2018FIFAワールドカップアジア2次予選最終戦よかったですね
結果的には、5対0という結果でしたが
シリアも強いなって感じながら見てましたけど

やっぱり、シリア戦では香川選手でしたね

2得点で活躍してくれたので次にも期待できそうです

やっぱり、フル出場を常にして欲しい選手だなって

イメージ的には、途中交代する場面よく見ている気がしてて
もっと出場している時間が長ければ
もっとチャンスがあるって個人的に思ってましたので


シリア戦では、活躍してゴールも決めて
しかも、フル出場してくれたので

その点でも嬉しかったです


ドルトムントでも、しっかり出場できる機会がもっと増えるといいのにって
思ったりしてますが。


あと、シリア戦では、岡崎選手がキャプテンしてましたけど
長谷部選手も出場していたのに、なんで??って思いながらみてました

なんでキャプテンを岡崎選手がキャプテンを託されていたんでしょう??

イングランドでの活躍の様子
海外に行っている選手で活躍している選手って
岡崎選手がかなりトップくらいに活躍してるから
今回の試合では、キャプテンになったとか?

岡崎選手も、何度かゴールのチャンスあって
いつ入ってもおかしくないのが何度かありましたね

次の日本代表戦も
期待できそう、やっぱりワールドカップを目指して
頑張って欲しいですね。

AD
サッカースキルアップを伝える為に本来であれば
直接指導を行いたいのですが、私の体は一つしかありませんし
スケジュールの都合で直接指導は困難を極めます。


そこで、今回私の持つサッカースキルアップノウハウを
DVDにまとめたものを製作いたしました。


企画段階から私が携わっており、自信を持ってあなたにお勧めできる内容です。
Jリーグのチームで指導したトレーニング法なども包み隠さず収録しています。


この方法は幼少時代に身に付けなければいけないキックやトラップの基礎知識メインではなく
少年から社会人までのカテゴリーに関わらず、サッカーで重要な試合の中での動き方や
練習の中での気持ちの持ち方、試合に勝つ為のスキルアップをメインとしています。



ですので、幅広い年代の方に参考になる事でしょう。
試合で発揮できるスキルを身に付け
サッカーの試合を心から楽しむ喜びを味わってください。

そして、試合で勝利を収めましょう。
サッカーが上手くなる練習メニューは
AD
サッカーの上達には、「練習する順番」があるのです。

いちばん成長できる時期なのに、上手くなるために後戻りして、
基礎からやり直しなんてことでは、あまりにかわいそうですよね。

本当に大事なものをおろそかにし、
わるいクセが染み付いてしまったのでは、元も子もありません。

しかし、サッカーにおいて、基礎が大事なのは当たり前。

問題は、

「どうすれば、頑丈な土台が作れるのか?」
「簡単に覚えられるものなのか?」

というポイントですよね。

ご安心ください。

結論から申し上げると、子どもたちにしっかりと基礎を覚えさせ、
短期間で上達させるには、一つのシンプルな「ルール」があります。

新米コーチでもすぐに教えられる簡単なルールですが、
この事実に気がついている指導者は、まだほとんどいません。

なぜなら、この上達のルールは、
ブラジル一部リーグで活躍した、ある日本人プロ選手が発見したルールだからです。

今からくわしくご紹介させていただきますが、
あなたは、これからご紹介する方法を知って、すこし驚くかもしれません。

日本では一般的に「こうした方がよい」と子どもたちに教えている方法が、
サッカーの本場、ブラジル一部リーグで活躍したプロは、

「サッカーが上手くなるのに、そんなものはいらない」
「試合に勝つことを考えれば、邪魔になるだけだ」と、教えているのですから!

サッカー 上達育成マニュアル トレーニング法
でも、この指導法の効果は、すでに実証済みです。
AD
現役を退いた今では、ブラジルで学び、実績をだし続けたその方法を、
日本のサッカーの現場で、子どもたちにわかりやすく指導していることです。

そして実際に、たくさんの子どもたちが見違えるように上達し、
サッカーの楽しさや、試合に勝つ喜びを体験しているのです。

でも、非常識なスピードで上達させてしまう、
シンプルな「上達のルール」とは、いったいどんなものなのでしょうか…?
サッカー 上達育成マニュアル Jリーグで指導したトレーニング法

今から、すでに世界中で常識となっているにもかかわらず、
日本では、まだあまり知られていない、「上達のルール」をご紹介します。

「利き足にボールを置く」、「利き足でボールをもつ」ことを、
意識しているかどうかで、プレーに大きな違いができるのです。

あなたは、世界のトップ選手が勝負を仕掛けるとき、
100%「利き足」から、プレーを展開させていることを、ご存じですか?

状況によっては、逆足でボールを蹴ることもありますが、
「ここぞ!」というプレーでは、かならず得意な利き足を使います。

実は、この「利き足の前にボールを置く」というシンプルなことが、重要な点です。

続けてご説明しましょう。

サッカーは、大きくわけると、

ボールを「止める」 = 「トラップ」
ボールを「蹴る」  = 「キック」
ボールを「運ぶ」  = 「ドリブル」

という、「3つの技術」の組み合わせで成立しています。

一般的には、分けて練習しがちですが、
この3つの技術には、すべて共通していることがあります。

それは、「ボールを利き足の前に置くこと」からプレーがはじまることです。
あなたは、サッカーが上手くなるには、
「両足とも使えるように、練習をしないといけない」と思っていませんか?

日本のジュニアサッカーでは、特に「両足」で練習することに神経質になっています。

もしかすると、あなたも、これが当たり前のことと思っていたかもしれません。

でも、これって、本当に重要なことなのでしょうか?

サッカー初心者の子どもたちが、よく練習している方法ですが、
2タッチでボールを「右・左・右・左」とコントロールする練習があります。

両足をパタパタさせながら、ボールタッチを覚える方法です。

実際に、多くのチームが取り入れている練習ですし、
あなたも同じように教えているかもしれません。

でも、このドリブルって、試合で使うことありますか?

「相手を素早くかわすために必要だ!」
「ボールタッチの感覚をしっかり覚えよう!」

と教えられ、練習しますが、実際、ほとんど出番はありませんよね。

プロの試合では、まず使われることはありませんし、ジュニアサッカーでも同じです。

試合で使うことのないボールタッチやコントロールをいくら覚えても、
それは、実戦的な練習とは言えませんよね。

サッカーの本場、ブラジルでは、
子どもたちに基礎を教えるとき、両足の練習をさせることはありません。

これはまだ、ほとんどの方が知らないことですが、
ブラジルだけでなく、世界のトップを育てる環境では、当たり前のことなのです。

なぜなら、上手くなるため、そして、試合で勝つためには不要な技術だからです。

そのため、多くの時間を割き、どれだけこのドリブルを練習しても、
試合でその技術を活かすことも、練習の成果を実感することもできません。

実は、このような「試合に繋がらない練習」は、至るところで見られます。

これら「練習の矛盾」を解消し、合理的な方法で上達しようという考え方が、
これからご紹介する、シンプルな「上達のルール」です。

元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法
では、子どもたちを非常識なスピードで、ぐんぐん上達させる、
その具体的な方法をご紹介しましょう…
子どもたちが、サッカーの技術をぐんぐん伸ばし、試合で勝つ喜びを知り、
そして、充実した学校生活をおくれるようにするには、どうすればいいのか…?

あなたにできることは、子どもたちが大きく成長できる、
頑丈な「土台」を作ってあげることではないでしょうか。

まだ成長段階にある子どもたちが、サッカーで覚えるべきことは、
高い技術でも、派手なプレーでもなく、しっかりとした「基礎」です。

小学生であれば、中学生になっても、
中学生であれば、高校生になっても、

上達の壁にぶつかることなく、ぐんぐん一直線に成長できるように、
間違いのない、正しい基礎を覚えさせることが大切です。

子どものやりたいようにさせたい、派手なプレーをさせたい気もちはわかります。

でも、サッカーの上達には、「練習する順番」があるのです。

いちばん成長できる時期なのに、上手くなるために後戻りして、
基礎からやり直しなんてことでは、あまりにかわいそうですよね。

本当に大事なものをおろそかにし、
わるいクセが染み付いてしまったのでは、元も子もありません。

しかし、サッカーにおいて、基礎が大事なのは当たり前。

問題は、

「どうすれば、頑丈な土台が作れるのか?」
「簡単に覚えられるものなのか?」

というポイントですよね。

ご安心ください。

結論から申し上げると、子どもたちにしっかりと基礎を覚えさせ、
短期間で上達させるには、一つのシンプルな「ルール」があります。

新米コーチでもすぐに教えられる簡単なルールですが、
この事実に気がついている指導者は、まだほとんどいません。

なぜなら、この上達のルールは、
ブラジル一部リーグで活躍した、ある日本人プロ選手が発見したルールだからです。

今からくわしくご紹介させていただきますが、
あなたは、これからご紹介する方法を知って、すこし驚くかもしれません。

日本では一般的に「こうした方がよい」と子どもたちに教えている方法が、
サッカーの本場、ブラジル一部リーグで活躍したプロは、

「サッカーが上手くなるのに、そんなものはいらない」
「試合に勝つことを考えれば、邪魔になるだけだ」と、教えているのですから!
サッカー 上達育成マニュアル Jリーグで指導したトレーニング法

でも、この指導法の効果は、すでに実証済みです。
サッカーが好き、サッカーが楽しいという気持ちは大切に
サッカーのトレーニングを実践して、個のレベルが上達しただけで終わらないで下さい。
サッカースクールに行って、上達した技術を披露して下さい!

サッカースクールを選ぶポイントや、お子さんや親御さんの心構えなど、
役に立つ情報がたくさん入った音声CDです。


さらに、第2弾特典CDでは、越智隼人のサッカー観、
世界で活躍している選手は何が違うのか、
日本のサッカーのこれからなどを熱く語ったインタビューが収録されています。
元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

JリーグとJ2リーグの両方を経験し、現在はサッカースクールのコーチとして、
スカパーのサッカー解説者として活躍する越智隼人は、
サッカー界の様々なことを見たり経験してきました。


第1弾特典CDでは、小学校時代から振り返り、
自分と周りの違いや、プロになってから日本代表になれる人、なれない人の違いなど、
経験したことをインタビュー形式で収録しました。

サッカーをする上でとても基本ながら、絶対に必要な動きや、
ボールの感覚を少しずつ覚えていくことができます。

サッカーをやっていく上で、ボールコントロールのテクニックも非常に大切ですが、
体のバランスや強さも上達へ重要な要素の1つとなります。


今回は現役トレーナーから越智隼人が教わった、
現役Jリーガーも実践している体幹トレーニングや筋力トレーニングに加え、
越智隼人が今まで経験してきたトレーニングの中から厳選して、
自宅でできるトレーニングをまとめました


体の軸がブレないようにするためのトレーニング
体の中心を感じることができるトレーニング
上半身と下半身をバランスよく使えるようになるトレーニング
体の幹を鍛えるトレーニング


その他多数のトレーニングを収録しています。
サッカー 上達育成マニュアル Jリーグで指導したトレーニング法

サッカーの基本的な能力を高めるトレーニングを行います。

特にステップのトレーニングは、地味なトレーニングではありますが、


小学校時代に習得しておけば、後々とても大きな力になります。

足が固くてフットワークが苦手な子供でも、
繰り返しステップトレーニングを行うことで、徐々に改善していきます。

あきらめずに、楽しみながらトレーニングをしていきましょう。


川崎フロンターレの試合見てて、まさか川崎に「森本貴幸」選手が所属しているとは知りませんでした
あのJリーグの最年少?だった選手が、得点を決めた選手が
川崎フロンターレの選手になっていたとは知りませんでした

かなり意外でした
でも、「森本貴幸」選手は、まだ27歳ということで
まだまだ、期待できそうな選手だなって


川崎フロンターレに現在所属している「森本貴幸」選手は
このようなチームに所属していたようです

東京ヴェルディ1969
カルチョ・カターニア
ノヴァーラ・カルチョ
アル・ナスルSC
ジェフユナイテッド市原
川崎フロンターレ

ヴェルディに所属していたころ
あと、イタリアのチームに所属していたころは記憶してますが

その後の移籍先まで把握してませんでした

27歳で、このような世界のチームに渡り歩いてたとは
凄いサッカー選手ですね。あらためて

川崎フロンターレでは、得点王の大久保嘉人選手が居ますから
相乗効果で、得点取っていってほしいですね

Jリーグも、凄い選手いると思うから
しっかり、川崎フロンターレで活躍して得点沢山奪ってほしいですね

森本貴幸選手みたいに
サッカー上達できれば、サッカーうまくなりたいですね
そのためにサッカー上達には練習やトレーニング が不可欠になりますよね

サッカーがうまくなるために、いろいろなサッカーの練習法、考え方を養っていかないと
サッカー大好きです、なのでサッカーを見るのもサッカーするのも好きです
やっぱりサッカーする時には、メッシやネイマールやスアレスみたいにプレーしてみたい

しっかり練習して、トレーニングして
サッカーうまくなりたい、上達したいです
サッカー上達には練習法、トレーニングにも こだわらないと

なんて事を思いながら、もう少し身近なところから
日本のJリーグもかなり面白いと思いますね

サッカーは、選手の他のチームとの行き来が自由だから
Jリーグないの移籍はもちろん、海外チームとの移籍って
ほんと頻繁に行われてて、すごくやりがいあるスポーツのように感じてます

さらに、定期的にビックイベントである
ワールドカップ、オリンピック、クラブのワールドカップなど
サッカーのイベント目白押しですよね

サッカーの人気あるのは、全世界での人気スポーツってよくできてますよね

現在もオリンピック予選やっているようですが
オリンピック出場するのも、すごい戦いで勝利して勝ち点取得しないと
オリンピック本戦に出場するのも、簡単でないってことを再認識しないとですね

もう、すっかりオリンピック出場するの当たり前
その先のメダル核獲得もって考えがちで
期待大きく持ちすぎ?的な感じですが、
アジアの戦い、アジアのチーム
意外に強い、強敵が多いですよね

ぜひとも、厳しい戦いからオリンピック出場も期待したいところです