コリウス~Coleus~

テーマ:

(シソ科 プレクトランサス属)


6月の趣味園芸で紹介されていた、【コリウス】。

いやぁ、面白い!。

その番組では、スタンダードに仕上げるなんて技?が紹介されていて、「これは是非やらねば!」とガーデニングショップへ。

ガーデニングショップに行くと色とりどりの品種が、取り揃えられてます。

管理人家の庭にもいくつかの品種のコリウスが植わってます。

見た目にもかわいい系のとか、大きくなるもの等など選ぶのに大変でした。
出来るなら、全部買いたいくらい(・・・・・どこに植えるんだ(笑)



コリウス01
この子は、ハンギングバスケットに植わってます



コリウスを調べて見ると、


シソ科コレウス属の多年草。原産地は、ジャワとされる。その高さは、70センチ前後。別名、「ニシキジソ」「キンランジソ」「コレウス」。品種によって、赤や黄、斑入りなど葉の色が多彩で、また葉の形も大葉系、小葉系、細い葉、菊のような葉などがある。園芸ショップなどで出回っているものは、主に「ブルメイ種」。


となります。

花言葉は、「善良な家風」「健康」「和」。


ちなみに、コリウスという名前は、おしべが管状になっていることから、ギリシャ語で「鞘」という意味の言葉に由来するそうです。


特に葉に班があるものがすっごいかわいいですよね。葉の形もいろいろあり、卵円形からフリンジ状、柳葉状など、これまた選ぶのに一苦労です。
まさにキンランジソと言われる所以でしょうか?


花壇に植えた場合、霜にあたると枯れてしまうそうで、一年草として扱われますが、鉢植えの場合は、室内で管理すると翌年も楽しむことが出来ます。


また、花は咲かせることも出来ますが、葉が派手派手なのに対してかなり地味な感は否めません。

また、こんもりする為には、花芽を摘んであげないとダメみたいです。


管理人がよく行くガーデニングショップでは、栄養系と実生系と区別していて、その中でもハンギング用とかスタンダードなどなど、多種揃ってます。栄養系は挿し木で増やしたもので、花芽が出にくく、その形作りには向いています。

管理人家では、コリウスをコンテナに寄せ植えしてみました。



コリウス02

コリウスだけの寄せ植え


コリウス03

上から見たところ

コリウス04
一部、花も咲かせてみました(笑)


それからそれから・・・・・

これは秋~クリスマスシーズンにお楽しみと言うことで、現在いくつかをスタンダード仕立てにしようと挑戦中です。
さてさて、うまくいくのやら(汗


この辺は後日レポートします。・・・・いつになるやら(笑)


コリウス05
仕立て予備軍。5つの種類で挑戦中です。


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

AD

クレマチス~Clematis~

テーマ:

(キンポウゲ科 クレマティス属)


花が咲いてなくても、葉っぱだけで大体の植物名を教えてくれる嫁のお母さん。

そのお母さんの家からやってきたのが、この【クレマチス】です。

【クレマチス】もバラ同様、その品種と情報の多さと言ったら・・・・・

しかも、人気のあるお花ですよね。


よく行く園芸ショップでは、【クレマチス】に力をいれますと、クレマチス特集をやってたりしてます。

よく行くショップのHPです。

京都では結構有名です。

まつおえんげい


実は、この子の他に【テッセン】もいたり・・・。



クレマチス01

きれいな紫色の一重咲きです。


クレマチス02

つぼみも次々開花中です。

この【クレマチス】を調べてみると、


キンポウゲ科クレマティス属の多年草。温帯を中心に世界各地に約250種が分布しているそうです。日本でも、カザグルマ、センニンソウ、ミヤマハンショウヅルなど20種以上が自生している。クレマチスは、ギリシャ語で「klema」(巻きひげ)と言うところから由来する。その園芸品種も多く、中でも代表的なものは、「パテンス系」「ラヌギノサ系」「ジャックマニー系」「ビチセラ系」「フロリダ系」の5つに分類される。花色も白・黄・赤・桃・青・紫やその組み合わせなど多数。


となります。

花言葉は「旅人の喜び」「高潔」「心の美」など。


うーん、特に「旅人の喜び」っていうが、気に入りました。


日本では、江戸時代に【カザグルマ】の園芸品種が育てられていたそうで、京都の妙心寺天球院の襖絵にカザグルマとテッセンが描かれてます。ちなみにカザグルマは、日本原産。テッセンは中国原産で、日本には室町時代に渡来したとも言われているそうです。

ヨーロッパでは、16世紀には栽培されていたと言われ、18世紀後半から19世紀にかけてその栽培が活発化。印象派のマネやモネもこの花を描いているそうです。


いやぁ、調べれば調べるほど、情報が出てきます。

それだけ、【クレマチス】も奥が深いんでしょうね。・・・・とごまかす(笑)


そうそう、花期は4月~10月だそうですが、冬咲きの【クレマチス】もあるそうで、【アンシュネンシス種】【シルホサ種】【フォーステリー系】が知られてるそうです。



クレマチス03

横からパシャリ


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

AD

それは、今年の春先のことです。

本格的にガーデニングをはじめたばっかりだったんですけど、庭では以前から植わっていた植物達が急速に育ち始め、世話の仕方やら何やらいろいろ調べていたんですよね。


そこで、出てきたキーワードが【ハンギングバスケット】だったんです。

【ハンギングバスケット】って聞いて、よく庭先で見かける、吊り下げてあるものなんだと思ってたんですけど、調べていくうちに、「面白そう!」ってなってきました。


【ハンギングバスケット】を、簡単にいうと、植物を壁にかけたり、吊るすなどする、「花飾り」です。

ですんで、上の印象も間違ってはなかったんですが、もっと奥深いものだったんです。


【ハンギングバスケット】のルーツを辿ると、イギリスにあるようで、伝統的な装飾技法なんだそうです。今でもイギリスの家々の軒先には【ハンギングバスケット】がかかってるとか。

日本では、1990年大阪「花博」で注目され、ガーデナーの中で流行にもなったようです。

(その頃は、植物達と向き合う環境はなかったなぁ(笑))


以前「トレニア 」の記事で、【ハンギングバスケット】にしていると書きましたが、素人&自己流なんですけど、ここでその「トレニア 」のバスケットの全貌をば・・・・・(あ~はずかしい・・・・)

丁度、エントランスのオリーブに対面する形で、掛けてあります。



トレニア03

ここに7苗4色が植わってます。

だいぶ形が整って来ました。


お目汚しをしました(汗)

もっと全体的に花が覆ってくれてればいいんですけどね^^;

この子達は1種植えなんですけど、ここで、もっと凄い作品達をご紹介。

こちらでお口直し?を(汗々)


日本ハンギングバスケット協会

コンテストの賞を取られた方々の作品の数々があります。


立体的に育った花達がなんともいえず、きれいで、ため息が出るばかりです。

しかも、作り方なんかを調べてると、買ってきた苗を横や下向けに植えるなんて、カルチャーショックに似た衝撃でした。

コンテナの寄せ植えや、庭の植栽計画なんかも楽しいですが、これからも【ハンギングバスケット】については、勉強していきたいなぁって思ってますし、ここでもっと作品を公開できたらなぁなんて野望をもってます。

ハンギングバスケットマスターなる資格もあるとか・・・・(興味津々)

トレニア05

下から見上げたところ。

トレニアの成長力にも助けられてます。


トレニア04

花数も揃ってきました。



★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

AD

オリーブ~Olea europaea~

テーマ:

(モクセイ科 オリーブ属)


管理人家には、3種類のでっかい鉢物があります。

1つは、先日ご紹介した「コンシンネ 」。もう一つが、門扉の向こう側においてある「ゴールドクレスト」。そして3つ目が今回の【オリーブ】です。※ゴールドクレストは後日ご紹介します。

いずれも、管理人の背丈以上の高さで、場所を移す時は結構手間がかかったりします。


この【オリーブ】。その実からできるオリーブオイルが有名ですよね。



オリーブ01

門を入ったところでお客様を迎えています。


【オリーブ】を調べてみると、


モクセイ科オリーブ属の常緑低樹。原産地は、地中海地方。その実から、オリーブオイルが作られ、エキストラバージンなどの種類がある。葉は細長い楕円形をしていて、表側が緑、裏側は銀帯びた色で、観賞用としても用いられます。花期は5月~6月頃で、白い小さな花が咲く。後に実がつき、秋ごろに完熟して黒紫色になっていく。香川県の県木、県花。


となります。


そうそう、オリーブといえば、真っ先に思いつくのが、「ポパ~イ!ヘルプ!」なんて叫んでいた、オリーブを思い出します。正式には、オリーブ・オイルでしたっけ?(ここのところ、漫画ネタばかりですみませぬ(汗))

でも、ほうれん草とオリーブオイルって相性がいいらしいですよ。


あっ!アテネ五輪では月桂樹の代わりに、オリーブの冠でしたね。

ふぅ、やっとまとも・・・・・


また、旧約聖書に出てくる「ノアの箱舟」のお話しで、洪水がおさまったかどうかを知るために、ノアは鳩を飛ばし、その鳩がオリーブの枝をくわえて帰ってきたなんてエピソードもあります。


さて、我が家のオリーブ。花を咲かせることもなく(汗)、玄関先でお客様を迎えているのですが、直受粉は難しいらしく、2本を並べて育て受粉させたり、受粉樹を近接させないと実が出来にくいのだそうです。


オリーブオイルをふんだんに使った、地中海料理が食べたくなってきたぁ(笑)



オリーブ02

オリーブにまつわる話は多々ありますね。


<追記です>

すっかり、ポパイにかまけて(汗)花言葉を忘れてました。

花言葉は、「平和・知恵」です。

ちなみに、【オリーブ】の名前は、ギリシャ語の「エアリア」(油)を、ラテン語で「オリーヴァ」って言うところから来ているそうです。



★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

(アカネ科 ペンタス属)


素人感覚で作った初めてのハンギングバスケット。

その伸び方の特性なんぞも考えず、直感的に買ってきた苗を入れたもんで、その全体像はお見せできません。

なので、一部一部をご紹介しているのですが、前にご紹介したマリーゴールド の下に植わってるのが、このペンタス。



ペンタス01

下向きに植えた状態から、日の光を求めて上向きに



密集して星の形をした小さい花を咲かせています。

本来なら、もっと密集しているはずですが、ハンギングバスケットの過酷な状況下。しかも、下の方に植えていて日があまり当たらないのか、花数が少ないです。


ペンタスを調べてみると、


アカネ科ペンタス属の多年草。日本では、1年草として扱われがちであるが、うまくすれば冬も越せる。ペンタスという名前は、ギリシャ語の「5」をあらわす、「Penta」に由来し、花びらなどが5つであることから来ている。原産地は、熱帯アフリカ~アラビア。様々な園芸品種があり、花色も白、赤、桃、紫や赤に白い縁取りなど様々である。


となります。


花言葉は、「願い事」「誠実」「博愛心」など。


英名がこれまた、星型の花の形から「Egyptian star flower」(エジプトの星の花)なんて・・・

花言葉の「願い事」を考えると、ロマンを感じるかも。


そう言えば・・・・・

英語で五角形って、「pentagon」(ペンタゴン)でしたよね。


ペンタゴン・・・・


キン肉マンにそんな超人いたような・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

う~ん、ロマンを感じる・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

気を取り直して、

「星」「願い事」とくれば、ディズニー作品の「ピノキオ」の主題歌を彷彿とさせます。



日本には、明治末期に入ってきたそうで、サンタンカに似ていたことから、クササンタンカという和名で呼ばれるようになったとか。

(サンタンカは、木性なのに対し、ペンタスは草性です。)


熱帯アフリカ原産なので、暑さにはめっぽう強いです。

冬は、5度以上あればいいらしく、日当たりのよい窓辺なんかにおいておくと、冬でも開花することがあるそうです。



★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

(シソ科 オリガヌム属)


【オレガノ】といえば、ハーブを真っ先に思い出しますよね。

でも、管理人家のオレガノはその園芸品種で、観賞用の【オレガノ ケントビューティー】なのです。

園芸店でも、おなじみですよね。

その【ケントビューティー】ちゃん、しおらしくうつむき加減にその花を咲かせております。

観賞用といっても、においもほんのりいい香りがしてます。



オレガノケント01

下向きに咲く花がなんともしおらしいです。


【オレガノ】を調べてみると、


シソ科オリガヌム属の宿根草。ハーブとしても有名。オリガヌム類・マヨラナ類・アマラスク類の3種類に区別され、アマラスク類は花オレガノと言われ、ガクの部分が段々に重なってその中央からかわいい花を咲かせる。花期は6月~10月。原産地は、ヨーロッパから西アジア


となります。

花言葉は、「実質」。


シソ科だけに、結構丈夫で育てやすいそうです。

【ケントビューティー】ちゃんは、高温多湿を嫌うそうなので、乾燥気味に水やりをし、長雨なんかには注意が必要です。特に冬場は注意。


花が終わったら、大体根元から5cmくらいをきり戻してあげると言いそうです。



オレガノケント02

次々に花を咲かせています。


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

(フウロソウ科 ペラルゴニウム属)


今日の我が家の庭は、少し風が吹いて気持ちのいい夏の日でした。

こういう日は、庭仕事もしやすいです。


娘たちは、例の如くプールを満喫♪

プールの後は、クーラーがきいた部屋で、アイスを食べ、昼寝なんて、子供の特権とも思える一日を過ごしています。


さて今日は、管理人家の庭で、様々な場所でその花を咲かせている【ゼラニウム】です。

以前から花は咲いてたのですが、タイミングが悪く、なかなかいい写真が取れなかったんです。



ゼラニウム01

結構大きく育ってます。他にも、もっと大きいものもあったり。


【ゼラニウム】を調べてみると、


フウロソウ科の多年草。別名「テンジクアオイ」。その栽培は比較的容易で、挿し芽などで簡単に増やすことが出来る。日本で言われるゼラニウムとは、南アフリカ原産のペラルゴニウム属を基にした園芸品種のことを言う。その品種は3系統あり、ゼラニウム・アイビーゼラニウム・ペラルゴニウム。そのうちゼラニウムと呼ばれるのは、ゾナレ種とインクインナンス種。花期は春~秋。


となります。


花言葉は、「信仰・決心」など。

イギリスでは「偽り」なんて、いうのもありました。



【ゼラニウム】の中には、ハーブとして使われる「ローズゼラニウム」もあります。

また、防虫効果もあるとかないとか・・・


【ゼラニウム】の園芸品種は多く、斑入りの葉をつけるものや、花色も白・橙・赤・桃・紫の単一色や複色のものもあります。



ゼラニウム02

管理人家のゼラニウムは全てこの赤い花が咲いてます。



★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

(リュウゼツラン科 ドラセナ属)


科名・属名見て、へ?って思いませんでしたか?

いやぁ、我が家では、びっくり仰天ニュースなのです。

【ミリオンバンブー】って言うのは、竹の小さい品種なんだとばかり思ってました。

実は前に書いた記事【コンシンネ 】の仲間っていうか、【ドラセナ】だったんです。


この子、今日我が家に仲間入りしました。

嫁が昼間に、ガーデニング用品を買いに100円均行ったついでに、一目ぼれで買ってきました。

室内用にいる観葉系の植物って、こんなのばっかだったりします。


早速、コップにゼオライトと水を入れ、そこにチャプン。

涼しげな雰囲気を食卓にかもし出しています。



ミリオンバンブー01

竹の仲間だと思ってたのに・・・


ミリオンバンブー02
ドラセナだったのね。



すっかり竹の仲間だと思っていた【ミリオンバンブー】ですが、いろいろ調べてみると、


リュウゼツラン科ドラセナ属の常緑低木。原産地は、熱帯アフリカ西部。その実体は、ドラセナ・サンデリアーナ。ミリオンバンブーは、斑の無いドラセナ・サンデリアーナの葉をとり、幹だけにしたものを言う。(取った後が、竹の節のようになります。)万年竹・開運竹などと呼ばれることもある。台湾では、金運・開運の呼び込む目出度い植物とされ、「富貴竹」と呼ばれている。


となります。


花言葉は・・・・「幸運」とか・・・・・(ちょっと自信ないです。無理あるかも・・・)

でも、呼ばれ方自体「幸運」な感じがするんで、我が家の「金運」アップに繋がるのでしょうか・・・


この子、かなり成長力があるそうで、幹を短く切り取って挿し木をするだけで、簡単に増やせるそうです。

また大きさもかなり大きくなるみたいです。



ミリオンバンブー03

葉をむしったあとが、竹の節みたいに見えるのです。


ミリオンバンブー04
ここからどれだけ伸びるのかな?


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

(ナス科 トマト属)


ガーデナーの中には、家庭菜園を楽しんでらっしゃる方も多いことと思いますが、ご多分に漏れず、管理人家の庭の一角にも、家庭菜園化しているところがあります。


以前は、えんどう豆を植えてたところに、今度は【ミニトマト】のポット苗を植えておいたのですけど、その成長たるや凄まじいこと!すでに、管理人の身長をはるかに超えております。


梅雨の間は、実がなっていても赤くならなかったのが、ここのところの天気で一気に赤くなり出しました。

やはり、日照不足がたたってたんでしょうか・・・・



トマト01
1本のポット苗がここまでなりました。
トマト02
鈴なり状態で実がなってます。



【トマト】を調べてみると


ナス科トマト属の一年生植物。原産地は、南アメリカ大陸のアンデス山脈周辺だと考えられてるそうです。その品種は数多く、「農林水産省 品種登録データベース 」によると現在128種が登録されていて、61種が登録維持されてます。日本では、江戸時代に長崎に渡来したのが最初と言われ、当時は観賞用として「肺柿」と呼ばれていました。食用として用いられるようになったのは、明治時代以降のようです。


となりました。


花言葉は・・・・・あるのか?@@

ググってみたら、「完成美」と。

(どんなものでもあるもんですねぇ。。。感心)



ここで、調べていてひとつ疑問が解決しました。

読んでいただいてる方はご存知かもですけど、ミニトマト・プチトマトって一緒かなぁなんて思ってたんです。トマトの品種だと言うのは言わずもがなですけど、恥ずかしながら、これは知らなかったんです。


で、疑問は解決!

ミニトマト品種は、プチトマトも含め全てミニトマトと呼ぶそうです。ミニ=英語、プチ=フランス語でどちらも小さいと言う意味で、場合によってはミニ>プチで区別されてるみたいです。また、さらに小さいチェリートマトっていうのもあるみたい・・・

中型は、ミディトマトとか・・・・


単なる、呼び方の違いだったみたいですね(登録品種によっても呼び方変わるかもですけど・・・)


ということで、我が家の食卓ではしばらく【ミニトマト】には、不自由しない生活が出来そうです(笑)



トマト03
たまに1つむしって食べちゃうこともあります(笑)
トマト04
花も元気に咲いてたり^^


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

バラ~Rosa~

テーマ:

(バラ科 バラ属)


「オスカー&アンドレ」と言えば、「ベル薔薇」。

「パタリロ」のバンコランやマライヒのバックにもよく咲き乱れ、

「銀河英雄伝説」の中にも「ローゼンリッター」なんて連隊があって、そのマークがバラでした。

・・・・・

・・・・・

ちょっと、マニアック・・・・・

っていうか、漫画ばっかり・・・・

・・・・・

・・・・・

ということで、管理人家の庭で一番世話がかかる?


いや


世話してます【バラ】です。


ほんとのところ、その品種の多さと情報量の多さで、ちょっと調べたくらいじゃ・・・・ってんで、記事にするのをためらってたんです。


実は、玄関周りのリフォームの際、絡みついたアーチごと引越ししてもらった【つるバラ】がいまして、しばらく葉を落とすわ、つぼみも落とすわで株が死んじゃったかなぁなんて話をしてたんです。


それが・・・・


なんと復活!

シュートも元気に伸びだし、つぼみが次々と開花しています。

見事復活してくれました(嬉)



バラ01
元気にアーチを囲ってます。
バラ02
太陽サンサン。次々と開花してます。


先にも書きましたが、【バラ】はちょっとやそっとじゃ語れませんし、もっと詳しい方もおられるので、【バラ】にまつわる我が家のお話しを(笑)



うちら夫婦は、大学が一緒でミュージカル劇団に入ってました。そこの先輩・後輩の関係(当然自分が先輩です)なんです。

で、大学時代から付き合ってたんですけど、自分が引退(卒業)し、今の嫁の公演の度に見に行ってたんです。公演後「客出し」っていう、お客さんが出るところにキャストが並んで、お礼なんかをする時間があるんですけど、その時によく花束なんかを渡すんですね。


その嫁の引退公演の時に持って行ったのが、【赤いバラ】の花束でした。


しかも、出きるだけでっかいのをと思って、花屋さんに行き、1万円分全部【バラ】で(笑)

(これが、予想してたよりでっかいのなんの(笑))


いやぁ、客席に座ってる時、そのでっかい【赤いバラの花束】は、注目の的で今から思うと恥ずかしゅうございますわ~。

青春してましたなぁ・・・シミジミ・・・・


と思い出話もそこそこに。


我が家の庭には、この他にも違う品種のバラが植わっていて、それぞれが赤やピンクの花を咲かせておりますです。

花言葉も、調べてみるとその品種・色によって分かれてたりするんですけど、


全体的には「愛」「恋」「美」などでしょうか。


うーん、【バラ】って深いですね。

どなたか品種が分かる方いらっしゃったら、教えてくださーいm(_)m



バラ03

アーチのつるバラのアップ

バラ04
こちらは、別の場所に植わってます。


★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆

本体ホームページでは、記事を一覧にしています♪

ぜひお立ち寄りください。

素敵!ガーデニング

★.。・:*:`☆、。・:*:`★.。・:*:`☆、。・:*:`★。・:*:`☆★.。・:*:`☆