ブース風景 土曜日の夕方、地元の小学校で、PTA主催の夏祭りが開かれた。 校庭に、テントを20ほど張り、16時30分から、焼きソバ・たこ焼き・かき氷・ジュースなどの飲食店、投げ輪や福引などの遊戯店などが出て、おお賑わいだった。

 校庭の真ん中では、小学校のクラブが、和太鼓や、管楽器の演奏を披露し、幼稚園はダンスを披露した。公民館のクラブも参加していた。

 ボクも参加している地域活動もテント2張り分のブースをもらって、活動を披露した。上の大きな画像は、メンバーの一人が地元のホタル調査の成果を説明しているところだ。実に興味深い調査結果が得られている。考察するのが楽しくなるようなデータは、活動が活発になるので喜ばしい。


 岡山淡水魚研究会による淡水魚の水槽がとなりに置かれて、小学校の前を流れる用水にどんなサカナが棲んでいるのか、興味深げに子供たちは覗き込んでいました(詳しくは→水の中の懲りない面々 )。


 反対側のとなりでは、地元の古い写真による地域の昔をデータベースに残そうという活動のPRが行われていました。お孫さんに連れられて、夏祭りにこられたおじいちゃんやおばあちゃんが、写真を見て、懐かしげに語られていました。

 ご年配の方のアルバムに納められている子供の頃に近所で撮った写真。

 この地は、昭和26年頃に岡山市の合併され、無秩序な感じで宅地化が勧められたため、景観が激変しています。20年ほど前とでもめまぐるしく変化しています。ご年配の方の子供の頃のスナップ写真と今の写真を比較すると、どのように変化してきたのかがわかったり、忘れ去られた記憶が甦り、それが記録として残るようになります。地域の変化を見続けるためにも、近代の写真を集めて、データベース化したいものです。


AD

 今まで、ブックマークに登録されているリピーターさんのアクセスが多かったのだが、ここ3ヶ月ほどは検索サイトからのアクセスが多くなっている。昼間に検索サイトからアクセスされるキーワードは、子供たちが授業中にインターネットを使って調べているようなモノが多いように思う。このようなアクセスには、ちょっとドキドキする。都道府県のドメイン、教育委員会のドメインのアクセスにも、いつも、ハラハラする。

 適当なことばかり書いているので、記事に深みがない。このような情報にアクセスされて、検索しているヒトは、どのような感想を持つのだろう。誠に申し訳ないと思うのだが、まあ、適当にしているので、続いているのだろうから、このスタンスはキープしたい。

 リピーターの方には、このブログのでたらめさは感じていただいているだろうから、このユルユル感を楽しんでいただきたい。


 さてさて、今月のキーワードで~す。


 田んぼに水が入り、水温が上がってくると、あちらこちらにショッキングピンクのブツブツが目立ってくるのだろう。一気に、スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)が浮上してきた。この時期、アユモドキは、上がった水位に乗って、田んぼや水路で産卵活動が活発になる。アユモドキも今が話題の旬だ。

 このブログでは、頻繁に取り上げていることもあり、セミも見られる。今からは、このブログでも、セミの抜け殻の話題が多くなりそうだ。


 -----------------

   順位   キーワード      回数

 -----------------

    1    スクミリンゴガイ    15
    2    アユモドキ       13
    3    岡山           11
    4    セミ            8
    4    セルビン         8
    6    戦え絶滅動物     7
    6    タンスイカイメン    7
    6    画像           7
    9    失敗           6
    9    羽化           6
    9    日本の自然観     6
    9    飼育           6
 -----------------

    16,67件 (2006.07.28 現在)


 8月のキーワードは、夏っぽいモノが来るのか、先取りした秋っぽいモノになっているか、楽しみである。

 Aという事柄をするときに必ずBという事柄もするようにしておくと、AをしたらBをしようとする。頭の中で、「Aを行うとBも行う」という回路ができあがっているのだ。条件反射と言われるものだ。


 発見者パブロフ博士の実験は有名だ。


 助手に、犬に餌を与える前には必ずベルを鳴らすようにさせた。毎回、それを行わせた。そうすると、犬はベルが鳴っただけで、餌がもらえると思い、よだれを出すようになった。


 「ベルが鳴る → がもらえる → 唾液が出る」


 という反応が、餌がもらえなくても


 「ベルが鳴る → 液が出る」


 という条件反射を起こしていることを発見したのだ。いわゆる「パブロフの犬」というやつだ。



 しかし、秘められた科学史のエピソード(?)はさらに続く。 しっぽフリフリ


 ある日、小包を持ってきた郵便配達人が、呼び鈴を鳴らした。

助手は、小包を受け取りに玄関へは出ず、犬の餌を用意しはじめたのだった。

知る人ぞ知る「パブロフの助手」というやつだ。 爆弾


 パブロフ博士は、このことまで論文に書くのは、助手の名誉のために控えたそうだ。



さて、アホなお話は、置いておいて・・・。


セミの抜け殻01 今年も、2週間ほど前から、セミの抜け殻が見つかるようになった。4年ほど続いているが、あと3年くらい続けないと1巡しない。というのは、今年、抜け殻を提供してくれたセミの子供は、7年後くらいに抜け殻を提供してくれるからだ。3巡目までデータをそろえようと思ったら、21年の大仕事だ。

 この場所は、存在するのだろうか?

 それより、ボクは生きているのだろうか?


 今日は、よく見つかる2種類のセミの抜け殻を出しておく。ぱっと見ただけで、種類の違いは分かると思う。

次回にでも、抜け殻で判るセミの種類やオス・メスの区別を書こうと思う。


さてさて、

 セミの抜け殻を涼しい朝のうちに採集しているので、抜け殻を見ると真昼でも何となく涼しさを感じる。

 まあ、「パブロフの助手」の状態になっているのだが、涼しければいいので、このくらいは気にしないでおこう。