バレリーナ ~薔薇~

テーマ:

昨日京都は一日中雨雨

バラの花たちもかなり散ってしまいました。


そんな子達をよそに、地植えしてからその勢力を増してきているのが、この【バレリーナ】。

豪華に咲く薔薇も好きなんですけど、一重咲きの薔薇もいいですよねー。


今年は例年になく、花をつけてくれていて、庭の一角でまさに踊り狂ってくれてます(笑




この【バレリーナ】って、完全な園芸品種だそうで、英国式フラワーアレンジメントの流行によって生産さ れはじめたんだそうです。


写真を撮ってる間、ぶんぶんハチも飛んでまして、なんとか撮れました。



この子の横で次は私達よ~と出番を待ってるのが、【アジサイ】達。

ちょっと色もついてきてます。



いやはや、今年ももう6月なんですねぇ。

月日の経つのは早いものです・・・

AD

アーチの薔薇

テーマ:

エントランスリフォームの時に強制移動しちゃったアーチの薔薇。

移動後、全部葉を落とし、やっぱりダメだったかぁと諦めたのもつかの間、翌年には葉が生い茂り、シュートも順調に伸ばして、去年は小さいながらも花を咲かせてくれてました。

でも、大半はつぼみの頃に虫の餌になっちゃってたんですけどね(泣


そして今年!

すっかり元気を取り戻し、次々大きな花を咲かせてくれてます。





今年はオルトランも撒いていたため、そのつぼみの被害も無く、やっぱ薬撒いておくことの重要性を再認識。




この子は四季咲きなので、寒くなるまで楽しめそうです。


さて、次は庭の一角でその勢力を増してきた【バレリーナ】ちゃん。

ちらほら咲いてきたので、とりあえず一枚パシャリ(笑




AD

昨日は一日中雨で部屋にこもりっきりだったのが、今日は一転さわやかなお天気になりました。


先日の【ハゴロモジャスミン 】も一気に開花。

近くだと結構香りがきついんですけど、窓を開けているとなかなかいい香りを漂わせています。




この子、去年は父がやってきて「うっとしいから」という理由で、かなーり大胆に剪定されてしまったんですよね。

しかも、花芽がついててこれからって時に・・・・

だもんで、2年越しの再会だったりします。

よくぞここまで、復活してくれたもんだ(笑


角にあるつる薔薇達も、続々開花してきました。

中でもこれからってのが、【スパニッシュビューティ】です。





赤いつるバラもちらほら何ですが、そちらはもう少しかかりそうな感じ。

今年はオルトランを撒いておいたので、虫の被害は少なそうなんですけど、

やっぱりチュウレンバチとの戦いは始まるんだろうなぁ・・・・

AD

芍薬~Paeonia lactiflora~

テーマ:

(ボタン科ボタン属)






一昨年の門扉リフォームで植え替えたボタンも一部ダメになってしまうものの、今年もきれいに咲いたんですが、今年から例の植物博士こと義母の家からやってきたのが、この【芍薬】です。


【芍薬】というとどうしても「養命酒」のイメージが(笑


養命酒 1L 
¥1,880

この【芍薬】、実は娘にってお義母さんが持ってきてくれたものなんです。

ですんで、

「ゆうなちゃんのおはなが咲いたぁ」

って大喜び。


この【芍薬】を調べてみると、


ボタン科ボタン属の宿根草。中国原産。花期は4月~5月。その花は、【ボタン】とよく似ているのですが、【ボタン】は「樹木」、【芍薬】は「草」。その品種は多く、花色は赤・桃・白や黄があり、一重咲き、八重咲きなどがある。耐寒性は強い反面、高温多湿を嫌うんだそうです。鉢植えは管理が大変で、花壇などに植えるとよいそうです。


となります。


花言葉は、「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」「素直な性格」など。


娘の花ということもあり、「素直な性格」ってのがお気に入り(笑

また、昔から「立てば芍薬、座れば牡丹」と美人の形容詞としても使われてきたとか。

美人さんになっとくれ(親の願い・・・


この子は、現在鉢に植わってるのですが、ゆくゆくは庭の一角に鎮座してもらおうと思ってます。

でも、植え替え時期は秋ごろ。

リフォームで【ボタン】を強制移動したのが、春だったので、今回は慎重にしたいと思います。



(バラ科バラ属)


本当に久しぶりの更新です。

管理人が更新してなくても、庭の植物達は元気に育ってたりして、

植物のたくましさを感じさせてくれます。


さて、春になると庭がにぎやかになってくるのですが、

もう3年になるでしょうか、庭の一角にある【キモッコウ】(もっこうバラ)が、

だいぶ大きくなってくれました。





この上には赤いつるバラとピンクの【スパニッシュビューティー】 が咲きます。【スパニッシュビューティー 】が最盛期に入るのは、もう少し後でしょうか。


この【キモッコウ】(もっこうバラ)を調べてみると、


バラ科バラ属の中国原産種。花期は4月~5月。もう知る人ぞ知る花ですよね。トゲがなく誘引するのも扱いやすいです。つる性なので、この時期壁一面やアーチ一杯に咲いてたりしますね。バラの中でも病気に強く育てやいのが、その人気の秘密かもしれませんね。


となります。。。


【キモッコウ】(もっこうバラ)の花言葉は、「初恋」「純潔」。


実を言うと、白モッコウもあったのですが、そちらは敢え無くお亡くなりになってしまいました。





さて、こうして華やかな庭になりそうなこの時期、次に控えてるのが、この【ハゴロモ ジャスミン】です。






楽しみ楽しみ♪