津軽徒然

津軽地方の在住のご都合主義者の徒然なる日々。


テーマ:

東京に遊びに行くときも、仕事に行くときも、基本的には飛行機を使います。

最近だと特割とか使うと新幹線を使うのとお値段もほとんど変わらなくなってしまうので、乗り物で拘束される時間を考えて、ほとんど飛行機を使うことになります(新幹線も停まる駅が少ない新幹線だと全席指定になってしまうので、その分値段もアップするので)。


しかし、飛行機が離着陸する青森空港がどうにもならない。

以前もブログにぶちぶち書いたけど、ほんとうに霧が発生しやすい空港で、そのため着陸できずに欠航になることが多い。

先日の東京行きの前日も午後3時より、最終便まで全便欠航という事態になった。


青森空港の欠航の理由の一つに、空港の飛行機離着陸のための計器のレベルの低さがある。

現在青森空港に設置されてる、着陸のための計器のレベルがCAT-1だそうで、かなりの上空で滑走路の目視ができなければ着陸できないらしい。

つまり、霧が発生しやすい空港にもかかわらず、計器は滑走路が目視できなければならないものがついているということ。

結論:飛行機の欠航がふつーに起こりえる空港。


おかしい。。。


来年の3月にはCAT-3になるそうで、それがつくとほとんど滑走路を目の前にしての目視で着陸可能。

欠航が現在の10分の1になるということ。


最初から霧発生することがわかっていた空港なのに、なぜ最初からそうしなかったのか?


おかしい。


青森には雪が降る。

なのに、空港ができたときには、駐車場は青空駐車場だった。

何年もたってから、立体駐車場になった。

立体駐車場ができてから1年近くたってから、後から工事をはじめて駐車場の渡り廊下ができた。

そして、駐車場の泊まり料金が値上りした。


おかしい。


最初からわかることがなぜ一緒にできない(しない?)のかわからない。


飛行機を使うたびに、いろいろはらはらさせられる。

頼むから安心して東京に行かせてくださいと願わんばかり。


ちなみに、先日の東京日帰りは、往路に新幹線を使った。

片道5時間。

飛行機が飛ぶという確信がなかったため、安全策をとったため(前日の全便欠航と天気予報の濃霧注意報が朝まで解除されなかったため)。

しかし、予定した飛行機は飛んだ。

一か八かの勝負。

仕事関係であんまりそういうことはしたくないなぁ~(フリーなもんで、いろいろ響くんですよ実際!)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。