1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年02月13日(月)

facebookへ引っ越します

テーマ:ブログ

ブログでのコメントはお休みします。


これからはFacebookでイロイロ発信していきます。


こちらのアカウントhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100001932345380 からよろしく!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年12月15日(木)

採用

テーマ:ブログ
お客様から人材の獲得と同時に定着のご相談を受けることが多くな
った。

母集団形成に多額のお金を使うやり方(つまり、
応募数を増大させ
るために求人広告費を増やすこと)の限界と矛盾に気づき始められ
た企業は、
定着とキャリアアップを同時に実現しなければ、
企業収
益の影響が大きいことが喫緊の課題として浮かび上がってきたから
ではないだろうか。しかもこのことは、幹部候補と呼ばれる新卒者
の話ではなく、アルバイト・パート・契約社員などの非正規雇用従
業員の領域の話である。
販売管理費における人件費比率を相対的に下げながら、採用コスト
を下げ、教育コストを下げてなお、パフォーマンスを上げていかな
ければ、今後の企業運営はおぼつかなくなってきたのだろう。
賃金上昇以外のベネフィットを従業員が獲得できる企業に変貌する
必要があるのだと思う。
一方で新卒者を中心とした社員採用とリテンションの課題も多い。
... 企業戦略とは別次元のところで、若年層の「堪え性のなさ」とか「
付和雷同気質」とか「軸のなさ」とか「キャリアに対する勘違い」
なども目に付く。
気質の変容は今に始まったことではなく、いつの時代も「今の若い
モンは・・・」と言われ続けているので、企業や大人ががんばって
躾と教育を行うしかないだろう。
困ったことだと思うのは、マスコミや就職関連企業が無責任と自己
都合で喧伝してきた「キャリアに対する勘違い」の方だと思う。
キャリアップと称して転職を繰り返すことも、やるべき責任も果た
さずにやりたいことに飛びつくことも、もちろん個人の勝手ではあ
るけれど、正直「もったいないなぁ」と思うし「そのステップはキ
ャリアップじゃないんだけどなぁ」とも思う。
時代が変わったのかもしれないが、であるならば「あるべき方向」
に再度変えていくこともできるはずだ。

仕事や人生にどう向き合うか、どう取り組むかで、いくらでも楽し
くなるのになぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月29日(月)

成長

テーマ:ブログ

社員個人もそううだし、組織という単位でみたときも

成長が直線的に進むことはない。


成長したかな・・・と思えば、また逆戻り・・・

子どもじみた・・・と思えば、しっかりした姿勢を示す・・・

この繰り返しである。


これは子どもの成長過程と同じなので、ある意味仕方のないことだろう。


マネジメントとしては、大きく見守るところと、厳しく叱るところの勘どころを間違えてはいけない。



では個人はどうすればいいのだろう。


最近の風潮としては、「まあこんなときもある」「自分流でいけばいい」「個性が大事」などと

勘違いを基盤にした、甘える理由に事欠かない。

でも、こんなに自分で自分を甘えさせてどうするんだろう。


自分の小さな甘えが、組織に大きな影響を与えることの怖さを知るべきだろう。

自分以外の人たちのために強くなる努力をしてほしい。



ノーザンライツ 八畑政良

夏が行き過ぎようとしている。

吹き抜ける風が少しだけマイルドになった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年08月09日(火)

在り方

テーマ:ブログ

最近は、新規事業だとか事業計画に考えを巡らせることが多いです。

そこで、私なりの一つの結論は、仕事の成否は新しいビジネスモデルや

革新的な商品やサービスが鍵ではないということです。

どんなモデルも一瞬の内に類似サービスが登場するし、

インターネットの情報流通はクチコミよりも早い。

つまり大切なことは、商品やサービスそのものではなく、

それを生み出しオペレーションの質を向上させ続け、

革新を続ける「人」であるということです。

個人としての「人」も、組織としての「人」であっても、

そのチカラが存分に発揮される環境を創れることが経営者の「人」としての責務だと思います。
そしてそれは、

書き記されたものよりも、

発せられた言葉よりも、

日々の行動よりも、

その人としての在り方、

「存在」そのものが重要だと思うのです。


こんなことは随分言い古されたことだし、今更かよっ!と思うかもしれませんが、

試行錯誤を繰り返し、多くの失敗と少しばかりの成功を経験してみて心底実感することです。


社会人となって30年近く、起業して20年近くが経ち、

漸くこんな基本的なことが判りかけてきたのかもしれません。


自分よりも、自分以外の人たちのために「在り方」を磨いていきたいと思います。




ノーザンライツ 八畑政良


ノーザンライツ 八畑政良

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年07月22日(金)

今日を生きる

テーマ:ブログ

つくづく腹が立つのは、既得権益を守ろうと姑息な手段で脅しをか​けてくる奴らだ。

こんな奴らのためにパワーを削がれることほどバ​カらしいことはない。

自分たちの勢力を伸ばすことしか考えてない​奴らと、

本当にお客様のために働いている人たちのどちらに支持が​集まるかは歴然なはず。

それでも不条理なことがまかり通る社会は​衰退するに決まっている。

もっともっと大局的な視点で行動できな​いといけないはず。

正々堂々と勝負しろよな!

と、ここまで書いて少しスッキリしました。

私たちは私たちの道を爽やかに歩むからね!



さて、ジョブスが言うように、「今日が人生最後の日だとしたら、自分はこの選択をするか?」

という問いを続けることは私には簡単ではない。

もちろんそれが理想で、そうすべきだとは分かる。

それほどの自制と自律が出来ないのが事実。

何かを選ぶことは何かを捨てることでもあるから、選択には勇気がいる。

でも誰に対しても時間は有限だということが、年齢と共に分かりかけてきた。

そう、まだ充分に時間はあるが浪費できるほど余っているわけではないのだ。



勇気ある行動をしようと思う。



ノーザンライツ 八畑政良

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年07月07日(木)

七夕

テーマ:ブログ

毎年七夕にノーザンライツでは、笹飾りをおきます。

社員はもとより、インターンシップ生やお客様、宅急便さんにも

短冊に願い事を書いてもらいます。

ささやかなイベントですが、ほんのりと温かい気持ちになれます。


大阪は生憎の雨模様で、天の川を見ることは難しそうですが、

はるか宇宙を見上げて、心に願い事を刻むのも悪くないでしょう。



ノーザンライツ 八畑政良

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月30日(木)

目を見て話す

テーマ:ブログ

コミュニケーションの方法として、メールやチャット、そしてFBのようなツールを多用していると、

思考が薄くなるし、はらわたを素手でつかみ合うような本物の付き合いは決して生まれない。


要するに、顔の見えない、熱の伝わらないお手軽コミュニケーションでは、人間を深くすることはできない。

遠隔地であったり、普段会えない関係ならばしょうがないが、

こと仕事では仮想コミュニケーションではダメだと思う。


連絡とコミュニケーションの違いすら分からない子どもとは仕事は出来ない。

社内で顔が見えているのにメールでやり取りする人が増えているようだが、一切止めるべきだろう。

人間が姑息で小さくなっちまう。

目を見てきちんと話すから鍛えられるんです。



ノーザンライツ 八畑政良

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月23日(木)

Responsibility

テーマ:ブログ

こんな時代にあって「希望を支えるものは何だろう」。

個人の強さにだけ依存するするのでは重過ぎる気がする。

かと言って、ご機嫌取りのような態度は最悪だ。


日本はシュリンクする経済と超高齢化社会に震災が追い討ちをかけた。

政治家は信じられない。ましてや託すことなどできない。


成熟していくのか、ただ熟して腐ってしまうのか、

日本人に問われているテーマは重い。


いくら重いテーマであっても、これは我々自身の問題であり責任だ。

我々世代に課せられた責任は重い。


「Responsibility

逃げることなく、ごまかすことなく「Responsibility」を果たさなければならない。


一人ひとりの責任ある「在り方」が希望を支えるのではないだろうか。





ノーザンライツ 八畑政良


ノーザンライツ 八畑政良


ノーザンライツ 八畑政良


ノーザンライツ 八畑政良


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月03日(金)

テーマ:ブログ

我が家の周りに蛍が飛び始めました。

川面をゆらゆらと光りながら飛ぶ姿は、幽玄そのものです。


政局の醜さには目を覆うばかりですが、

こんな風景に心癒された昨晩です。


人の心を私利私欲の道具に使うような輩に、

リーダーを名乗る資格はありません。

やり場の無い怒りと、例えようのない虚しさに襲われた人も多かったでしょう。

政治的なことには首を突っ込むつもりはありませんが、

このような現実は、政治的なことではなく

人間の尊厳だったり、人格の問題であると思います。


何とかせんとあきません!



ノーザンライツ 八畑政良

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月30日(月)

月と鳥

テーマ:ブログ

2011年3月期(16期)決算が確定し、各方面へのご挨拶と説明がはじまる。

収益性の改善と財務の健全性を評価いただける決算に出来たのではないだろうか。

リーマン前から取組んでいた収益性の改善は、メンバーの努力で相当進化したと思う。

ソリューションを多様化させながら、オペレーションを標準化する困難にチャレンジできた結果だろう。


また財務の健全性は、以前から高く評価いただくことが多かったが、

リーマン以降、劣化したと言わざるを得ない。

それでも管理部をはじめとする努力は驚異的で、その回復には目を見張るものがあった。

財務がしっかりしているからこそ、チャレンジもある。努力に敬意を表したい。


ここで我々経営トップに求められることは、次のステージの創出だろう。

成長著しい若手にビジョンと方向性を示さなければいけない。

オペレーションを確立し、財務がいくら健全であっても、

ワクワクするチャレンジステージがなければ退屈なだけだ。


改善の手を緩めることなく、チャレンジを続けるだけだ。



ノーザンライツ 八畑政良

「月と鳥」

静寂の中に、張り詰めた緊張感がある。

不安と希望は背中合わせだから、明日を迎えることが出来る。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。