FC目黒 STAFF BLOG

クラブスタッフが徒然なるままに


【Facebookおよびtwitterの紹介】

FC目黒のFacebookページとtwitterが開設しております!!

是非一度ご覧頂き、Facebookは「いいね!」をクリック、twitterは「フォロー」をお願いします!!






【入会について 練習試合について】

当クラブへの入会(年度途中等)につきましては、個別に対応させて頂きます。

学年問わず、クラブ入会希望者は、お気軽に下記までご連絡ください。

宜しくお願いいたします。

また、練習試合などの窓口も下記までご連絡ください。

都内近郊どこでもお伺いします。

お気軽にご連絡ください。

宜しくお願いいたします。




◆お問い合せ◆

サッカーコミュニティFC目黒 事務局


電話 090-1457-3261


メール fc-meguro@soccer-community.org





テーマ:
他ブログより

----

「おい、いけよ!!」

 「縦関係になれ!!幅を取れ!!」


  「何やってんだお前なめてんのか!!」

  「相手ボール持ってるだけだぞ、オラ
寄せろ!!」


  「ボール奪ったら裏だよ!!、蹴れよ!!」



  こんな罵詈雑言が山ほど。


   審判への文句、相手ベンチへの挑発も欠かさない。


  
   中学年代の試合を観た時の出来事。



  しかし残念ながらそんなチームの子供達はまるでロボットのように決められた事しかしないし上手な子もいない。



  本当はもっと出来るのかもしれないけど、あれだけ外から決めつけられ強要されるサッカーでは。



  それ以上に不思議だったのは、その試合を観に来ている保護者の人達が何にも感じていなそうで。



  ベンチからの怒号が響くピッチ内でひたすら走り続ける我が子に声援を送る。



   日本サッカー協会は、ああいった指導者を育成するためにライセンス制度を導入してきたわけではないはずなのに。



  大人の方が、指導者の方が変に頭でっかちになって。



   子供達がいろんな事を試して学ぶための場である試合からその全てを奪い、ただ試合に「勝つ」ためだけにそれっぽい知識を大きな声で叫び続ける。



  今は勝つかもしれない。



  目の前の試合にはなんとか勝てるかもしれない。



  でもその場所はJリーグでもなんでもない、中学年代の県リーグの1試合です。



   1番頭も身体も柔らかい時期に、無限の可能性がある子供達からそのほとんどを取り上げて。



  育成年代でのサッカーとは、指導とはどうあるべきなのか。




  よく考えさせられています。

----

大事な時はいつなんでしょうか。
AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
クラブユース選手権2回戦。

1-5。

ベスト16ならず。

スコアに“差”は現れましたが、その“差”というのはスコアだけのものではない。

“差”があったということは当然“和”があったということ。(スコアではなく)

“和”を積み上げることにもっと専念したい。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クラブ選手権決勝トーナメント1回戦。

6-4という撃ち合いを制す。

暑い時期“持てる”が武器となると良い。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{4802B80B-F1F7-450B-ADA8-EDB4447CDA06}


100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、

90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

松岡修造

いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。