たくさんのコメントありがとうございました。<(_ _)>


アメブロの SOFIA_SS の移転は完了しました。
こちらのブログの記事は非公開になります。
これからは、FC2でよろしくお願いします。



突貫 SOFIA_SS


 


これからも、どうぞよろしく☆ 2008.3.13


--------------------------------------------------------------------




くま夫婦/中央ヤンボル
¥1,260
Amazon.co.jp
ただいま発売中です。よろしく~ (^o^)丿




 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-10-30 23:19:00

92.修学旅行の思ひ出

テーマ:すごろく企画

修学旅行の思い出、前にも書いたような記憶が・・(^^ゞ


◆ 見学旅行の思い出


◆ 28.青春の汗と涙


だけど、まだまだ尽きないのが修学旅行の思い出。

もうひとつ、高校のときの見学旅行の話を・・・・


いまどきは飛行機でいく修学旅行も、私たちのころは列車で。

しかも、寝台列車のB寝台で、上・中・下の3段の寝台でした。

乗った事あるでしょうか?

3段寝台の一番上の段は

ハッキリ言って、網棚のような感じです。

懐かしい写真をネットで発見。こんな感じです。

http://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_583.html

上段寝台の写真見てください。

起き上がって着替えることなんかできません。

横になったまま、服を着るのですよ。

私は体が小さくて、寝相もすごく良いということで

行きも帰りも、この3段寝台の上段が割り当てられてしまいました・・・

自分が網棚の上の荷物になった気分。

気持ちのいい睡眠なんて、できっこない~


ま、ほとんど寝てなかったから、いいんですけどね^^

夜も深まり、女子の車両には、先生も見回りには来なくなります。

すると

「シュポッ」

どこかで聞いたような音が・・

続いてホップの苦いような香りが・・・

やってました。

わ、私じゃないですよ。

ススンデルお姉さんたちが、ビールを持ち込んで飲んでました。


車内に、アルコールの香りが程よくたちこめて

お姉さんたちがいい気分になると

先輩体験談を聞こうと、女子の皆が、そこに集結します。

もちろん、話は男女の関係な話しになるのですね。

興味津々の私たち。

お姉さんたちは輪の中心になって

ゆっくりと語り始めるのです。

開口一番


「最初はね、痛いよ」


どひゃーっっ!!! (@_@;)




そんなこんなの修学旅行でした。



■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


87.家の本棚を晒せ(写真UP)


ブログすごろくメモ〆


お~、ようやくゴール目前に。

99.2日休み(休み明けはフリーお題) に止まりましたので

10/31、11/1 はお休みです。

11/2 に最後の記事を。

たぶん、あのお題しかないだろうな^^

なんとか、年内ゴールできそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-10-29 17:38:28

87.家の本棚を晒せ(写真UP)

テーマ:すごろく企画

掃除しましたよー。

夏休みに発掘して少しは綺麗にしたんですが

まだまだ埃が残ってました。


    book        book


私の本は実家にほとんど置いてきてて、こっちには文庫本ばかり。

本棚は、ダンナの本と一緒になってます。


book  book  


これは赤毛のアンシリーズ。昭和46年。

私が小学生のころに揃えたものです。



料理、旅行、文学、ジャンルが混在しております。


   book   book



文庫本以外は、卒論で買った佐藤春夫関連の本。

神田の古書店で22年前に買ったもの。


  book      book  



↑ 年季はいってます。ダンナが子供のころに買った百科事典。 


発掘作業にて、「dancyu」のバックナンバーを思い切って処分しました。

数年分がどっさりあって・・。

その後で、息子の漫画を収納。

本はなかなか処分し難いですね。


文庫本はカバーがかかってて、手にとってみないと

どの本なのか、私にもわかりません。

秋の夜長。

ゆっくりと、本を読む時間があればいいな。


                    book




■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


80.2日休み(休み明けはフリーお題)


ブログすごろくメモ〆


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-10-28 23:47:57

ハロウインなどなど

テーマ:書けば日記

どこに行っても、ハロウイン。


ハロウインは、キリストを信じこの世を去った人々の霊の平安を祈る

日本にはなじみ薄い行事のはずなんだけど

ここ数年でずいぶん広まったみたい。


最初、ハロウインを何かの映画(E・T だったかな?)で観た時

函館の七夕を思い出した。

子供たちが提灯を持って、「ろうそく一本ちょうだいな♪」と

歌いながら家々を回り歩くのが、函館の七夕行事。

ハロウインにそっくりなのだ。


カボチャ頭を見ると、ディズニーアニメの

「イカボード先生のこわい夜の森」というお話を思い出す。

ディズニーアニメのなかでは、ちょっと怖いエンディングで

ビング・クロスビーの歌とともに、印象強いアニメだと思う。

このお話をモロに怖くしたのが、ジョニデ主演の

「スリーピー・ホロウ」。


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
とっておきの物語 / ミッキーの王子と少年
「イカボード先生のこわい夜の森」収録

ポニーキャニオン
スリーピー・ホロウ<DTS EDITION>


ところで、左側に貼り付けてある「メロメロパーク」も

ハロウインバージョンになっている。

ときどき、お化けがでるみたいなので

遊んでみてください^^

私のメロダチは、2人。

いっきゅうさんと、アメブロ社長さん。

いつも3人でウロウロしている・・・。

お2人とも、お友達になってくださって、ありがと♪



次回、すごろくは、87.家の本棚を晒せ(写真UP) です。

掃除してから、UPします~~~ (>_<)



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-10-28 00:04:12

90.10コマ戻る→80.2日休み(休み明けはフリーお題)

テーマ:書けば日記

2日の休み明けのフリーお題は

78.うろ覚えお絵かき「ムーミン」(画像UP) です


ムー民


こんな感じじゃなかったか?

ムー民の南国リゾート♪




■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


84.もしも、1ヶ月間休みがもらえたら


ブログすごろくメモ〆




いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-10-27 22:46:03

秋深まる

テーマ:書けば日記
huyu


からすうり

夜に花咲くからすうりは、明るい夜の場所では結実できない。
暗闇にほんのりと浮かぶ白い花が
蛾を誘って、受粉する.。


からすうりが実るのは
暗い夜がそこに在る証。

夜は暗い が正しいのかもしれない。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-25 17:50:44

ふっとお休み

テーマ:書けば日記

すごろくは、90.10コマ戻る になってしまったので

80.2日休み(休み明けはフリーお題)

26,27日はすごろくのほうはお休みです。

休み明けは何にしようかな~

お絵かきなんていいかも♪

で、また1をひいて

81,好きな漫画の話 になったら、少年漫画編を書いて・・・

なんだか80台をいったりきたりするような嫌な予感が。 うぅ。



最近、オセロにはまっている私を見て、息子が図書館から借りてきてくれました。

長谷川 五郎
オセロの勝ち方[改訂新版]  
この本280ページちょっとあって、かなり厚い。
「これ読んで勝てるようになれよ」
って息子は言うのだが、読んでる時間はなーい。
だけど、負けるのも悔しいし・・・
くしょー!!
  
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-10-25 00:30:25

84.もしも、1ヶ月間休みがもらえたら

テーマ:すごろく企画

「キミ、休んでいいよ」

「!」

「明日から、1ヶ月の休暇だからね」

「え」

「心配すんな。 戻ってきても、そのままだから」

「い、いきなり明日からですか」

「ずっと前に通達は出してたはずだが」

「デスクの引き出しに入れたままなんじゃないですか?」

「・・・・・」


確かにその旨書かれた書類は渡されていた。

引き出し開けたら、奥に突っ込まれてクシャクシャになっていた。

うちの会社、ちょっと変わってるよな?

マンスリー・バケーション、略してマンバケ。

強制的に1ヶ月休ませるって・・・

いや、そりゃ休みたい奴もいるよ。

だが、俺は。


俺にはこれといって趣味も何も無い。

両親はとうに亡くなって、実家はもう処分してしまって

里帰りでゆっくり、なんてこともできやしない。

彼女とデート、相手がいない。

旨いものに興味はない。 観たい映画もさしてない。

仕事しか、することないってのに

1ヶ月、どーしろと???


【マンバケ1日目】


「バイトしかない」

布団のなかでブチブチ考えていたが、どうやら案がまとまった。

規定違反になるだろうけど、バレないようにすればいいだろ・・

1ヶ月だけのバイト。

俺はとびおきて、部屋の隅に山積みになってる古新聞のチラシを漁りはじめた。

求人広告を、丹念に見ていく。

期間限定で条件に合う仕事は、なかなか見つからない。

あ~あ、やっぱり急な思いつきじゃダメだよな。

諦めて、今朝の新聞を読もうとして、、手を止めた。

小さな黄色いチラシに、「急募」の太字。


期間限定、1ヶ月だけのお仕事です

誰にでもできる簡単な作業です

電話連絡後、面接にて詳細相談

秘密は厳守いたします


秘密厳守・・・今の俺にはピッタリじゃないか?

仕事の内容や給料のことは一切書かれていなかったが

とりあえず、電話することにした。


「はい、ドリーム・トラベルでございます」

明るい声の女性が出た。

「あの・・求人広告のチラシを見たのですが」

「はい、お電話ありがとうございます。

早速ですが、面接のお時間を決めさせていただいてよろしいでしょうか」

「あ、はい」

「では、明日の13時に、当社でお待ちしています。お名前と連絡先をお願いいたします」

会社の地図はチラシに書かれていた。

ドリーム・トラベル・・・いったい、どんなバイトなんだろう。

面接の約束はしたものの、不安になってきた。



【マンバケ2日目】


不安にはなったが、俺にはやっぱり、こうするしかない。

1ヶ月間、「何もすることねーよ!」と叫んでいる俺の姿が思い浮かぶのだ。

チラシに書かれてあった地図の通りにやってきて俺は立ち止まった。

思わず、息を呑む。

目の前にデカいビルが建っていた。

ドリーム・トラベルって、あんまり聞かない名前だが

実はその業界じゃかなり名の知れた会社なんじゃないか?

不安だったのが嘘のように、俺の心に期待が沸き起こってきた。

受付嬢に面接のことを話すと、人事課のフロアはこちらです、と案内された。

フカフカの絨毯に少し足をとられながら面接室のドアを叩く。

「はい、どうぞ」

女性の声がして、俺はドアを開けた。





つづく



■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



長くなりそうなので、ここら辺で。

つづき は・・・そのうち書きます(^^ゞ 

1ヶ月休みくださーい。

81.好きな漫画の話


ブログすごろくメモ〆


 

あ・・・次は90.10コマ戻る

ゴールが遠くなる~~~~~ (>_<)




いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-10-24 00:07:57

81.好きな漫画の話

テーマ:すごろく企画

このお題にも当たりたくなかった。
すごく長くなりそうな予感がします・・・

最初に漫画の雑誌を買ったのは、小学校3年生のとき。
別冊マーガレットだった。
美内すずえの「ひばり鳴く朝」に衝撃を受けたのを、今でも覚えてる。
そのころの少女漫画は意欲的なテーマの作品が多かったな。
私が少女漫画を読んでたころの漫画家は、花の24年組 と呼ばれているらしい。
リアルタイムに彼女たちの作品を読めたのは、幸せなことだったのかも^^

家の近くの本屋さんで毎月買うのは別冊マーガッレトと月刊スクリーン、
本屋さんも、私のためにとっておいてくれていた。
そんな小学生時代を経て、花とゆめ、LALA、プチコミ、・・・
買う漫画雑誌は変わっていって、大学まで読んでいたかな。
弟が、チャンピオン、ジャンプ、ヤンジャン、と買い進んでいったので
そっちのほうも読みながら。

唐突に、私の好きな漫画家。

【美内すずえ】 漫画の魅力が、画と物語に分かれるとしたら
文句なく、この方は「物語の女王」と呼べると思う。
エピソードのひとつひとつが凄いのですよ。
「13月の悲劇」、「はるかなる風と光」、そして「ガラスの仮面」。
漫画の影響で部活を選んだ人も多いかと思うけど
私も、「ガラスの仮面」を読んで、演劇部に入りました・・・

美内 すずえ
ガラスの仮面 1 (1)

【文月今日子】 漫画の魅力が、画と物語に分かれるとしたら
文句なく、私のなかではこの作家の画が一番。
読んでて幸せな気持ちになるのです。あたたかくて優しい画。
「秋風のノボ」、「エトルリアの剣」。
この方の描く男性が大好き。 漫画から抜け出てきてくれたら、もう絶対に惚れる。

文月 今日子, 名木田 恵子
エトルリアの剣

【名香智子】 ダンス漫画(そんなジャンルあるか?)の「PARTNER」が
好きだけど、どことなく退廃的で美しい画も大好き。
ファンレターを出したら、返事をくれた方です。


名香 智子
花の美女姫 (1)


【山岸涼子】 この方の人間の描き方には背筋が寒くなるようなところがある。
私の書く文章も、きっとかなり影響されているような気がします。
「アラベスク」、「日出処の天子」・・あまりにも有名ですが
私が一番印象に残っている作品は、ボロボロになって狂喜している堕天使の姿の一枚のイラスト。

山岸 凉子
舞姫(テレプシコーラ) 1 (1)

萩尾望都 】 さて、モトさまです。
私のなかで日本一の漫画家。
漫画の魅力が、画と物語に分かれるとしたら・・・という書き方をしてきたけど
この方は、どっちも素晴らしい。
イラストなら、もっと綺麗な画を描く漫画家はいるけど
漫画は動きがあるもの。
アニメではないのに自然に動きを感じる画と
空想、現実、怪奇、知性、情緒、すべてを取り混ぜてゆく物語の重厚さ。

萩尾 望都
11人いる!

別マ派の私が、最初に萩尾望都の作品を読んだのは
「11人いる!」だったのです。
それまで少女漫画のSFは、よくできたものでも、
どこかの小説から題材を引っ張ってきたようなものとか
科学も何もなく星のお話で情緒だけだったり
ニセモンがほとんどだったように思うのだが
そんなとこに「11人いる!」がベカーっと登場したのです。
やるじゃん、この漫画家!と 何も知らない私は興奮しまくった。
よく話を聞けば、ナルホドな作家なのだけど。
「ポーの一族」と、「トーマの心臓」は、単行本で読んだけど
漫画って、単行本になると、少し魅力が落ちちゃうね。
映画館で封切りされて大画面で観る映画を
DVDやビデオになって、家のテレビで見ると魅力が落ちちゃうのと
なんとなく、似ているような気がする。
あのサイズの、ページを開くと独特なインクの臭いのする雑誌で読んでこそ
漫画の魅力がある、というものなのか。
萩尾 望都
訪問者

「A-A'」、「メッシュ」、「訪問者」
読むたびに、すごいな~と思わせる。
「百億の昼と千億の夜」は、弟が買っているチャンピオンで読んだ。
原作は難しいので、読んでいない(^^ゞ
だけど、なんだか小説を読んでしまったような気持ちになってくる。
マジ、すごい漫画家です。


最近は、漫画読んでないな・・・
子供が買ってくる単行本を読むだけ。
じゃぱん、ハガレン、ファイブ、Holic・・・etc・・・。
昔読んでいた漫画を全巻揃えていこうか。
などと思ったり。 「ガラスの仮面」で、まず挫折しそうだけど。


次回は、少年漫画家編です。(嘘



■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
76.ビー玉をテーマに創作話

ブログすごろくメモ〆



 
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-10-22 02:20:43

76.ビー玉をテーマに創作話

テーマ:すごろく企画

ビー玉、あまいかしょっぱいか


どうして夢ばっかり追いかけてる男が好きなんだろうね
ママは最後の最後でいつも泣きながらそうつぶやくんだ。
僕は泣いているママの頭を何度も撫でて
泣かないで、ママは強いでしょ
って、転んだときいつもママが僕に言ってくれるように言う。

ママはビー玉が好きで
僕と一緒におもちゃ屋に行くと、必ず小さなネットに詰まったガラスの玉を買う。
陽の光に透かして見たりテーブルの上に転がしてみたり
ビー玉を手にしている時のママの目には
キラキラと輝くビー玉がたくさん映っている。
「ママが生まれた町は港町でね」
うす緑色したビー玉を白く細い指でつまみながらママはささやく。
「こんなビー玉みたいなガラスの浮き玉が、いっぱい吊るしてあるの」
いつかそこに連れて行こうね、ママはそう言うんだけど
僕は港町にはまだ一度も行ったことはなかった。

僕は大人のことは詳しくはわからないけど
ときどきおばあちゃんがママに小言を言ってるのを聞いてしまうことがある。
「夢を追っかけるって言えば聞こえはいいけどね」
「家庭をもつことに責任をもてないってことなんじゃないのかね」
「子供や妻は、夢には邪魔ってことになるんじゃないのかい」
ママは黙っている。
そんなこと、わかってるわよ
帰り道、ママが独り言で言うのを、僕は聞いてしまったりする。

ママは性懲りも無くまた恋をしているみたいだった。
「今度はうまくいきそうなのよ」
嬉しそうに話すママ。

もう何回もそんなママを見てきたんだけど・・
「でね、今度の日曜日に遊園地で会うことになったの」



その日はとてもいい天気だった。
ママと僕は遊園地のベンチに並んで座って、人を待っていた。
ママはソフトクリームを買ってくれた。

風船を買ってくれた。
また、ソフトを買った。
お日様がどんどん真上に昇っていった。
震える指で、ママはバッグからビー玉を取り出した。
僕はベンチにビー玉を転がした。
太陽の光を受けて、一つ一つがまぶしく輝く。
ママが今まで流した涙の粒がビー玉になったのか
かなわなかった幾つもの夢がビー玉になったのか
ペンキの剥がれかかったベンチの上で
ビー玉は好き勝手に転がっていった。
いつの間にかママは電話をしに行ってしまって
僕はひとりでベンチに座っていた。


「綺麗だな」
頭の上で声がして、僕は空を見上げた。
「ビー玉なんて、見るの、久しぶりだなー」
細く長い足をポキポキと折り曲げるようにして
僕の隣に腰掛け、その男の人は人懐っこそうに笑った。
「おじさん、誰?」
「あー・・・魔法使いさ」
僕の冷たい反応に、苦笑いしながら
「ほら」 と、細くて綺麗な指から、100円玉を出してみせた。
「魔法使いじゃなくって、マジシャンでしょ?」
「うん、そうとも言う」
手品師は、いい天気だな、と額に手をかざして目を細めた。
「このビー玉、・・・食べられるんだぜ、知ってたか?」
「え?」
「ほら」
手品師は、ビー玉をひとつつまんで、クチに入れる素振りをした。
クチのなかで飴をなめているように舌先で頬をふくらませている。
「食べてみなよ」
「え」
「ほら、クチをあけてごらん」
僕もビー玉を食べるフリをしてみたくなって
言われた通りにクチをあけてみた。
手品師がビー玉をつまんで、僕のクチにいれるフリをして・・

え?
本当に、舌先に硬いものがあたった。
「ゆっくりなめるんだぞ。あわてて、呑み込むな」
手品師は、さっきクチにしたビー玉を、ガリガリと噛み砕いている。
僕は大きく目を開いたまま、ビー玉を舌先で転がした。
甘い。
本当の飴だ。

本当の魔法使いだ。

休憩おわりっ、向こうでショーやってるから見に来いよ
手品師はそう言って、片目をつぶって立ち上がり、行ってしまった。
やがてママがショボショボと戻ってきて
「だめ。電話に出ないの。逃げちゃったみたい・・・」
いつものように泣こうとしたので、僕は急いで
「ねえ、ママ。あっちで面白いことやってるようだよ、見に行こうよ!」
そう言って、散らばってるビー玉を集めてママに手渡した。




車の窓から海風が吹き込んでくる。

ママは助手席で髪の毛を押さえながら歓声をあげた。
ママは夢を追いかける男が好きなんだ。
無名だった手品師と、また簡単に恋におちて
でも、今度の結末は今までとは違ったみたいだよ。
ママよりも僕のほうが
人を見る目はあるのかもしれないね。
ねえ、ママ。





■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

71.30年後の未来予想


ブログすごろくメモ〆







いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-10-21 17:34:39

71.30年後の未来予想

テーマ:すごろく企画

14歳のころ。

都会から遠く離れた地で、中学2年生だった。

5時間目の授業をしていたとき

晴れた空に、突然バリバリバリと

雷鳴のような音が響き、何かが頭上を駆け抜けていった。

教室の窓ガラスがビリビリと振動し、教師も生徒も何事が起きたのか

まったくわからない様子でお互いの顔を見つめ合っていた。


世界は東西にわかれ、2つの大国がじっと腕組みをしながらにらみ合っていた。

静かに座っているように見えても

テーブルクロスで隠された足元では

お互いの足を踏みあったり、膝で押し合ったり

時折、隣に座ってる小さな国にそっと袖の下を渡していたり。

007の映画で「いずれはこの壁も無くなるさ」というセリフは

あくまでも、映画のなかだけのセリフにすぎないと思っていた。


5時間目の授業中に聞こえた雷の音は

ソ連から亡命するためにベレンコ中尉が飛ばしてきたミグ25の爆音だった。

あれから30年。

ソ連もベルリンの壁も崩壊し、世界は、大きく変わった。





「おやつの時間よ」

「は~い」

「また、この絵本を読んでたの?」

「うん。だって、面白いんだもん」

「北風と太陽のお話ね」

「うん。ねえ。太陽って本当にこんなにあついの?」

「そうよ。裸でいると、真っ黒に日焼けしてしまうくらい」

「北風って、そんなに冷たいの?」

「そうね。冷たいだけじゃなくて、飛ばされそうになるくらい、強く吹いたりするわ」

「エアコンや扇風機より?」

「もっと、ずっと」

「お母さんが子供のころは、雪も降ったの?」

「そうよ。空からね」

「寒い時だけなんでしょう?」

「そう。ここみたいに、スキーはいつでもできるってわけじゃなかったわね」

「じゃ、スキーだけは、今のほうがいいね?」

「そうかもね^^」


外に出る時は、放射能の防護服を着ないと何分ももたない。

太陽も風も、この子は知らないし、これからも知ることはないかもしれない。

自爆の道しかなかった国は、道連れにこの星を汚染してしまったのだ。


30年前に戻れる事ができたら・・・

今、科学者たちはタイムマシンの開発に全力を注いでいる。





■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


63,.愛を感じたこと


ブログすごろくメモ〆



30年前のことを思い出すと

そのころ想像もできなかったような世界が

今、現実になってるという感じがします。

良いところも悪いところも両方あって。

だから、たぶん未来もそうだと思います。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。