ヒメコバンソウ001  ヒメコバンソウの穂が、顔を覗かせはじめた。帰化植物なんだけど、大好きな草の一つ。

 数年前に河川の調査をしたときに、初めて実物に出会った。小さな頃から、コバンソウといっしょに図鑑では知っていたが、期待通りにかわいかった。


 出会ったとき、夕方の中洲だった。一面、ヒメコバンソウだった。穂が十分に開いて、熟した穂の黄金色が、夕焼けにより一層、こんじき色を加えていた。寝転んで、草丈(くさたけ)に視線を合わせると、「不思議の世界」だった。


 自然観察していると、感動するシーンはたくさんある。でも、感銘するシーンはそれほどない。でも、少しずつ感銘したシーンが増えている。二度と見ることができない光景だと判ったときだ。自分の無力を嘆くこととともに、そのシーンが感動から感銘に変わっていく。

 遷移することによって、光景が変わっていくことは、そのこと自体、感動的である。人為的に光景を変えられることは、頭で理解するのではなく、心で納得するという難しい行程を経なければいけない。10人いれば、10個の思いがあるだろう。合意形成は、非常に難しいと再認識させられる、この画像だ。

 

 

 

時間がございましたら、

下のバナー(画像)をクリックしてください。

励みになります。

(1日1回だけで結構です。)

    

人気blogランキング 」に参加中!


AD

リンク004  ボクがブログをはじめたころから、お世話になっているブログがいくつかある。ブログの構成、色具合、TBの飛ばし方などを勝手に参考にさせていただいている。そんな中で、このブログは、たまに訪問させてもらっては、モノへの好奇心や事象の探究心を奮い立たせていただいている。

 

【つれづれアクア採集記】

 

 このブログは、生物系の大学院生が作っている。淡水魚釣り暦12年 アクアリウム暦8年。年季が入っていると思う。ブラックバスのルアーも作っているとのことだ。お魚撮影用ブースをアクリル板で自作、最近は、「小型水槽ユーザー・エビ飼育向けの器具」という怪しげな(笑)モノを作っている。

 学生の頃から15年ほど、川で採ってきたヌマエビを飼育していたことがある。水替えのとき、大きなサイズのエビは事故にあわないのだが、稚エビが何匹も排水口に消えるという水難事故を起こしたことがある。手間でも、稚日のエビがいる水槽からの排水は、一旦、大きなビーカーにためて、下に黒いケント紙を敷いて、横から光を当てて、駒込ピペットで水槽に戻すという救出作戦を展開したものだ。

 この作戦を展開しなくてもいいような装置だったら、何処の大学か探し出して、見学させてもらおうかと思う(笑)。最近、実験室系の装置や薬品はキット化され、装置はサイズが決まっていて、実験のサイズを合わせないといけない。バッファー溶液など袋からだし、A液とB液を作って、指示された容量を合わせると良かったりする。実験条件の検討に、バッファーのpHを振るという発想がない学生がいたりして、ヒキガエルほどに口をあけてしまう。

 ・・・、話がそれてしまった。

 

 何が書きたいかというと、「自分で作ってしまうというのがすごい!」っということだ。どんどんモノを作って、自作の実験装置で、研究していただきたいなあと思ってしまう。もちろん、それは自分にも言い聞かせているのだが・・・。出来合いの物って、便利だモンね。

 

 ブログのあちらこちらに、院生の悩みもちらほらとちりばめられていて、現代の院生の考えなどが伺える。

オーバードクターが氾濫しているご時勢、院生の売りはナンだろう。読んでいると、考えさせられてしまう。

 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律の施行期日を定める政令」及び「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令」が、今日4月22日(金)の閣議で決定される予定です。

 

 くわしくは、環境省>報道資料でご覧ください。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 閣議決定されたそうです。(2005.04.22 11:30 現在)

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 今日のニュースで、報じられるだろうから、飼い主は許可の手続きをとることになるんだけど、ややこしいと敬遠して、野外へリリースすることは十分考えられる。6月1日からは、懲役3年以下、罰金300万円以下の罰則が適応されるが、「今なら大丈夫!」なんて勝手なことを考えないように報道してもらいたいなぁ~。

 愛護動物は、2000年に施行された動物保護法で、屋外リリースは既に禁止されてんねやでぇ~。30万円以下の罰金やでぇ~。飼えないからといって、殺したりしたら懲役1年以下、罰金100万円以下の罰則があるんやで。

 川原や中洲、用水路で、カミツキガメ(規制対象)やワニガメ(規制対象外)なんかに出会ったら、びびるでぇ。ガラスの向こうにいるから、安心できるのに・・・。オカヤマでは毎年、2桁に登る目撃や回収騒ぎがあるでぇ。

 

 今回は規制対象に入っていないけど、甲長30cmのミシシッピーアカミミガメ(夜店やペットショップでミドリガメといわれている)なんてのも、こわいで~。口あけて威嚇してくるし、持ち上げたら、カマみたいな爪で甲羅を持った手を引っかきに来るし、・・・・困ったやっちゃでぇ。(2005.04.22 19:00 現在)

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 3月18日(金)から4月7日(木)にかけて実施された「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則(案)」に関する意見の募集(パブリックコメント)の結果が公開されました。

 

 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく特定外来生物の飼養等の取扱い細目等に関する意見の募集(パブリックコメント)が行わます。意見がある場合には、「意見募集要項」にしたがって意見募集期間内(平成17年4月22日(金)~平成17年5月12日(木)17:30まで )に提出しましょう。

 見たら、ひっくり返りそうな資料が出てくるが、すべてについて目を通すなんてできない。カミツキガメとオオクチバスあたりに目を通すことにした。本業本道がらみの場合には、百数十ページだろうと目を通すけど、さすがにこの時期、きっついわ~~~。

 今日って、何かあったん。6月1日から逆算すると、今日がリミットなんやろか?(2005.04.22 23:00 現在)

 

 

 

 

時間がございましたら、

下のバナー(画像)をクリックしてください。

励みになります。

(1日1回だけで結構です。)

    

人気blogランキング」に参加中!