11月23日正午、京都での学会に行くため、西門でバスを待っていた。イチョウの葉の黄色が鮮やかだった。理大を出たバスが、保育園前を曲がって来た時、携帯が「惑星」を奏でた。電話に出て、用件が良く分からないことに少し苛立ちを持った口調で受け答えしながら、バスを見送った。いつの間にか、話しながら駐車場の自分の車の前に歩いてきていた。

 電話を切ってから、表情もなく、CDは何がかかっているのかもわからず、紅葉が眼に映っていたが色彩は感じなかった。スピード感も、まったくなかった。ただ、いままでで最も速い記録を出しただろうことは、間違いがないと思うが、その記録はこの日の出来事のプロローグ程度だろう。

 その甲斐があって、まだ意識のしっかりしているうちに会えた。たくさんの恩を受けながら、返せたのは3つくらいだった。15時頃から、瞬きをしなくなり、角膜が乾くようになった。何度も、まぶたを指で閉じて、寝るときは目をつぶって寝るんやと語ったが返事はない。意識が遠退いてからは、呼吸だけになった。

 16時ころ、血圧が80を切ったため、皮と腱と骨の手首からは脈拍はとれなくなった。呼吸は、24回/分だったのが、10回/分まで落ちた。17時40分ごろ、呼吸の間隔が長くなりだした。しばらくして、あれっ?と思って、ナースステーションへ行こうとドアを開けると、ドクターとナースが「呼吸が止まりました」といって入ってきた。

 ドクターは、胸に聴診器を当て、心音を確かめながら、ここに全員いるのかとたずねた。一番甲斐甲斐しく面倒を見てくれた次男が、子どもを妻の実家に預けて、今エレベータで上がってきているところだった。小児性白血癌の子どもの死に目に会えなかったため、次男は、そんなさびしいことは2度とごめんやと日ごろから言っていたので、ドクターに無理を言ってしまった。

 17時49分、死亡告知。

 部屋は、時が止まったような雰囲気だった。小説で何度も読んだが、そのような描写では生ぬるかった。映画やドラマの場面など、薄っぺらい演技だと分かった。自分では、書けないし演技もできないのだが、現実は、現実だと思った。

 その後、心は慟哭の境地なのだが、どこかでなにか制するものがあり、ドクターやナースと淡々と事を進めた。


 


AD

この花なに01 さて、上から見ているところだけど、この植物の名前はなんでしょう~?

タイトルだけで、ピンときたヒトは、⑤へ・・・。


 昔、こいつが驚異的に広まったときに、アレルギー性鼻炎の原因(アレルゲン)として、嫌われたことがあった。本当は、同じような場所に生えているブタクサやオオブタクサの花粉だったんだけど・・・。


 いく重にも、花序が重なっているので、分かりにくいけど、上下の花序が重ならないように螺旋を書きながら、四方八方へ伸びています。


 晩秋に黄色いモコモコした花をつける植物といえば・・・。


 ・・・だよね。分かったヒトは、⑤へ・・・。




この花なに02 こんどは、花の拡大。

 なんとなく、キク科の植物の花のようだ。舌をベロ~ンと伸ばしたような花びら(舌状花弁)が見えるよね。晩秋まで、昆虫に蜜を与え続ける貴重な植物。でも、外来種なんだよね~。


 根っこから、毒を出して、他の植物が生育できない環境にして、自分だけ繁栄して、でも、自分をも育つことができないほどにその毒を濃くしてしまう植物といえば・・・。


・・・だよね。分かったヒトは、⑤へ・・・。




この花なに03 横から見た花序。これでもう分かったよね。


・・・だよね。分かったヒトは、⑤へ・・・。

 って、 次じゃん!


 そうです。この植物は、セイタカアワダチソウ(キク科)です。


   正解者に、拍手~~


    パチパチパチパチ・・・


 30年ほど昔、十朱幸代さんが『セイタカアワダチソウの歌』をNHKのみんなの歌という番組で歌っていたというような淡い記憶があるが・・・。 


 う~~ん


 歌詞もメロディ~も思い出せないけど、舞台は沖縄だったような気がする。

 

 それがどうしたというわけではないが、はるか昔の高度経済成長の思い出だね~~




「見たことあるゾ~」って方は、

ポチッとクリックしてください。 

 今日、日曜日、朝10時から、岡山市沢田にある百間川の高水敷で、「第17回 沢田柿まつり」が開かれていた。


沢田柿まつり01

 岡山市には、「足守のメロン」、「一宮の白桃」、「津高のマスカット」と果物の有名どころがある。ここ、「沢田の富有柿(ふゆがき)」もその名で値が上がるほど有名だ。


沢田柿まつり02 会場は小さいが、場内は熱い!沢田の柿(7.5kg)を手に入れようと、列ができている。


これが、その沢田の富有柿だ。

 沢田の富有柿の歴史は、100年くらいになるそうだ。操山(みさおやま)の北斜面に柿の果樹園が広がっている。いつ行っても、よく手入れされている。大きくて、おいしい。

 今でこそ、旭川や百間川が氾濫することはなくなったが、昭和時代以前は、時々、氾濫しては、沢田の集落の田畑が水に浸かった。山の斜面に作った柿は、自然災害による損害を少しでもカバーしようとした結果なのかも知れない。そう思うと、熟れゆく柿の色は、沢田に住む人々の情熱のように思われる。




 「人気blogランキング 」に参加中!
←クリックをよろしくネ