ソフトフォーカスのブログ

デジタルコンテンツ制作「ソフトフォーカス」のブログです。各種コンテンツやイベントの出演者を随時募集してます。


テーマ:
突然ですが、復讐心ってどんな感情なのか考えた事がありますか?
僕はこれ程までに恐ろしいものはないと考えてます。

復讐心から生み出されるものは、他でもなく破壊です。
その為に自分さえも守らず、ひたすら破壊するためだけに生きるモチベーションを保ちつつ、着々と計画と実行を繰り返す訳です。
そこまでに恐ろしい感情を駆り立てるきっかけを作るものは、意外にも些細な事だったりする場合が多いのです。

被害者と加害者という視点で言えば、「した」立場である加害者はその過去さえも忘れ勝ちです。
「え?そんな事言ったっけ?」とか「え?そんな事したっけ?」となる訳です。
しかし「された」立場である被害者は、その過去を忘れる事はありません。
時間が解決すると言われたりもしますが、それは被害者に対しては気休め程度の言葉でしかないでしょう。よっぽどの努力と精神力の鍛錬がない限り、被害者が忘れるのは難しいです。

しかしその一方で、復讐を成就した結果に残るものは何か。それは必ずしも「良かった」とするものとは限りません。

さて今月の朗読ライブですが、声優兼シナリオライターとして修行中の篠原美奈さんが柚木奏人(ゆずきかなで)として執筆に挑戦しました。
彼女にとって、今回の作品が作家としてのデビューとなります。その記念すべき処女作のテーマが、ずばり「復讐」という訳です。

オープニングシーンの舞台となった西沢渓谷は、山梨県山梨市にあります。
現実ではややシーズンオフ気味になりましたが、春から初夏にかけて咲く石南花(シャクナゲ)が有名のようです。
とても美しい花を咲かせるのですが、葉にはロードキシンという痙攣毒があります。その為に、花言葉は威厳・警戒・危険と言われてます。
この石南花は様々な色の花を咲かせるのですが、黄色に赤のラインのものは珍しいらしく、それが物語のキーとなります。

石南花と復讐という対を成すものとも思えるような対象を、この物語でどのように展開していくのか。
「江古田 Cafe FLYING TEAPOT」でお待ちしております。


朗読ライブ one time of jewel Vol.50A 忘却の鎖
開催日:2016年6月18日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:柚木奏人(ゆずきかなで)
出演:西園ゆめ、高岡洋志、西谷悠太郎、松本浩和、千堂優、李夜、希郁あい、☆あみ★
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.50B 忘却の鎖
開催日:2016年6月19日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:柚木奏人(ゆずきかなで)
出演:西園ゆめ、高岡洋志、磯貝直輝、上條ゆう、涼、李夜、比嘉侑梨、秋原ゆめな
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
十年前の記憶は、冷たく尖った殺意の彼方へと追いやられていた。
大手リゾート会社の御曹司の元へ嫁いだ女、悠貴。順風満帆な人生を歩んで行くはずだった。
しかし産まれてくる我が子を愛する事さえも許されず、次々と養子に出されてしまう。そんな中でようやく育てる事を許された三人目の我が子。そんな愛する息子から、「ママは人殺し」と言われてしまう。
息子から放たれた言葉の先には、身の毛もよだつ復讐が隠されていた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この度、出演を予定していたマジンガー大久保が諸事情により降板いたしました。
代役として劇団しおむすび所属の喜田光一が出演いたします。

この件については申し上げたい事が多々あるのですが、前を向く姿勢が大事だと考えました。
従いまして、出演者変更に至る経緯などについて個別にお問い合わせ頂いても返答出来ません。ご了承下さい。

公演直前の出演者変更となりましたが、心新たにしてお客様にご満足頂けるような芝居を創って参ります。
どうぞ宜しくお願いいたします。


朗読ライブ one time of jewel Vol.49A Another Kind
開催日:2016年5月21日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:塩澤智子,松本浩和,☆あみ★,喜田光一,宗像将史,豊丞美久理,椎葉悠,井上まい
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.49B Another Kind
開催日:2016年5月22日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳,松本浩和,藤井みはる,高岡洋志,宗像将史,矢田明日香,秋原ゆめな,李夜
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
富山県黒部地区に二人の地質調査員が向かって行く中、GPSデッドセクションへと足を踏み入れてしまう。脱出を試みる中、倒れ込んでいる女を発見する。
言葉は通じず、所持品に記載されている文字はどの言語にも属さないものだった。やがて、人類にはない遺伝子を保有している事が判明したのだ。
彼女は人なのか、それとも何者なのか・・・・。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
僕がネアンデルタール人に魅了されたのは、NHKの番組からでした。番組そのものは地球が誕生してから現代に至るまでの生命史を解説するものだったのですが、たまたま観たのがネアンデルタール人について語られている回だったのです。
番組中でホスト役を務めていた俳優の山崎努さんがネアンデルタール人に扮して街を歩くシーンがあったのですが、街の人々に同化しつつもその暮らしぶりを見つめる様子は今でも印象に残ってます。

もう20年くらい前に制作されたもののようですが、当時既に服を着て街を歩けば誰も気付かないというのは定説になっていたのが分かります。その一方で、何故彼らが絶滅したのかについての言及が、言語を発音する能力が現代人に比べて構造上劣っていたとしています。
しかし現代においても、彼らが喋っていたのかどうかは学者たちの間でもまだ決着がついてません。

僕は学者ではないので、実際どうだったかはあまり問題視していません。ネアンデルタール人と現代人が交配をしていたという事柄についても学者たちは淡々と語るのでしょうが、物語を創る身としてはそこにロマンを感じざるを得ません。交配をしていたという事は、即ち恋愛があったのだと僕自身は感じ取ってます。当然ながら愛を語り合うなんて事もあった方が物語的には面白いと感じてます。

今回の「Another Kind」では3人のネアンデルタール人が登場します。彼ら同士では独自の言語でコミュニケーションをとっているという設定です。それでは現代人とどうやってやりとりをするのか。
1人は今回のヒロインですが、現代人側で彼ら由来の遺伝子によって備わったテレパシー能力によって意思疎通を可能にさせました。
そしてもう1人。こちらは物語上とても面白いキャラになりました。彼は何と日本語を話してしまいます。そして普段は日本社会に潜入するスパイです。見た目的には人間としか認識出来ず日本語を話せるのだったらという事で、その潜入先で日本人と恋愛をするのです。
ネアンデルタール人がわざわざスパイを送り込んでいる訳ですから、彼らにとって現代人は敵です。しかし日本語を話すスパイが日本人と恋愛をしてしまう事で、自分自身の存在意義や敵味方に別れる「二つの人類」の間で彼の心は大きく揺れ動くのです。

そんな彼らですが、我々現代人に見つからないままどうやって生き延びたのかとか、文明はどうなっているのかなど物語の中で言及しています。
まず現実の科学者が発見した事柄ですが、彼らの手による壁画や石器などが見つかってます。
現代人においてもそうですが、文字の起源は絵です。絵が描けたのなら絶滅さえしていなければやがて文字に発展してたのではないかと「想像」してます。
そして彼らには我々よりもはるかに長い歴史があります。きっと現代までに生き残っていれば、我々よりもはるかに進んだ文明を持つだろうと、これもまた「想像」しました。
でも、あくまでも架空の話なのでご注意を。その方がストーリーとして面白くなるだろうという話です。

「Another Kind」は当朗読ライブのオハコである泣きの要素は敢えて排除しており、気軽に楽しめる作品に仕上げてみました。「Kiss of Sniper」シリーズとはちょっと雰囲気の違うアクション作品です。難しい事抜きに楽しんで頂きたいなと考えてます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


朗読ライブ one time of jewel Vol.49A Another Kind
開催日:2016年5月21日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:塩澤智子,松本浩和,☆あみ★,マジンガー大久保,宗像将史,豊丞美久理,椎葉悠,井上まい
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.49B Another Kind
開催日:2016年5月22日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳,松本浩和,藤井みはる,高岡洋志,宗像将史,矢田明日香,秋原ゆめな,李夜
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
富山県黒部地区に二人の地質調査員が向かって行く中、GPSデッドセクションへと足を踏み入れてしまう。脱出を試みる中、倒れ込んでいる女を発見する。
言葉は通じず、所持品に記載されている文字はどの言語にも属さないものだった。やがて、人類にはない遺伝子を保有している事が判明したのだ。
彼女は人なのか、それとも何者なのか・・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月も朗読ライブを無事終了させる事が出来ました。

これもひとえに、一緒に芝居を創ってくれている劇団員たちはもとより、客演の役者さんや会場である江古田 Cafe Flying Teapotさん、そして何よりご観覧頂いているお客様のおかげです。

 

今月は性同一性障害という難しいテーマでお届けしたのですが、来月はまた打って変わってネアンデルタール人をテーマとした話をやります。

 

ネアンデルタール人という存在。恐らく初めて聞くのは小学校の授業でしょうか。

人類はその昔、約600万年前から700万年前くらいの間にチンパンジーとの共通祖先から分岐して誕生したとされています。因みに、チンパンジーやボノボは我々人類と同じヒト族に分類されています。

一方ネアンデルタール人は更に近い位置にあり、現生人類であるホモ・サピエンス・サピエンスと同じヒト属にいます。学名は、ホモ・ネアンデルターレンシスです。

 

学校の授業では人類進化の図で解説され、我々の直接の祖先とされるクロマニヨン人の一歩手前位に彼らが描かれていました。人よりも猿に近い復元図が掲載されていたので、原始的な生き物というイメージを植え付けられていたものです。

現代の科学者は、彼らをこのように表現する人はいません。もし彼らが現代の社会で我々と同じ服を着て生活していたとしたら、誰も気付かないだろうとさえ言われてます。道具を作ったり使ったりする能力は互角で、言語もあったのではないかという説もあります。

 

そんな彼らですが、少し前まではクロマニヨン人の祖先であると解説されてました。しかし今は全く違います。我々現生人類は彼らと何万年もの間、共存していたようです。しかも交配もしているという証拠が上がってます。

そして今世紀に入って発見されたデニソワ人と共に、三種類の人類が共存していたという事も分かってきました。

更にホットな話題として、わずか四世代前にネアンデルタール人の祖先を持つ男性の下顎骨が見つかってます。

 

今を生きる人類は生物学的には一種類の生き物です。そして、かつては約20種類もいた人類の中での唯一の生き残りです。

我々現生人類とネアンデルタール人の共通祖先は、ハイデルベルク人を起源として約50万年前に分岐しています。現生人類はそこから独自の進化をするのですが、一方で約20年前から30万年前くらいの間でネアンデルタール人とデニソワ人の祖先が分岐します。

つまり、現生人類とネアンデルタール人とデニソワ人は生物学的には別の生き物なのです。

 

しかし共存と交配を繰り返す事により、アフリカ人を除く現生人類の全てにネアンデルタール人由来のDNAが残されているのだそうです。実はネアンデルタール人は我々の中にいたのです。

 

現在、ネアンデルタール人は絶滅したとされています。そこで考えました。もし彼らが絶滅せず密かに子孫を残していたらどうなってしまうのか?

そんな、世界的にも珍しい(自称)ネアンデルタール人が登場する話を来月の朗読ライブでお届けします。

 

 

朗読ライブ one time of jewel Vol.49A Another Kind
開催日:2016年5月21日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:塩澤智子,松本浩和,☆あみ★,マジンガー大久保,宗像将史,豊丞美久理,椎葉悠,井上まい
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.49B Another Kind
開催日:2016年5月22日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳,松本浩和,藤井みはる,高岡洋志,宗像将史,矢田明日香,秋原ゆめな,李夜
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
富山県黒部地区に二人の地質調査員が向かって行く中、GPSデッドセクションへと足を踏み入れてしまう。脱出を試みる中、倒れ込んでいる女を発見する。
言葉は通じず、所持品に記載されている文字はどの言語にも属さないものだった。やがて、人類にはない遺伝子を保有している事が判明したのだ。
彼女は人なのか、それとも何者なのか・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
世の中はエイプリルフールのようですが、このブログは嘘ではありません。

何度か告知をしていますので既にご存じの方もいらっしゃるかとは思いますが、本日より「劇団ジュエリー・ビーンズ」が始動します。
これまで開催してきた朗読ライブを引き継ぎ、将来的にはストレートも視野に入れた演劇を創出する目的で始める劇団ですが、ついにその初日を迎えました。

劇団の立ち上げと同時に本日付けで所属となった劇団員もいまして、これから徐々に人数を増やしていこうと思います。
今はまだ主宰と劇団員のオフィシャルメールアドレスしか稼働してない状態ではありますが、近日中にオフィシャルサイトを立ち上げます。その際はまたお知らせしてまいります。

一方、「ソフトフォーカス」及び「ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ」ですが、今後はコンテンツ制作に特化する形で存続します。また、ラジオ番組については基本的に劇団員を中心としてパーソナリティを構成していきます。

そんな訳で、今月の朗読ライブより「劇団ジュエリー・ビーンズ」の主催となります。どうぞ宜しくお願いいたします。


朗読ライブ one time of jewel Vol.48A 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月16日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:矢田明日香、宗像将史、椎葉悠、マジンガー大久保、秋原ゆめな、松本浩和、上條ゆう、豊丞美久理
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.48B 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月17日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳、宗像将史、李夜、マジンガー大久保、小泉美乃莉、☆あみ★、上條ゆう、篠原美奈
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
幼い頃から性同一性障害に悩まされている主人公、杉原早貴。強制的に入学させられた男子高校の同級生である拓哉に恋心を抱くが、卒業式の日の告白でその思いは打ち砕かれてしまった。
数年が経って早貴はOLとして生活していた。ある日、年下の同期である知恵からの誘いで、気が進まないながらも合コンに参加する。その主催者は、数年振りに再会した拓哉だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちとしては初めてで、世の中的にもそう多くはないとは思うのですが、次回公演では同じ登場人物に対して男性と女性のダブルキャストがあります。

役名はママなのですが、これは当初から男性キャストでお願いしています。
「ママなのに男性?」と思われるかも知れません。そこがまた次回の面白味でもあります。
この人物、ニューハーフパブのママなのです。

ヒロインである杉原早貴は、高校時代まで武文と名乗ってました。男性として生まれながらも女性の心を持ってしまった彼女ですが、それが理解出来ない父親によって強制的に男子高校へと入学させられます。
その高校時代に同級生の熊木拓哉を好きになってしまうのですが、卒業式での告白に失敗してしまいます。
そこまではあらすじにある通りです。ママが登場するのはその後です。
卒業式での体験を機に、彼女は女性として生きる道を選びます。その為には、身も心も女性にならなければならなりません。そこで彼女は高校卒業と同時にニューハーフパブで「女になる為の修行」を積みます。

そういった店ですから、似たような境遇の持ち主たちが集まっては消えていきます。
人生の途中から別の性を生きるというのは、簡単な事ではありません。様々な問題をクリアしつつ、それでも自認した性へと近づいていく。時には差別を受けたり、また時には心身ともに疲れ果ててGID-MtFという生き方そのものを辞めてしまう事もあります。そんな過程の全てをママはずっと見てきているのです。
だからこそ、ママの台詞は重くて深いものでなければなりませんでした。

実は「扉の先にあるもの」は昨年大きな改変をしました。これまで描ききれなかった部分を台詞でカバーするという作業だったのですが、ママをかなり重要視して台詞を吟味しました。
この作品、実はママがこれまで培ってきた人生と哲学が、早貴と拓哉のこれからを暗示する重要な役割を果たしています。だからこそ、単なる面白キャラにはしたくなかったのです。

そんなママを演じる松本浩和さんと☆あみ★さんがどのように魂を込めていくのか。稽古前の今からもう楽しみです。


朗読ライブ one time of jewel Vol.48A 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月16日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:矢田明日香、宗像将史、椎葉悠、マジンガー大久保、秋原ゆめな、松本浩和、上條ゆう、豊丞美久理
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.48B 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月17日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳、宗像将史、李夜、マジンガー大久保、小泉美乃莉、☆あみ★、上條ゆう、篠原美奈
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
幼い頃から性同一性障害に悩まされている主人公、杉原早貴。強制的に入学させられた男子高校の同級生である拓哉に恋心を抱くが、卒業式の日の告白でその思いは打ち砕かれてしまった。
数年が経って早貴はOLとして生活していた。ある日、年下の同期である知恵からの誘いで、気が進まないながらも合コンに参加する。その主催者は、数年振りに再会した拓哉だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次回公演に向けて、それぞれが準備を始めています。そんな中で、役者たちに向けられたプレッシャーを幾つか紹介します。

まずは次回のヒロインである杉原早貴と相方の熊木拓哉ですが、16日の回がエリサ&ノブヒコと同一キャストなので返ってやりづらい状況になるでしょう。
これまでのイメージを壊しつつ、如何に新しいイメージを構築するか。次回はそれが矢田明日香さんと宗像将史さんが抱えるプレッシャーになるはずです。そして17日の回は早貴が石井利佳さんです。エリサ&ノブヒコの世界をどう割って入るか。これもまたプレッシャーになるはずです。

更に杉原早貴を演じる事の難しさは、過去のシーンにあります。
あらすじで記載している通り、彼女には元男性という過去があります。つまり、少年の声を出さなければなりません。

GID-MtFの当事者が声をどう扱うかは人それぞれです。元々女性ホルモン量が男性の通常値よりも多い場合、その影響があるのか、声をいじらなくても違和感がない事があります。しかし早貴にはメラニー法というボイストレーニングで声の問題を克服したとする描写があります。

声色を変える演技は声優畑の役者さんなら比較的に容易にも思えますが、果たしてどうなるでしょう?

そんな部分も次回の公演はお楽しみ頂けます。


朗読ライブ one time of jewel Vol.48A 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月16日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:矢田明日香、宗像将史、椎葉悠、マジンガー大久保、秋原ゆめな、松本浩和、上條ゆう、豊丞美久理
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.48B 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月17日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳、宗像将史、李夜、マジンガー大久保、小泉美乃莉、☆あみ★、上條ゆう、篠原美奈
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
幼い頃から性同一性障害に悩まされている主人公、杉原早貴。強制的に入学させられた男子高校の同級生である拓哉に恋心を抱くが、卒業式の日の告白でその思いは打ち砕かれてしまった。
数年が経って早貴はOLとして生活していた。ある日、年下の同期である知恵からの誘いで、気が進まないながらも合コンに参加する。その主催者は、数年振りに再会した拓哉だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Kiss of Sniper シリーズの最新作である「season 4」の終演からまだそれほど日は経ってませんが、毎月開催している身としては次へ向けての準備をしていかなければなりません。

まずは皆様に報告があります。
これまで当朗読ライブを「ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ」の主催としてまいりましたが、来月からは「劇団ジュエリー・ビーンズ」主催となります。
朗読ライブの劇団化は何年か前から「出来たら良いな」と漠然と考えていた事ではありますが、いよいよ実現に向けて進んでいきます。
既に来月から所属が確定している劇団員もいまして、徐々にではありますが新しい環境を整えてまいります。

そんな劇団化第一弾でもある次回の開催ですが、昨年11月から徐々に集まった役者さんたちによるリピートがメインで、これは大変ありがたい事です。

Kiss of Sniper シリーズだけがうちの朗読ライブではなく、様々なストーリーとテーマでお届けしています。内容がガラッと変わるだけに、これまで培ってきたイメージをどう崩して再構築するのかが課題となります。

そんな中でお送りする来月の公演ですが、性同一性障害がテーマとなります。
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)という言葉をどこかで耳にしたことがあるかも知れませんが、その中で性同一性障害はトランスジェンダーに区分けされています。
ところで、この事について話すときにいつも思うのですが、同じものを示しているはずの性同一性障害とトランスジェンダーという二つの言葉にはそれぞれ受け止められる印象が全く異なることに気づきます。
前者はどうしても「障害」という言葉がついて回るのですが、後者は「性別を乗り越える」という前向きな印象があります。それだけに、同じ事柄であっても日本と海外とでは受け止めるものが違うのだと解釈出来ます。
日本では「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が2004年7月16日に施行されました。これにより、家庭裁判所の手続きによって戸籍上の性別を変更出来るようになった訳です。
しかしながら、未だに議員による差別発言がなされている現状は大変残念に思います。

そんな難しいテーマを背景としながらも、エンターティンメント性を損なわないように表現していくというのが次回公演の「扉の先にあるもの」です。
幼い頃から悩み続けていた性の問題を抱えながら生きていく主人公。その半生と恋愛を描いていきます。


朗読ライブ one time of jewel Vol.48A 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月16日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:矢田明日香、宗像将史、椎葉悠、マジンガー大久保、秋原ゆめな、松本浩和、上條ゆう、豊丞美久理
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

朗読ライブ one time of jewel Vol.48B 扉の先にあるもの
開催日:2016年4月17日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳、宗像将史、李夜、マジンガー大久保、小泉美乃莉、☆あみ★、上條ゆう、篠原美奈
主催:劇団ジュエリー・ビーンズ

<あらすじ>
幼い頃から性同一性障害に悩まされている主人公、杉原早貴。強制的に入学させられた男子高校の同級生である拓哉に恋心を抱くが、卒業式の日の告白でその思いは打ち砕かれてしまった。
数年が経って早貴はOLとして生活していた。ある日、年下の同期である知恵からの誘いで、気が進まないながらも合コンに参加する。その主催者は、数年振りに再会した拓哉だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シリーズ五作目ともなるとキャラクターが増えて関係性も複雑になって行くのですが、今回もまた新キャラクターの登場です。

レジスタンスの規模が大きくなる中で、彼らは共同生活をして行きます。飯島が武器庫のチェックをしていてると、その男「鮫島狂介」が現れました。
武器庫にいた目的はリサーチの為だと言うその男は戦争屋でした。
レジスタンスにしろ敵方である組織にしろ、スナイパーの集団です。戦争ともなると、少々専門外となります。
そんな訳で正体不明の鮫島を、レジスタンスは受け入れました。

これ、実はモデルとなるキャラクターがいます。
戦争を商売にする訳ですから、目的は「お金」です。条件さえ良ければ、寝返る事もあります。ですから、味方に対しても敵に対してもドライな接し方をします。決して仲良くも悪くもならない。それが戦争を商売にする者の生き方だというイメージがあります。
しかしここで登場する鮫島は、黒咲に面と向かって「この糞ババア」と悪態をつくシーンがあります。
鮫島に何があったのかを探るのも、今回の楽しみでもあります。

これまでとは作品の雰囲気が大きく変わった最新作の「season 4」をどうぞお楽しみ下さい。


朗読ライブ one time of jewel Vol.47A Kiss of Sniper season 4
開催日:2016年3月20日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:椎葉悠,矢田明日香,宗像将史,井上まい,李夜,比嘉侑梨,藤井みはる,上條ゆう,マジンガー大久保,ながやす淳一,☆あみ★,豊丞美久理
主催:ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ

朗読ライブ one time of jewel Vol.47B Kiss of Sniper season 4
開催日:2016年3月21日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳,矢田明日香,宗像将史,篠原美奈,比嘉侑梨,☆あみ★,豊丞美久理,浅田遊季,マジンガー大久保,松本浩和,藤井みはる,井上まい
主催:ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ

<あらすじ>
収容所を脱出してレジスタンスの本拠地へと向かう女子高生スナイパー、ホノカ。その途中で自爆テロに遇う。組織による第二段階が発動してしまったのだ。
そんな中、彼女の胸中には「キス・オブ・スナイパー」の正体であるエリサや依頼人だった片岡への複雑な思いがあった。家族を殺害した事への復讐か、それとも共闘か・・・・。
これまでにない壮絶な戦いが今、始まろうとしている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これまで最新作はスピンオフ作品「真実の彼方へ」でした。朗読ライブで披露したのが一昨年の五月だったので、約二年振りの新作になります。
この間、「最新作まだぁ~?」と言われ続けて来ましたが、ようやく披露する事が出来ます。
今度でこのシリーズも五作目になります。こうなってしまうと、当朗読ライブのラインナップ中半分がこのシリーズという事になります。様々なジャンルの作品をやってますというのが嘘になりつつあり、これは由々しき事態です。そんな事もあって去年はこのシリーズの新作をやりませんでした。

こんな状況下で披露する「season 4」ですが、本筋である「season 3」とスピンオフである「真実の彼方へ」の続編となります。つまりは、本筋のヒロインであるエリサとスピンオフのヒロインであるホノカのダブルヒロインで展開する訳です。

「season 3」ではクローン人間というのが登場し、スピンオフ作品「真実の彼方へ」ではその製造過程が明らかになりました。今回の「season 4」では、いよいよ組織がこれまで繰り返してきた殺戮とクローン製造の目的が明らかになります。
そこで登場するキーワードが、「ヒューマノイド」「脳クラウド」「ナノマシン」です。
どの言葉もSF作品にありそうなものですが、実は現実世界で既に研究・開発が始まってます。まぁ、「脳クラウド」はちょっと空想側に寄ってますけどね・・・・。
興味のある方は是非ともキーワード検索してみて下さい。驚くくらいに世の中は進んでます。

問題はそれらのテクノロジーが何に使われるかですね。
ヒューマノイドに関して言えば、日本ではエンターティンメントの分野などあくまでも平和利用が主な用途として研究が進んでいるようですが、他国では軍事目的で注目されてます。
ナノマシンに関しては、今のところガン治療など医療の世界で注目されているようです。しかしこれも色々と応用の利く分野ですね。
脳クラウドは作品中の造語なのですが、これは人の記憶情報から人工知能(AI)を構築するという概念で登場させてます。これも何だか研究・開発が進んでそうな感じです。

科学が様々な分野で発展していく中、その裏にある本当の目的は何なのかを考える時代になって来ているように思います。

これまでにない戦いと衝撃のラストシーン。
最新作の「season 4」をどうぞお楽しみ下さい。


朗読ライブ one time of jewel Vol.47A Kiss of Sniper season 4
開催日:2016年3月20日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:椎葉悠,矢田明日香,宗像将史,井上まい,李夜,比嘉侑梨,藤井みはる,上條ゆう,マジンガー大久保,ながやす淳一,☆あみ★,豊丞美久理
主催:ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ

朗読ライブ one time of jewel Vol.47B Kiss of Sniper season 4
開催日:2016年3月21日
開催場所:江古田 Cafe FLYING TEAPOT
東京都練馬区栄町27-7. 榎本ビルB1
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
昼の部 開場:15:00、開演:15:30
夜の部 開場:19:00、開演:19:30
チケット代:2000円(ドリンク別)
作:紅嶋麗(あかしまれい)
出演:石井利佳,矢田明日香,宗像将史,篠原美奈,比嘉侑梨,☆あみ★,豊丞美久理,浅田遊季,マジンガー大久保,松本浩和,藤井みはる,井上まい
主催:ソフトフォーカス ポッドキャストラジオ

<あらすじ>
収容所を脱出してレジスタンスの本拠地へと向かう女子高生スナイパー、ホノカ。その途中で自爆テロに遇う。組織による第二段階が発動してしまったのだ。
そんな中、彼女の胸中には「キス・オブ・スナイパー」の正体であるエリサや依頼人だった片岡への複雑な思いがあった。家族を殺害した事への復讐か、それとも共闘か・・・・。
これまでにない壮絶な戦いが今、始まろうとしている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。