《日本史エンタメ講座》

日本史を100倍おもしろくする
エンタメ・センスとノウハウ


テーマ:
外向きのことは秀長が決め、内向きのことは於寧が決めよ


松永久秀の乱は実に多くのことを教えてくれた。なかでも最大の収穫が「秀吉と秀長は異心同体」という仮説である。このことに気づかないと『太閤記』の解析は瓦解してしまう。



秀吉の第二の生命の危機といってよいであろうこのとき、浅野長政、蜂須賀小六、前野将右衛門長康、竹中半兵衛重治ら側近が秀吉の身を案じてハラハラドキドキしている中で、小一郎秀長の沈着冷静な姿が際立っていたのはなぜだろうか。



二つの理由が考えられる。一つが、信長が秀吉を殺さない理由、すなわち秀長しか持たない情報である。仮説という状況証拠に条項証拠を重ねることになるが、二つ目が身に覚えがないという秀長の確信である。



松永久秀の乱に乗じて毛利につけ入れられないようにするために俺は真っ直ぐ姫路に駆けつけた。そして、それは必要な措置だった。



秀長の考えとしてはそうだろう。しかしながら、それは秀吉が判断し、秀吉が姫路に入るべき事柄なのである。今日現存する姫路城の優美な天守群は江戸時代になって池田輝政が築いたもので、当時としては長浜城が羽柴氏の本城であり、そういう意味では秀吉が長浜城、秀長が中国陣の前線基地たる姫路城に入ったのは少しもおかしいことではない。しかし、平時ならともかく軍令違反を犯してまで北国陣から撤退してきたことを考慮するとき、やはり秀吉も姫路城へ急行するのが本当である。それなのに長浜城でようすを見ていたために信長の逆鱗に触れたのである。



併せて考えなければならないのが、信長はいくさの裁量を武将に与えはするが事前の相談を義務づけたということである。のちに家康は高天神城を調略するとき信長に事前に相談して「勝手次第」の言質を得たうえで実行に移している。このことは第一章ですでに述べた。



秀吉の場合は独断専行に軍令違反が加わり、なおかつ長浜城に入ったという説明不能な行動が重なった。それでいながら、またしても信長は秀吉を許したのである。稀有なことであり、面妖である。



信長の立場から秀吉と秀長の行動はどのように見えたのか。



秀長の取った行動はよし、秀吉の行動も織り込み済みである。今、秀吉を殺したら、軍団は崩壊し、中国平定をする者がいなくなってしまう。仕方ない、条件つきで秀吉を許すとしよう。



ここでだれもが次のように考えるはずである。



秀吉を殺して秀長に代わりをさせればよいではないか。



仮説の連発になるが、それは秀長が許さない。秀吉を殺したら秀吉に駆り出されて仕方なく随身している秀長は織田家を致仕して中村村に帰ってしまうだろう。秀長はそういう人柄の男なのである。それゆえに浅野長政、蜂須賀小六、前野将右衛門長康、竹中半兵衛重治ら強固な軍団が秀吉をトップにして成り立つのであり、織田軍団中最強といってもよいのである。



前野家文書『武功夜話』によると秀吉は村長の放蕩息子で、読み書きができたらしい。素行の面では賢弟愚兄であったが、才気という点では賢兄愚弟で、奇妙に釣り合いが取れていた。素行の面ではいつも弟が尻拭いをして、何かおもしろいことをやらかすときは兄が面目躍如たるところを見せた。父親が異なることから兄が家を出て弟が跡取りの恰好になったのだが、小一郎としてはいつかは日吉が戻ってくれると信じていたし、そのときは家長の座を喜んで明け渡すつもりであった。



秀吉としては小賢しく意見するような弟だったら後ろ足で砂をかけておしまいにするところだが、正真正銘、自分を家長と立て兄と慕ってくれる唯一心を許せる肉親である。世間並みの弟だったら兄を疎んじて距離を置きたがるのに秀長は自分がどんな悪い面を見せても生得の悪癖として許してくれる掛け替えのない弟だ。秀吉だとて自分の悪い面に気づかないではない。だから、本当なら疎ましく感じるはずの模範生で常に品行方正な弟といることで免罪符を得たような気持ちになり、芯から心が休まるのである。秀吉には天が俺のために与えてくれた天賦の弟だの思いがある。秀吉と秀長の関係をひとことでいうと、人間的にはまるで正反対でありながら兄弟仲は理想的な「異心同体」ということだろうか。



先行した秀長は秀吉が送れて姫路城にやってくるものと理解して行動した。ところが、豈はからんや、秀吉は長浜城に入ったまま動かない。



「ちっ、また、悪い癖を出したか」



秀長は急いで長浜城に駆けつけたが、すでに手遅れだった。松永久秀の乱は平定され、秀吉の処分は避けがたい事態となっていた。



信長としては秀吉の行動は絶対に許せないところである。しかし、秀長とは悩みを共有する仲であった。この先、どうしようもない兄を秀長がどこまでどうやって支えていくか、信長としては見届けたい気持ちが少なからずある。



信長が信頼したであろう人物を挙げるとすると、まず家康がおり、次にくるのが秀長だろう、三人目が前田利長である。こうして三人を並べると信長が信頼を置くタイプが何となくわかるような気がする。どんなに不遇でも平静さを失わず、無体理不尽な要求をされても目的のため我慢に徹する、信長に対しては家康が、秀吉に対しては秀長が、家康に対しては利長がその本領をいかんなく発揮した。こういえば秀長が秀吉を見限らず、信長が秀吉を殺さずにおいた感触がそれとなくわかっていただけよう。



秀長の必死の弁明に対して信長は条件をつけた。



「外向きのことは秀長が決め、内向きのことは於寧が決めよ」



ただし、まだ仮説である。

(つづく)




ブログランキングに参加しています。
↓ポチッとお願いします↓
人気ブログランキング


AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード