ヴァレンタイン•デー

テーマ:
 
 
子供の頃から、淡い思いを秘めても、人に媚びるのは大嫌い。ヴァレンタインでもチョコレートを誰か特別に送ることなんてなかったな。しかも手作りだなんて...上げるのは上司。その他大勢。みんな義理チョコ。みんな平等。

ただ、義理チョコでも、お礼は実にご丁寧に立派なものをいただき続けたものだ。クラスメートの男子や、職場の上司など。過去の栄光。笑

また夫にもあげないからもらうこともない。それでオッケー。気が楽だ。

日本の商業主義。ありゃ、おかしいでしょ!なんでもビジネス。なんでもお金。

さてさて、本来の「ヴァレンタイン・デー」の起源は実在した聖人ヴァレンティノで、イタリアのウンブリア州の都市テル二と世界の愛し合う人々すべての守護聖人である。 

西暦269年2月14日、ローマ皇帝による迫害によって殉教。当時、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止していた。キリスト教司祭だった聖ヴァレンティノは秘密に兵士を結婚させたがために、捕らえられ、処刑されたわけ。彼の遺体は今でもテルニに安置されている。 

自分の命を犠牲にしてまで、神の愛を伝え実践した聖ヴァレンティノ。今年のヴァレンタイン·デーは「犠牲の愛とはなんぞや?!」と聖ヴァレンティノのことを思い出しましょう。 




 
AD