津軽徒然

津軽地方の在住のご都合主義者の徒然なる日々。


テーマ:

気が付けば、3月。


仕事が忙しいわけでもなく(というか、このままで大丈夫か?ってくらい暇です(笑))、どちらかというと、日々のことが忙しく、ブログまで手が回らない(仕事が忙しくなった方が、案外ブログまで手が回るか(笑))。

自分のことが後回し感アリアリですが、それでも、自分の興味あることをまったくなってないかというと、案外そーでもないんだけどね。


と一通り、言い訳をしてしまったあとで、今日のブログの本題。


個人的に好きな蕎麦屋がありまして。

繁忙期以外なら、ちょっとした感動が味わえるといってもいいくらいの蕎麦屋。

それが新寺町にある「真そば「會」」でした。


「でした」というくらいなので、現在はありません。

昨年末、「早めに年越しでもしとく?」なーんて1か月ぶりくらいで気軽にお店に横付けたら、なんとお店が閉店していたではありませんか!!!


店の前には、閉店したという旨の一筆が張り付けてあるだけで、移転したとかなんとかんなんて一言も書いていない。

『えーーーーーーーー!!!」

なんか、納得できない感じをかかえながら、別のお店で早めの年越しをして、年を越しました。


年を越しても、諦めきれない。

春夏秋なら「ざるそば」、冬なら「花まきそば」と個人的にラインナップを決めている。

この冬「花まきそば」を食べられないのか!!!(泣)

「花まきそば」を提供しているお店は市内には少ないし、「會」の花まきそばは、個人的には市内で一番美味いと思っている。

それが食べられないと思うと余計に諦めきれない。


ということで、ここはインターネットに登場していただき、さっくり検索。


見つけましたとも!!!

店の名前が「そば処清水」となって「會」からほど近い茂森新町に開店していることを突き止めました。


ということで、検索してからひと月半ばかりしてから、お伺いしました。


そば処清水


店構えは、現代風。

「會」は弘前市の「趣のある建物」に認定されているくらいの家屋での営業でしたので、、一瞬「えっ」って思っちゃいますが、大事なのはお味です。


メニューのラインナップは「會」とほぼ同じ。

ただし、看板メニューの「會そば」は「海彦そば」と名前が変わっていました。

お味も「會」時代と変わりなく、この冬あきらめていた「花まきそば」をおいしく堪能させていただきました。


食した後で、「會」の時から働いている方に聞いたら、お店はそばの職人さんの自宅だそう。

メニューもほとんど同じとのこと。

諦めないでよかった~。


ちなみに、「會」同様に「清水」も車の往来がそれなりにある道路沿いなため、お店の前に駐車スペースありますが、出し入れがちょい大変かも。

そんなときには、お隣の駐車場に7台分用意されているので、自信がなければ、そちらに入れる方が

無難ですかね。

実際、移転後に訪れているお客さんらしき人は、迷わず隣の駐車場にいれていました。


お店情報はコチラ↓(お店の方とお話ししたら、ショップカードをいたきました。こちらはその裏)


そば処清水

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。