すると、光が点々と軌跡を描いてくれる。幼虫の機嫌がいいと、30秒間に2回、発光器官を点滅させていることがわかった。

 

幼虫の発光部位


 この幼虫、護岸壁の壁面を登ってきたのだが、頂上のあたりが乾いていたので、横に移動していた。多少でも湿ったところを求めて、動いているように見えた。

 あと、3脚にカメラを載せて、幼虫に向けて構えると、点滅をやめるときが多いのは、気のせいだろうか?撮影は、やたらと時間がかかって、大変だ(笑)。

 


 一昨日、昼ごろから、シトシトと雨が降っていた。

「この雨なら、きっと、ゲンジボタルの幼虫が上陸をして土にもぐるはず!」って勝手に決め込み、地元のエコミュージアムのML(メーリングリスト)にミニ観察会の案内を流した。どのみち、温度をはかって、上陸個体数を数えて、写真を撮って・・・・なので、上陸を見ることができるチャンスを生かそうと思った。

 実際、幼虫の上陸を見るのって、人海戦術で行うのが、一番だと思っている。


 夕方、5時頃に、MLに流し、9時からの30分くらいの観察会を予定した。


 なんと、少年K君一家と友人、N家、ボクと子どもが集まった。後半、地元のホタルの里保護員のOさんも合流していただき、合計9人で、ミニ観察会を開いた。

 

観察風景

 

 ちょうど、水路から上陸するために、水際でうろうろしている幼虫を探しているところを撮影した。数人は下流へ行き、数人は上流へのぼっている(画像は、上流側から下流へ向かって撮影している)。

 しばらく観察したが、ここでは5匹の上陸が確認できただけだった。Oさんと別れて、マイフィールドへ、少年K君一家といっしょに、いつもの調査ポイントへ移動したのは、10時を回っていた。


 いつもの調査ポイントでは、水路壁面に、1匹を発見して、撮影と観察をしばらく行った。すると、この幼虫、護岸壁のコンクリート板の隙間に入り込んでいった。

 ポイントのすぐ下流で、K君のお父さんが、次々と上陸して迷走している幼虫をアスファルト道路上で発見した。都合、17匹を数えた。そのうちの一匹を、カメラ固定で連続撮影して、光跡を捉えることができた。


 この夜の収穫は、大きかった。後日、報告することにしよう。


 土曜日には、また雨が降ると予報が出ているので、ミニ観察会を開こうと思っている。