2017年05月18日(木)

男児四人で体温156.1℃、そのとき親は。

テーマ:ブログ

我が家の子育て現場レポートをlineblogで書いております。

 

---

 

 

 

さすがにこの展開は予想していませんでした。特に長男(5)が体調を崩すことがほとんどなく、むしろ、次男(3)とともに、むしろ怪我リスク(自爆含む)を懸念していたからです。

 

双子も、四男が体調を崩し、三男も鼻水が出て低空飛行なところへ、次男が腹痛を訴え発熱。それでも低空ながら保育園は登園できそうだなと思っていた朝、突然、長男が頭痛を訴えました。前夜も普通に元気だった長男の訴えに、体調不良の弟たちが親にかまわれているのを見て、少しだけかまってちゃんになったのかな。気持ちはわかるけど・・・と、一応熱を測るも普通。

 

僕は保育園に登園させようとしましたが、妻が仕事を休むので自宅療養させようと提案。そこで午前中は僕が仕事、午後に交代ということで休ませました。

 

僕が帰宅してみると、確かに長男と四男は体調不良な感じを醸し出していましたが、それでも平穏に静養している姿に安堵していたので、少しストレスがたまった三男を連れて近所にお買い物へ。ウチは体調悪くても食欲はあまり落ちないタイプなので、やさしい食材を調達して帰宅。

 

すると、四男が嘔吐。離れろ!という声をあざ笑うかのように次男がニヤニヤとしていたら、左手がタッチ・・・(ギャー)

 

元気な三男を最強のベビーチェアに、泣きじゃくる四男と嘔吐タッチの次男をシャワーに連れていき、その間に妻が清掃と消毒。なんとなく次男が体調悪そうになりつつ、一件落着。

 

しばらくすると、長男がキッチンで突然妻に「吐く・・・」。

 

 

そのとき歴史が動いた。

 

 

妻の右手は食器棚のお皿をつかみ、マッハのスピードで長男の口元に。そして・・・。最適で最速な判断と行動が歴史を動かしました。

 

少し落ち着いたところで、長男、次男、四男が熱いので熱を測ると・・・39℃台。嘔吐もあったので、胃腸炎やインフルエンザを疑い、これは病院に連れて行こうということに。ふと脇を見ると、みんなが体温計で熱を測っているのに、自分だってやりたいよ!とつぶらな瞳の四男が。

 

仕方がないなぁとその振る舞いを愛でながら脇に体温計を指すと、「あれ?おかしいな。37℃後半くらいからスタートして、すぐに38℃に。あっ、そうか。高熱三連続なので、体温計もおかしくなってるのね。」と。

 

少し時間を置いて、改めて四男の熱を測ると・・・。あぁ、他の三人が熱すぎて、38℃の熱が平熱扱になっていたということですね。

 

 

男児四人、病院へGO!

 

 

動けぬ長男、次男、三男、なぜか元気な四男を車に乗せる。病院近くの駐車場に車を入れたところで、検討。さて、どうやって病院まで運ぼうか。

 

さすがに僕も長男次男二人を抱えるには距離があり過ぎる。妻は双子か、長男次男のどちらかひとりで精いっぱい。

 

そ・こ・で

 

双子用のダブルバギーに長男と次男を乗せ、夫婦でひとりずつ双子を分担。ダブルバギーが初めて、双子を移動させる以外の用途で役立ちました!!

 

さて、病院で改めて熱を測ったところ・・・男児四人合計で156.1℃。

 

もうこれは一生の思い出(にしたい)という想いを込めて写真をパシャリ。

 

 

現場からは以上です。

 

 

追記1:診断結果は、全員風邪。幸運にも胃腸炎やインフルエンザではありませんでした。男児四人が別々に風邪をひいて超長期で働けない環境を回避することができたという意味で、親孝行な子どもたちです。

 

追記2:こういうとき、親の心境はどうかと言うと、「笑うしかない」。補足をすれば、どうにもできない現象を前に悲観することなく、笑うことで精神の安定を保ちながら、ポジティブに翌日以降の想定ケースを考え、それぞれの仕事の調整可能性を擦り合わせました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

工藤啓さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。