チョコちょこ育児生活。

チョコレートが大好きな私のメモ的ブログではじめましたが、2014年11月に産まれた息子の成長記録になりつつあります。
現在、育休中です。

_

テーマ:
ブログを書かないつもりでしたが、これだけは記録として残したく。

1才8カ月でついに息子、卒乳しました。

夜間からはじめて、トータル5日で卒乳でした。

感想としては意外とあっさり…でした。

もちろん、何日かはとても泣きました。
でも、そんなにぐずることもなく。

夜中に何回か泣いても、自分の中で消化して、そのまま眠れました。

今までなら、ありえないこと。添い乳してもらえるまで泣いていたのに。

連夜の寝不足を想像していた私としては驚きでした。

流れとしては、

1週間前から伝え始め、前日の夜に「明日の夜からバイバイね」と言って、2人でパイパイに「バイバイ」と手を振りました。

初日の夜ははじめ飲みたがりましたが、「夜はナイナイの約束だよ」と言うと、必死に耐えて泣いてる息子。

理解しているんですね。

そして「ナイナイ〜パイパイ〜バイバイ〜」と言って、泣いている笑い泣き頭の中が混乱しながらも、パイパイに触ろうとしません。

ここで、夜はもらえないのだと理解したようです。

その翌日は、お昼に授乳。夜はなし。
3日目も同様。4日目からは昼もなし。

毎夜、寝かしつけの時は泣きました。でも、15分ほどでネンネ。3日目には、はじめて夫が寝かしつけできました。(それまで、寝かしつけは私以外は出来ませんでした)

5日目には、私の胸はお役目を果たしたかのように、張らなくなりました。


繰り返し、「パイパイおしまいでも、お母さんは〇〇のこと、変わらず1番大好きだよ。」と伝え続けました。


大人が決めた突然の出来事を、理解するのは難しいはずなのに、バイバイの約束をしてから、彼なりにきちんと約束を守ろうとしている姿を見て、ずいぶんお兄さんになったな…しょぼんと思いました。


我が家の卒乳は、このタイミングがベストでした。

そして、息子は小さいけれど、私が思った以上に、様々なことを理解している。

応えてくれようとしている。

だからこそ、親である私は、その気持ちを裏切るようなことはしないよう、肝に銘じていきたいです。



馬馬馬

カンガルーケアをしたあの瞬間から、目もよく見えないのに、誰に教えられたわけでもないのに、必死でおっぱいを探していた息子。

生命の不思議さを感じたあの日。

はじめはよく授乳中に眠ってしまって、起こして飲ませてた。

おっぱいの出が悪くて母乳外来に通った日々。

最初は飲むのがヘタっぴで…でも飲んでる姿は涙が出るほどかわいかった。

私も飲ませるのが、ヘタっぴだったから、腱鞘炎にまでなったりして。


すっかり飲むのが上手になってからは、どんな体勢でも飲めるように笑


保育園から帰ってきても、最初に「パイパイ」と言って、自分から寝室に私を連れて行って、寝転んでた。

どれも今となっては懐かしいいい思い出。

息子の成長の証し。




卒乳は自分で決めたことなのに、まだ寂しい気持ちの母です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「◆息子の子育て」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。