秋田でサボテン多肉生活

1日2回はかじられる、猫に

ご訪問、ありがとうございます。
動物が好きな心優しいあなた!ぜひ下記のサイトもご覧になってください。


犬や猫が欲しいと思ったらペットショップに行く前に里親を探している犬猫をチェックしてみましょう!

いぬ・ねこネットワーク秋田




動物愛護、動物福祉の観点で様々なニュースを取り上げているももこひめ様のブログ
人間の身勝手で搾取される動物たちがいるということに気づかせてくれます。

動物救援隊 外交官 ももこひめ


テーマ:

「我々は肉をボイコットすべきか」をテーマにしたシンポジウムを聴講してきました。

アニマルライツセンターの代表理事岡田さんのお話しが大変ショッキングだったので、ここにかいつまんで紹介したいと思います。

(話が前後している部分がありますが、私なりに整理した結果以下のようになりました。数字等は正確に写したつもりですが、間違いがありましたらすみません。詳しくはアニマルライツセンターサイトへ)

 

 

10年ほど前、中国で毛皮用に飼育される動物の毛皮を生きたままはがすというショッキングな映像が、世界各国で報道されました。

しかし日本では、アニマルライツセンターがそのニュースをマスコミに提供しても「視聴者が求めていないから」と全く取り合ってもらえなかったそうです。

そんな状態ですから、日本では集約的畜産の現場でどんな残酷なことが行われているのかを消費者が知る機会は、自分で調べない限り、ほとんどありません。

(もし知りたいと思えば、ネットで様々な動画や内部告発文章、潜入レポが閲覧できるでしょう)

 

世界の中で、日本の家畜における動物福祉のレベルをランク付けすると・・・

A イギリス

B ブラジル

C 中国、フィリピン

D 日本

まさか、中国より低いとは!と驚かれる方も多いと思いますが、日本における動物保護・福祉は世界的に見ても、かなり遅れていると言わざるを得ません。

 

断っておきたいのは、畜産関係の業者を悪者にしてはいけないということです。消費者の安いものが欲しいというニーズに応えるため、やむを得ずこのようなことになったのです。

 

では、具体的に集約的畜産の現場で、家畜たちがどのような扱いを受けているのかを述べていきたいと思います。

 

牛は優しい巨人と呼ばれ、悲しいと涙を流し、上下関係を作らず群れで平和に暮らす生き物です。

 

乳牛は、73%が繋がれて飼育されてい、牛たちは前後に一歩ずつしか動くことができません。

85.5%の牛が角を無麻酔で切られています。傷口からは血が噴き出し、何日も痛みに苦しみます。

一戸当たりの飼育頭数は、EU33頭ですが、日本では72頭と倍以上です。

 

肉牛は、20%が繋がれて飼育されています。

日本人は霜降りの柔らかい肉を好むため、ビタミンAを欠乏させられ運動させてもらえず、失明する個体もいます。

鼻輪はEUでは、残酷性から禁止されていますが、日本では76.1%の牛がつけさせられています。

59.5%が無麻酔で角を切られています。

 

牛は高く売れるため、扱いはましな方です。豚、鳥と扱いは物やゴミのようになっていきます。

 

豚は、自分で食事場所とトイレを遠くに設定するなど清潔で、自分で健康管理ができる知能が高い生き物です。

 

豚は6か月しか生きられません。

60%が病気になっており、加工場では食べられる部分から腫瘍など病気の部分を取り除いています。

屠畜場へ送られるときには、執拗にスタンガンを当てられるなどし、追い立てられます。

63.6%が8本の歯の切断をされていますが、現在は不要なのにルーティンワークで行われています。

94.6%が無麻酔で去勢されています。

尾の切断は81.5%。

豚たちは痛みから食欲をなくします。

母豚は、絶え間なく妊娠し続けられ、妊娠ストールという後ろもむけないほど小さなスペースに押し込められ、子供に触れ合うことすらできません。自由になるのは種付けの5日間だけ。

ほとんどの豚が精神を病み、異常行動や無気力になります。

 

鶏は、仲間の顔を見分けることができ、羽ばたく力は強く、一日中地面をつついています。本来は年に20この卵を産む鳥です。

 

卵用鶏は、最もひどい仕打ちを受けている家畜です。なぜなら、一番価格が安いから。卵も安ければ、親鳥も最終的には1羽1円か、それ以下の値打ちにしかなりません。

放牧は日本ではほとんどされておらず、バタリーケースという羽を広げることもできないケージに何羽も押し込められています。(海外では放牧や平飼いがメジャーで、スーパーでもケージ飼いより先に売れます)

ヒナのうちにくちばしの先を切られます。

狭いケージの中で餌を食べるために仲間の上に乗らなければいけませんし、羽ばたくために何度も羽を骨折します。

ケージの床は金網のため、柔らかい足の裏はただれます。

飼育場の中では、隙間に挟まれて死んだ鶏や、瀕死の鶏を必ず見ます。

死ぬまでバタリーケージから出ることはできません。

生きていても使い物にならなくなると、引きずり出され、小さなコンテナにギュウギュウに詰め込まれ屠畜場に送られます。そこでも物のように扱われ最終的にはチキンスープの材料などにされます。

 

ブロイラーは本来45か月で成鳥になりますが、50日で大人になるように品種改良されたため、一生のうちのほとんどを成長痛に苦しみながら暮らします。

 

鶏は、屠畜場で生きたまま足をフックにかけられ宙づりのままベルトコンベアで運ばれ、頭を水につけられて電気ショックで殺されます。

 

倫理的な観点からだけでなく、地球温暖化の問題から見ても畜産は地球に大きな負荷をかけています。

温暖化の原因の18%(運輸より多い!)、アマゾンの熱帯雨林の破壊の原因の9%が畜産由来となっています。

温暖化ガスの中では、メタンガス37%、亜酸化窒素65%が畜産起原で発生しています。

 

畜産物のなかで乳牛が一番温暖化に影響を与えています。

また、牛乳1リットルにつき、550リットルの水が必要であり、水資源にも大きな負荷をかけています。

 

食料や水資源は、紛争の大きな火種になりかねない深刻な問題です。

もし、家畜のえさであるトウモロコシや小麦、大豆をそのまま食料として摂取すれば、世界の飢餓をなくすことがでると言われていますし、家畜を減らせば温暖化に歯止めをかける大きな力になることでしょう。

 

以上のことは、実際に生産現場を見てきた現実であり、生々しい動画も見せていただきましたが、とても直視できるものではありませんでした。

あんな、心も体も病気にさせられた動物の肉を食べていたなんて・・・。

 

私自身、BS世界のドキュメンタリーで「いつまで肉を食べ続けるのか」(2011年ベルギー)という番組を見てから、獣と鳥の肉を食べることをやめました。

でも、いい加減で、それ以外のもの(乳製品や魚)は普通に食べていますし、料理にコンソメも使っていてベジタリアンとは程遠いです。でも、調味料が一番残酷だと知り、もうやめます。

ちなみに卵は、実家で平飼いされている鶏の卵を食べているので良しとしておきます。

 

肉を食べる人も、食べるものの責任として、家畜がどんな扱いを受けているのかを知ったうえで食べて欲しいですし、みんなが知ることで、注目されれば家畜の処遇も向上するんじゃないかなと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前の話なんですが、2013年にまいたツルビニカルプス属の昇雲竜が開花しました。

まだ1センチほどのちび苗。目に入った瞬間、おっ!と声を上げるほど驚きました。

こんなに小さい!
その後、ほかの株も次々つぼみを上げて、何度も咲かせています。

一つ一つは小さい花ですが、集団だとお花畑のようで華やかです。
クリームがかった白い清楚な花が、荒涼とした大地にぽつんと咲いているのを想像してしまう。

こちらもツルビニカルプス属ですが、昇雲竜より刺が強くてカッコイイ昇竜丸。一緒にまいたのですが、生長が遅いので開花はまだ先です。

こちらは、ギムノの牡丹玉です。
ツヤツヤした肌は紫~濃い緑で爬虫類を思わせカッコイイ。なのに花は薄桃色で可愛らしく、好きなサボテンの一つです。でもメジャーなのは緋牡丹ですね。

こちらはドリコテレ属の琴糸丸。
薄い真っ白な清楚な花を咲かせました。
イボサボテンっていうのかな?長い刺が籠のように本体を守ってい、面白い姿ですが刺は取れやすいです。

来年はどのサボテンの処女花が見られるかな~♪
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年はたくさんのコノフィツムをダメにしました。
色々考えた結果、昨年秋からの給水が足りなかったことが原因のよう。

去年の生育期、コノは浅根だからと、表面が湿るくらいの水やりを頻繁にしていました。
それに加えて、昨年は植え替えもしませんでした。

ふたを開けてみれば、10年ほど育てていた雲母絵、綺麗に群生していた小紋玉、群仙園で買った可愛い花のペルなどなど、新葉が成長不良で腐り死ぬものが多数。
今は、生き残った株は元気に生きてくれ!と祈るように、植え替え作業に集中しています。
植え替えというか、すべて挿し木更生しているというのが正しいですね。
鉢から抜いてみると、おととしに根鉢になっていた根が→去年水不足で枯れ死→夏の暑さで株元は木質化、という跡がありありと残っていました。
その木質化した根を球体ぎりぎりのところでカットし、濡れた土に差します。後は倒れないように軽石を敷き詰めました。

根は鉢の深くまで張っていたので、水がそこまで到達する事はなかったでしょう。
本当に植物に申し訳ないことをしました。あ~悲しいな。

今年はまず、きちんと生かす事を考えて、群生株作りは止めました。
ちゃんと新しい根を出させて、春まで株を充実させたいですね。
レイポルディーなんてマッチの先ほどもなくなっちゃったので、ちゃんと発根してくれるか、とってもとっても心配です。
切ったときに芯がしっかりあれば、幸い発根は容易なので大丈夫なものが大半だと思うのですが。
しかし、植え替え自体がなかなか進みません。平日早起きしたり、休日も一人の夜もやるんですが、相手が微小なのでサクサクいく作業ではないんですよね。
まだ30くらいしかできてない。多分、200超えると思う・・・^^;

こういうのが5トレイくらいある。

リトもサボも、山野草も植え替えしないといけないのに!ヤバイ!
ある程度の気温がないと根が出てくれないので、時間との勝負です。


それに引きかえ、旧オフタルモ(現在はコノフィツム属)は、性質がリトープスに近いせいか、元気に目覚めてくれました。
春の強風で吹っ飛ばされて傷ついたリンピーダムも秋を感じて元気になってきました。

リンピーダム ポファダー

ぷりぷりキュートな姿に癒されています。今年も花が見れるかな?
オフタルモはナメクジの大好物なので、夜のパトロールが欠かせません。


今朝、健気に一輪花を咲かせているコノフィツムが目に飛び込んできました。

一部溶けているリンバツム。
早速バラバラにして挿し木しました。

後は、発根がうまくいくように植物の神様にお祈りするだけです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
異界をひらく 百鬼夜行と現代アート
秋田県立美術館
展覧会、今日まで

行ってきました。

 


作品が展示されている作家
・FFシリーズでおなじみ「天野喜孝」
・無機物と人間が一体化した作風で有名な「石田徹也」31歳で没する。
・若干29歳にしてものすごい画力!「岡本瑛里」
・にらみつけるよな女の子で有名「奈良美智」
・現代と浮世絵が混在した画風「山口晃」

などなど有名な作家さん、秋田県出身の作家さんが多数出展。
暑い日に背中がぞっとすること間違いなし!?

フロアは1,2,3階からなっており、なんと1階は写真撮影OKということで、いっぱい撮ってきました。

 入って一番最初に目に飛び込んでくるのが 鴻池朋子「Dark Crow」

 
  272.0㎝×1456.0㎝の超大作 三瀬夏之助 「空虚五度」

 351.9㎝×170.0㎝の見上げるような大作 岡本瑛里 「石橋」

     
 
 

作家同 「通りものの路」

 同作家 「かやせ、もどせ」
 
 この三作品はとにかく、書き込みが素晴らしくて、いつまでも見ていたくなるような絵です。
画面を覆い尽くさんばかりにうごめくファンタジックな生き物たちが、驚くほど生き生きと表情豊かに描かれています。

他にもあったのですが、紹介はこれくらいで。
超有名どころは撮影禁止だったので、この目に焼き付けてきました。

一度は夫と来たのですが、病み系の絵をあまりじっくり見ていると精神科に連れて行かれそうだったので長く観賞できませんでした。
なので、終了直前にまた行ってきたわけです。一人でじっくり、作家の意図に思いを巡らせたり、超絶技巧に酔いしれたりしてきました。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりの風太郎です。
この暑さでも元気いっぱいなぷーですが、大体だらっとしてます。

今日はそんな弛緩しきったぷーの様子をご紹介。
猫飼いにはあるある画像ですかね。

だらしない感じで金属部分にくっつく。

間にはさまって伸びてる。

布団の真ん中で。

写真を撮ると嫌そうな顔。


寝姿じゃないけどアホな姿。

自分で頭を通して抜けられなくなったぷー。
我ながら可愛く撮れた(親バカ)
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。